2018年12月17日 (月)

2019シーズンに向けて、多くのチャレンジャー達が様々なクラブで、トライアルを受けています。

オープントライアルともなると、100人近くのトライアリストが集まるという事もざらです。

そんな中、チャレンジャー達は、クラブの監督、コーチ陣達に、【こいつと契約したい!】というインパクトを、与えられた少ない時間で残さないといけません。

トライアル後に

【味方から全然よいパスが回ってこなかったで、殆どボールに触れなかった】

というチャレンジャー達からの不満(?)を、度々聞きます。

言いたい事が分からないわけではない。でも、海外のトライアルって、そういうもんなのです。

味方からのよいパスなどを初めから期待などしてはいけない。なぜならば、彼らも君と契約の枠を争うライバルなわけで、よほどいい奴じゃないかぎり、君に活躍してほしくないと思っているはず。

それでも、上手い選手というのは、そういった環境でも結果を出すし、クラブからオファーを貰います。 

最近は、ボール扱いがうまい選手が本当に増えました。その反面、トライアルでも大きな声な出して味方に指示したり、気持ちを全面に出してプレーする選手が減ってきている印象も受けます。

しかし、足先のテクニックがうまいだけで、クラブは契約してくれない。球際の強さやひたむきさ、そしてなによりも、【コミュニケーション能力】の高さが、実はかなり重要になってきます。

Aki

ここで登場するのが、 

【川崎大晃】 (彼に関しては、このブログの記事をご参考下さい。

3シーズンオーストラリアでプレーした彼は、三つのNPL1クラブと、一つのNPL2クラブでプレーした経歴を持っています。

彼は、決して【ボール扱いがうまい選手】ではありませんでした。

どっちかといえば、球際の激しさ運動量で、勝負する選手といった方がいいかもしれません。

しかし、球際の激しさ運動量といった部分よりも、彼のコミュニケーション能力の高さストイックさがむしゃらさという部分が大きく評価された結果、オーストラリアの州トップリーグの三つのクラブと契約する事ができたと、僕は思っています。

海外でチャレンジしている大半の選手は、こういった事の重要性を、すでに感じている事でしょう。

ただ、これからオーストラリアへ来るチャレンジャー達は、是非こういった部分も意識して、トライアルに臨んてくれたらと思います。

【2019シーズン、オーストラリアトライアルの動画は👆から】

豪州フットボーラーズ

2018年12月15日 (土)

2017シーズン、ドイツ5部、FCポメルン・シュトラーズランドでプレーした久保田孔了

シーズン終了後、本人はドイツでのプレー継続を希望するものの、ビザがネックとなり、オーストラリア行きを決意する。

二ヵ国目の海外チャレンジとなったオーストラリア。ドイツで既に海外サッカーを経験しているだけに、オーストラリアサッカーに慣れるのに、長い時間を必要とはしなかった。

0

数回の練習参加の後、Illawarra Premier Legaueに所属する、Tarrawanna FCと契約した久保田。

外国人助っ人として、クラブから大きな期待が寄せられた中で、2018シーズンが開幕した。

3

練習から、よいパフォーマンスを監督にアピールできているという自信はあった。

試合でも、同じポジションを争うライバルより、活躍しているという確信さえもあった。

しかしなぜか、スタメン出場した次の試合は、必ずと言っていい程ベンチスタートになる。

監督に聞いてみると、

【君と、君と同じポジションを争う選手との間には、殆ど実力差がない。そういった状況で、私としても一人の選手をずっと使い続ける事は、難しい。明らかな実力の差がない限りは、今のように、君と彼をローテーションをしながら、試合に出していく。】

監督の説明に、100パーセント納得できたわけではない。ただ、自分が圧倒的な結果を出していないがゆえに、その説明を受け入れるしかなかった。

5

8

12

16

【Tarrawanna FCに所属する、久保田孔了の試合模様、そしてインタビューは👆から】

1

移籍期間には、所属クラブの承諾を得て、NPL2に所属するクラブの練習にも参加した。

今のクラブに不満があるわけではないが、やはりサッカー選手として、毎試合スタメンでプレーしたい気持ちがあるのは事実だ。

9

結局このクラブからオファーは届かず、2018シーズン終了まで、Tarrawanna FCでプレーした久保田。

目立った成績を残せず、不完全燃焼に終わった2018シーズン。この悔しさをバネに、2019シーズンは大爆発してくれると、信じている。

 【NPL2に所属する、St George FCの練習に参加した久保田孔了の模様は👆から】

【2018シーズン、久保田孔了のプレー集は👆から】

豪州フットボーラーズ

2018年12月13日 (木)

2019シーズン、オーストラリアのアマチュアリーグ(オーストラリアの6部相当)で、僕(宮下)と一緒にプレーする選手を募集しています。

一応、トライアルはありますが、よほど実力がない場合を除き、僕の力でなんとかねじ込んじゃう事が可能です。(笑)

シーズンが4月から9月までの6か月間で、リーグ戦は22試合、その他、カップ戦を入れると、合計30試合ぐらいはプレーできます。

サッカーを楽しめる事はもちろん、ローカル(現地)の友達も多く作れます。

そしてなんといっても、生きた英語を学ぶことができるという事が、一番のメリットです!

僕自身、オーストラリアへ来た当時は、全くと言っていいほど、英語が喋れませんでした。

しかしサッカーを通じて多くの人々に出会い、彼らとの触れ合いを通じて、英語を上達させる事ができました。

それだけでなく、現在は、サッカーで学んだ英語を使って、サッカーの仕事に携わっています。

僕自身、TOEICやTOEFLいった類のテストを受けたら、その辺の受験生よりも点数が低いかもしれません。

ただ、サッカー英語に関しては、相当勉強してきたという自負があります。

その結果、国際大会であるACL(アジアチャンピオンズリーグ)の通訳といった仕事も、経験する事ができました。

Shinji_5Shini OnoKengo_2Kengo NakamuraKazama_2Yahiro KazamaToppo_2Tony PopovicDaigo_2Daio NishiNaomichi_2Naomichi UedaMakino_3Tomoaki Makino

僕より英語がうまい日本人なんて、シドニーにもざらにいます。

しかし自分が好きな分野、得意な分野の英語をとことん極める事、すなわち僕にとっては、サッカー英語を極める事が、他人との差別化になり、自分の武器になると考え、今まで勉強をしてきました。

もちろん、こういった通訳の仕事を経験する事ができたのは、実力だけではありません。運であったり、タイミングが重なり合っての結果です。

そういった事を全部踏まえて、今後英語を使ってサッカーに関わっていきたいと考えている人に、僕の今までの経験とノウハウを伝えようと思います。

以上、ローカルの友達を作る事ができ、生きた英語を学ぶことができ、宮下のサッカー英語勉強法、そしてサッカービジネスで食べていく方法を知る事ができるという、メリット満載のこのアマチュアサッカープログラムへのご参加をご希望の方は、今すぐお問い合わせください!


【2018シーズン、アマチュアリーグのカップ戦での、宮下の模様】

豪州フットボーラーズ

2018年12月12日 (水)

NPLの練習試合に呼ばれた江口拓海

この日初めて参加するチーム、もちろん監督は、彼のレベルを全く知らない。

ファーストグレード(一軍)同士の試合、18歳の江口は、カテゴリー的には一つ下になる。

そういった理由で、この試合でのプレー時間が、あまり与えられないかもしれないという事は、ある程度、予想していた。

Dsc_1488

日陰もない炎天下の中、アップをしながら出番を待つこと80分、やっと監督に呼ばれた。

Dsc_1493

慣れないウィンガーのポジションでプレーするものの、中々ボールに触れる事ができない。

Dsc_1498

刻々と、タイムアップの時間が近づいてくる。

Dsc_1512

Dsc_1536

Dsc_1552

ほとんど何もできないまま、試合終了のホイッスルがなった。

Dsc_1564

与えられた時間の中で、結果を出さないといけない事は分かっている。しかし今日は、それができなかった。

Dsc_1568

この悔しさを、次のトライアルでぶつけてみろ。

【江口拓海の試合前、試合後のインタビュー動画は、👆から】

豪州フットボーラーズ

今年の冬休みも、【豪州ソリューションズ】の短期サッカー&語学留学プログラムで、たくさんの中高生達がオーストラリアを訪れる予定です。

そして毎年12月と1月は、セミプロチャレンジャー達が、一番多く渡航してくる期間でもあります。

はたして今年も、この繁忙期を無事に乗り切る事ができるのでしょうか?

今いるスタッフだけでは、正直、相当きついです(笑)。

という事で、12月から2月までの期間に働ける、カジュアルスタッフを募集します!

・シドニーで働けるビザを持っている方

・社会経験がある方

・運転免許を持っている方

・ある程度の英語力がある方

・サッカーが好きな方

・写真、動画撮影に興味がある方

この条件を満たしていて、【豪州ソリューションズ】の一員として働いてみたい方、info@goshusolutions.comまで、ご連絡をください。

そして、今回の冬休みの短期留学ですが、残りがあと一枠】となりました。

3

8

Img_e0113

今までプログラムに参加してくれた短期留学生達の模様は、👇からチェック

畑 伶太郎のチャレンジ

中高生のオーストラリア語学&サッカー留学INシドニー

高校生、康 胤二(カン ユニ)の短期チャレンジ 

高校生、田中貴継の短期サッカー&語学留学

中高生達のチャレンジ

中高生たちのチャレンジ②

15歳、 石本真里奈のオーストラリアサッカーチャレンジ

高校生・山崎竜騎のオーストラリア短期留学

中学生・及川瑠月の短期オーストラリア留学

13歳の短期留学生、 高橋啓太

短期シドニーサッカー&語学留学プログラムに参加した大学生、河原ヒカリ

2018、19年冬休みに、【豪州ソリューションズ】の短期留学プログラムへの参加をご希望される方は、今すぐご連絡下さい!

豪州フットボーラーズ

2018年12月11日 (火)

一眼レフ(キャノンEOS7D)と、GoPro Hero 7Blackを装備して、この日の撮影に臨んだ宮下。

この二つの機材、そして望遠レンズまで含めて、総額購入費用はなんと約40万円

これらの機材で、彼らチャレンジャー達の一生の思い出になるであろう、写真及び、動画を、バンバン撮りまくってきました。

Dsc_1339

Dsc_1372

Dsc_1381

Dsc_1383

2018シーズン、Illawarra Premier LeaguePort Kemblaでプレーした、望月信明

日本での短い休暇を終え、久しぶりにハーフコートでの試合で汗を流しましたが、安定感抜群のプレーを見せてくれました。

Dsc_1347

自分より、頭一個分以上の身長差がある相手をマークする、江口拓海

日本では経験した事がない高さ、リーチを持つ選手を相手にも、まったく怯むことなくプレーをしていました。

Dsc_1354

味方にも容赦なく切れる!

Dsc_1429

オーストラリア人選手に比べて身体は小さいものの、俊敏性では負けていません。

Dsc_1396

Dsc_1447

2カ月の短期留学ながら、チームから高評価を受け、契約の話まで出ている、馬場祐作

Dsc_1479

Dsc_1480

Dsc_1481

積極的にドリブル突破を仕掛け、相手に後ろから掴まれてファールをゲット。監督へのいいアピールになったかな?  

【この日のトライアル動画は👆から】

引き続き、彼らのオーストラリアでのチャレンジの模様を、このブログでお伝えしていきます!

豪州フットボーラーズ

2018年12月 9日 (日)

2018年も残りわずかですが、おかげさまで今年も、多くのチャレンジャーをサポートさせて頂くことができました。

そして2019年は、2018年よりさらに多くのチャレンジャーが、【豪州ソリューションズ】を通じて渡航してくる予定です。

現在も引き続き、2019シーズンのチャレンジを受け付けていますが、サポート人数に限りがある為、今年中か、来年の頭には募集を締め切る予定です。

その為、弊社を通じてオーストラリアへのサッカーチャレンジをお考えの方は、お早めにご連絡ください。

【空港到着からクラブとの契約、そしてシーズン中の豪州ソリューションズのサポート内容を要約した動画は、👆からご覧ください!】

46516604_324191978404896_7321878229

オーストラリアで唯一の、【日本人無料フットサル】を行っている【豪州ソリューションズ】

毎週、セミプロリーグでプレーしている選手達が集まり、一緒にボールを蹴りながら情報交換をしたり、交流を図る場となっています。

豪州フットボーラーズ

2018年12月 7日 (金)

当初の予定では、13人の選手が来る予定でした。

しかし、急遽入ったトライアルによって来れなくなった選手が発生。

それにより監督の宮下、そして撮影の藤田を含めて、11人しか集まらない事態に!

来月40歳になるおっさんの宮下がフィールドに入り、そしてスニーカーしか持っていない藤田がゴールキーパーを守るという、ハンディキャップ(?)を背負ってのキックオフとなったシドニー日本チーム。

はたしてこの試合の結果はいかに?

47679770_2373774249331591_540496954

この日のシドニー日本チーム。

下は18歳から上は39歳という年齢幅がある中、 Lion Ahwaz チームを相手に、4-3というスコアで見事勝利を収めました。

48051544_489995491489885_5439966965

47574252_370403320171045_1429874585

撮影担当の藤田がゴールキーパーを務める事態に陥った為、残念ながら、試合の映像は全くありません。

それでも、試合後の選手達のこの表情が、この日の試合内容を物語ってくれています。

シドニー日本チームの活動は、まだまだ続きます!

豪州フットボーラーズ

2018年12月 6日 (木)

カメラマン宮下が、約3か月ぶりに戻ってきました。

久々に使う一眼レフカメラのこの重み、最高です。

そして今回、GoProという強力な仲間も加わり、今まで以上のクオリティー動画を、皆さまにお届けする事が可能となりました。

47580731_665760803821002_3433293523

望遠レンズがついた一眼レフを首から掛け、左手にGoProという、完璧(?)な撮影装備をもって臨んだ、今回の撮影。

47438234_121966768744407_3317699396

しかし、撮影のモチベーションがマックスなこういった日に限って、コーチ陣からやたらと話しかけられ、中々撮影に移行できません。(笑)

Dsc_1073

この日の練習参加者①、江口拓海(18)

Dsc_1078

練習参加者②、吉本青空(18)

Dsc_1238

練習参加者③、馬場祐作(22)

Dsc_1164

宮下に命じられた毎日の走り込みによって、オーストラリアに来た当初よりも身体が絞れてきた、吉本。

Dsc_1181

白人選手や黒人選手とのマッチアップに、少しビビっているのでしょうか?

Dsc_1183

手書きの背番号が入ったビブスを着て、コーチから練習の説明を聞く吉本。

Dsc_1283

Dsc_1270

短期留学でオーストラリアに滞在している馬場。

オーストラリア生活も一カ月が過ぎ、サッカースタイルにもかなり適応してきました。

Dsc_1322

相手が誰であろうと、ピッチ上で自己主張をぶつける江口。

オーストラリアのサッカーに合いそうな選手です。

【3人のチャレンジャー達のトライアル模様、そして宮下とコーチ陣のやりとりを収録した動画は、👆から】

彼らのサッカーキャリアは、オーストラリアでどう花咲いていくのでしょうか?

引き続き、彼らのチャレンジを、動画と画像を交えてお伝えしていきます。

豪州フットボーラーズ

2018年12月 4日 (火)

2016シーズンから2017シーズンまでオーストラリアでプレーした後、タイへと渡っていった男、三羽悠矢

Yuya

タイへ渡航後、Thai League2に所属する、Bangkok Glass FCと契約、このクラブの主力として2018シーズンを戦い抜きました。

そんな三羽のプレー集を、下の動画からご覧ください。

【2018シーズン、タイリーグでプレーした、三羽悠矢のプレー集動画は👆から】

【2017シーズン、オーストラリアでプレーしていた頃の、三羽悠矢のプレー集は👆から】

2019シーズンにプレーするクラブはまだ決まっていないものの、引き続き、【豪州ソリューションズ】では、三羽選手を応援していきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

シーズン第6節が終わった時点で、4得点3アシストと、A Leagueで大活躍を見せている本田圭佑

もともとすごくテクニックがあるわけでもなく、スピードもないと言われてきた本田が、日本代表の中心選手として長年君臨し、海外のクラブを渡り歩いている理由、それは

【人並外れたトレーニング量】

【精神的な強さ】

【自分の考えをシンプルにストレートに伝える事ができる、外国語能力】

こういった要因を持ち合わせているからだと、僕は思っている。

ホームにWestern Sydney Wandereresを迎え入れ、4-0で完勝した第6節。

この試合で見事MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)を獲得し、テレビインタビューに応じた本田圭佑の動画だが、インタビュアーの決して簡単ではない英語の質問に、はっきりと自分の意思を含んだ英語で受け答えをしているのをお分かりになるだろう。

この動画を見ただけでも、彼の、【自分の考えをシンプルにストレートに伝える事ができる、外国語能力】がどれだけ長けているか、そしてその為にどれだけの努力しているかという事を、垣間見る事ができる。

Image

日本のトップクラスである本田選手だからこそ、海外のトップリーグを渡り歩くには単純なサッカーの実力だけでなく、【外国語でのコミュニケーション能力】がいかに重要かという事を、身をもって感じているに違いない。

今オーストラリアでチャレンジしている日本人選手達も、サッカーのトレーニングと同じぐらい、【英語でのコミュニケーション能力】を磨くことに、力を注いでほしい。

豪州フットボーラーズ

2018年12月 2日 (日)

4日前に、オーストラリアにサッカーチャレンジしに来た、江口拓海、18歳。

この日はクラブのトライアルがオフという事で、シドニーでプレーしている日本人選手達とのフットサルに参加しました。

金曜フットサル参加後の江口拓海とちょんまげ君のインタビュー】

いままでプレーしたことないレベルの選手達と、一緒にボールを蹴る事ができた江口。

彼ら先輩日本人プレーヤー達から技術を盗むだけでなく、色々な話、アドバイスを聞くことによって、サッカー選手としてどんどん成長していってくれる事でしょう。

47185521_522887421519590_1655377041

この動画に登場するちょんまげ君とは、同じ家に住んでいるという事もあり、サッカーのトレーニングを一緒にしたり、買い物に一緒に行ったりと、仲良く過ごしています。

日本から来たばかりの若いチャレンジャーにとっては、こういった歳の近い先輩の存在は、とても大きなものである事に違いありません。

ちょんまげ君について知らない方は、下の動画をご参照ください!

【小城奏太のチャレンジ @ Sydney Olympic】

今日はシドニー日本チームのユニフォームを着て、対外試合に臨む予定の江口。この模様も後ほど動画でアップ予定です。

豪州フットボーラーズ

2018年11月30日 (金)

毎週金曜日に行っている、金曜フットサル

Img_3167

基本的に豪州ソリューションズの選手達がメインですが、うちの選手でなくても、人間ができていてここ重要!)サッカーが好きであれば誰でもウェルカムです。(参加費無料!)

オーストラリアでサッカーをしている日本人選手達の、交流の場になればなと!

シドニー日本チームも、人間ができていている選手であれば、誰でも参加可能にしています。

【金曜フットサルの動画は👆から】

この経費はすべて、僕が経営している(豪州ソリューションズ)から捻出していますが、別にリターンなど、求めていません。

サッカーを通じて、みんなが仲良くなり、ハッピーになる。

これに尽きます!

ちょっとカッコつけすぎたかな?(笑)

豪州フットボーラーズ

一昨日オーストラリアに到着したばかりのニューチャレンジャー、江口拓海

まだ18歳になったばかりの彼が、この地でどんな経験をし、それを成長に繋げていけるのか、このブログで随時お伝えしていきます。

 

18歳のチャレンジャー、江口拓海のオーストラリア2日目のインタビューは、👆から】

46998160_1035951456584762_103301525

47160300_299794550637293_8711641990

家族、そして多くの友人に見送られて、日本を飛び立っていった江口。この方々にも良い報告ができるように、毎日を全力でチャレンジしてほしいです。


46999919_2051273571845047_792647866

笑顔がかわいい18歳だ(笑)。

豪州フットボーラーズ

2018年11月28日 (水)

Illawarra Premier Leagueの、ナンバーワン左サイドバックとの呼び声が高い、徳野舜。

その彼の、2018シーズンのプレー集をご覧ください。

【2018シーズン、徳野舜のプレー集は👆から】

All00_04_26_08still198

6832718387_d2f3853f3b_b

【鹿島アントラーズユース時代の徳野(中央)】

2019シーズンも、オーストラリアでプレーする事が決まっている徳野。

今年、AFCチャンピオンズリーグで優勝した、鹿島アントラーズのユース出身で、ユース試合には、トップチームの宮崎キャンプにも参加した輝かしい経歴と実力を持つ彼が、来年はどのチームでどんなプレーを見せてくれるのでしょか?

4

【豪州ソリューションズ】では、オーストラリアでのサポート選手に対して、無料でプレー集を作成し、オーストラリア以外の海外クラブへの売り込みも行っています。

今後も【豪州ソリューションズ】は、他のサポート会社とは一線を画したサービスで、オーストラリアでプレーする日本人選手達を、全力でサポートしていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ