2018年11月14日 (水)

既にオーストラリアの地を飛び立ち、新たな場所でチャレンジをしている、日高貴裕

その新たな場所でのチャレンジで、必要不可欠と言われたのが、【プレー動画集】

Interview_v200_14_49_18still211

【2018シーズン、日高貴裕のプレー集は👆から】

今まで【豪州ソリューションズ】では、会社として、プレー集を制作する為の動画撮影は、ほとんどど行ってこなかった。

どちらかというと、選手のインタビューを中心に、そこにプレーを重ね合わせた、ドキュメンタリー的な動画を撮ってきたといえよう。

しかし、オーストラリアから他の海外へチャレンジする選手の数が多くなるにつれて、選手達から、プレー集を作成してほしいとの要望が、かなり増えてきた。

NPL1は、州のサッカー協会が全ての試合の撮影を行っている。

その為、このカテゴリーでプレーする選手達は、自分がプレーする試合のフル動画を入手する事が可能で、その試合動画を基に、プレー集を作成する事が可能だ。

その他のカテゴリーに関しては、独自に試合撮影を行っているクラブも数か所あるが、ほとんどのクラブは基本、行っていない。

どんなカテゴリーでプレーしていようが、自分のプレー集がないよりはあったほうが、次のチームの練習参加がスムーズにいく事は、間違いない。

この日高に関しても、彼が今シーズン所属したクラブでのプレー動画を、プレー集に入れる事がほとんどできなかった。

その為、アラブカップの練習試合や、本大会の試合動画をメインに使わざるをえなかった。

もし一試合でも、彼が所属したFernhill Foxesでの、フル試合を撮影した動画があったならば、もっと完成度の高いプレー集が作成できたに違いない。

2019シーズンは、選手達の【プレー動画集】のクオリティーをさらに高めるために、サポート体制を整えていこうと思う。

豪州フットボーラーズ

キーパーのレベルが高いと言われているオーストラリアで、二年連続して、Illawarra Premier リーグの【Golden Glove】━ 年間最優秀ゴールキーパー賞を、受賞した男、

【桑田祐也】

所属チームであるBulli FCを、二年連続でレギュラーシーズン優勝に導いた彼の存在を、Illawarra サッカー界で知らないものはいない。

Yuya

受賞者として名前を呼ばれ、ステージに立つ桑田。受賞コメントをしっかりと英語で語った。

Yuya2

Football South Coastの役員から、受賞トロフィーと受賞盾の贈呈。

その盾には、二年連続して桑田の名前が刻まれた。

Yuya3

Yuya4

レギュラーシーズン22試合で、一桁失点という快挙を成し遂げた桑田。

このグラウンドファイナルでもBulli FCのゴールマウスを守護し、同クラブの32年ぶりのグラウンドファイナル優勝に、大きく貢献した。

【2年連続でベストゴールキーパー賞を受賞した、桑田裕也のインタビュー動画は👆から】

【2017シーズン、初のベストゴールキーパー賞を受賞した時の、桑田のインタビュー動画は👆から】

2019シーズンも、Bulli FCでのプレーが決まっている桑田。

来年でオーストラリアでの4シーズン目を迎える彼が、果たして2018シーズン以上の活躍を見せてくれるのか?

引き続き、彼の雄姿を追い続けたいと思う。

豪州フットボーラーズ

2018年11月 8日 (木)

この男の存在なしには、今の僕のビジネスも存在しなかった。

Sorrymae

ソーリー前山

前山大という本名を持つ彼。

そのソーリー前山の得意技は、アポなしてサッカーグラウンドに突撃し、選手の練習参加を、クラブに直談判する事である。

過去にNSW Premier Leagueで活躍した多くの日本人選手達も、実はソーリー前山の突撃によってクラブの練習に参加でき、契約まで至ったという、知られざる事実があるのだ。

そんなソーリーのお陰で、僕もNSWの名門クラブに日本人選手を送れただけなく、現日本代表の監督である森保一監督と約二時間ほど、お話をさせていただく機会さえも得る事ができた。

Moriyasu

森保監督とソーリー前山の接点。同じ長崎県出身、そして同じサッカークラブの出身だという事だ。

同じサッカークラブ出身だからと言って、全く時期も被っておらず、面識もない。それでもソーリーは、その人柄と持ち前の突撃力で、こういった事を可能にしてしまう男なのである。

Sorrywith

第28代オーストラリア連邦首相、"トニー"・アボット氏を前にしても全くひるまずに、自身の哲学を語るソーリー。

そんなソーリー前山が、Illawarra サッカー界の重要人物である、フランク氏にインタビューを行ったこの動画。

約四年近く前に撮影されたこの動画だが、当時、Illawarraリーグでプレーしてる日本人はほとんどいなかった。

その後、ソーリー前山の懸命なクラブ開拓もあり、今のように、多くの日本人選手がプレーするようになったのである。

この動画がブログの読者にとって、Illawarraという地域、そして Illawarraサッカーを理解するのに、少しでも役に立てばと思う。

豪州フットボーラーズ

オーストラリアのワーホリ最長期限が、3年まで延長される事が決定されました!

詳しくは⇩

在日オーストラリア大使館のウェブサイト

これに伴い、【豪州ソリューションズ】のサッカープログラムのキャンペーンを行います。

プログラムお申込み先着5名様に、今までの二年サポートの費用で、三年サポートをさせていただきます!

201811081

先着5名限定ですので、ご興味がある方は、お早めにご連絡ください。

連絡先は、 info@goshusolutions.com  まで、お願いします。

豪州フットボーラーズ

2018年11月 7日 (水)

以前、このブログでご紹介した、大学生の短期留学生、河原ヒカリさん。

一度は夢を諦めた女、河原ヒカリ

その彼女のシドニーでの6週間を、画像と動画でまとめましたので、ご覧ください。

18d0c8101ed66d1375c2ada221e75937jpg

6502a94a1cecc95fafee68675d8eca5a

39572461_228075844523009_2824559300

Img_0791

Img_0801

Interview_v200_00_08_24still169

Interview_v200_00_12_00still170

Interview_v200_00_47_02still171

Interview_v200_01_37_07still172

Interview_v200_01_43_02still173

Interview_v200_02_20_05still174

Interview_v200_02_30_01still175

Interview_v200_02_45_06still176

Interview_v200_02_51_05still177

Interview_v200_02_56_11still178

Interview_v200_03_24_08still179

Interview_v200_04_15_17still180

Interview_v200_05_12_04still181

Interview_v200_05_22_03still182

Interview_v200_05_28_17still183

Interview_v200_05_51_09still184

【短期シドニーサッカー&語学留学プログラムに参加した大学生、河原ヒカリの動画は👆から】

豪州フットボーラーズ

2018年11月 6日 (火)

本大会を一週間前に控えて行われた、最後の親善試合。

相手は、中東アフリカチームです。

400_00_07_01still022

中東アフリカチームの監督である、Khalid氏。

2018シーズン、宮下がプレーした【Central Sydney Wolves】のトップチームの監督を務めたという事もあり、親しい間柄です(笑)。

400_00_08_10still023

400_00_33_10still025

親善試合といえども、絶対に負けられない試合。

選手達にとっても、本大会へ向けたアピールをする、最後のチャンス!

はたして、選手達はこの試合で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?

【シドニー日本チーム対中東アフリカチームの試合動画は👆から

400_05_31_24still017

試合後に爽やかな笑顔で答えてくれた、モウイ君。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】で、宮下と中盤でコンビを組んだ彼は、まだ10代後半。将来が楽しみな選手です。

400_05_40_04still019

まさに見た目が、【ザ・中東】なこの彼。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】でプレーしながら、何回レッドカードを貰い、出場停止になった事か。

それでもひとたびピッチの外に出れば、気さくないい奴です。

400_05_47_15still020

フランス国籍を持つ彼も、【Central Sydney Wolves】で、2018シーズンをプレーした一人。

僕がチームメイトで唯一、腕相撲で勝てないと思ったぐらいの、ムキムキな肉体を持っています。(笑)。

400_05_53_12still021

縦へのスピードは、チームナンバーワン。しかし試合の体力は20分しか持たないという、38歳のベテランプレーヤー。

Img_1162

レフリーの判定に両チームがヒートするシーンもあったものの、試合後は仲良く記念撮影。

親善試合の最終戦を勝利で終えたシドニー日本チームは、この勢いを本大会に持っていけるのか?

既にこのブログでは本大会の結果をお伝えしていますが、本大会のフルバージョン動画をご期待ください!

豪州フットボーラーズ

岐阜経済大学サッカー部を経て、今年の5月下旬に、シドニーへ渡航してきた佐藤辰哉。

2018シーズンの選手登録が6月末までという、限られた時間との戦いの中で、彼はセミプロクラブとの契約を勝ち取る事に成功した。

【Hurstville FCの練習に参加する、佐藤辰哉の動画は👆から】

 

【Dulwich Hill FCの練習に参加する、佐藤辰哉の動画は👆から】

【Balmain Tigers FCの練習に参加する、佐藤辰哉の動画は👆から】

【Cringila Lions FCでプレーする、佐藤辰哉の動画は👆から】

Interview_v200_02_03_10still175

選手登録の締め切り数日前に、Illawarra Premier Leagueに所属する、Cringila Lions FCと契約した、佐藤辰哉。

シーズン中盤からの加入以降、コンスタントに試合に出場。

チーム自体はファイナルシリーズに進めなかったものの、しっかりとチーム内での自身の存在感をアピールし、2019シーズンの再契約のオファーを貰った。

英語でのコミュニケーション力不足を、自らの課題として挙げている佐藤。このコミュニケーション力を強化できれば、彼のさらなるピッチ上での飛躍を、見る事ができるかもしれない。

豪州フットボーラーズ

2018年11月 5日 (月)

NSW State LeagueのGrand Finalでは惜しくも敗れ、二冠を達成する事ができなかった犀川稔久

しかし、今シーズンの彼の活躍が、複数の上のリーグのクラブの目に留まる。

そしてこのオフシーズン、NPL2に所属する、Bankstown Berriesとの2019シーズンの契約を、見事に勝ち取った。

  

【NSW State League Grand Finalで輝いた男・犀川稔久のインタビューフルバージョンは👆から】

Interview_v200_01_30_13still184

正直、NPL1でも十分に活躍できる実力を持った選手であり、個人的にもNPL1で見たい選手である。

ただ、一チーム2枠という狭き外国人枠、そして外国人選手に不利なポイントシステムというものが存在する中で、State LeagueからNPL1へ、一年でステップアップするという事は決して容易ではない。

それでも僕は、遅かれ早かれ、犀川がNPL1の舞台に立つ日が来ると、確信している。

豪州フットボーラーズ

2018シーズンの大活躍により、Sydney Olympicから、2019シーズンの再契約のオファーをもらった安真也。

クラブのプレジデント、そしてGMが直接出向いて行われたランチミーティングは、シドニー市内の高級レストランで行われた。

その場でクラブのプレジデントから、来シーズンのオファーの内容を伝えられると同時に、安が来シーズンのSydney Olympicにとって、どれだけ必要不可欠な存在かという事を力説される。

トライアル生という立場から、なんとか契約を結ぶことができた一シーズン目。

そして二シーズン目を終えた今、NPLのトップクラスの契約条件で、優勝クラブから再オファーを貰った安。

オーストラリアでは実績も何もない中から、実力一つでここまで這い上がってきた。

3

10

13

【安真也の2018グラウンドファイナルでのプレー及び、インタビュー動画は👆から】

15

数週間考えた結果、Sydney Olympicとの2019シーズンの契約書に、サインをした安。

Sydney Olympicでの三シーズン目を迎える来年は、一体どんなパフォーマンスを見せてくれるのであろうか?

豪州フットボーラーズ