2015年4月 9日 (木)

(オーストラリア)Westfield FFA Cup Preliminary Round 4(サッカー)

オーストラリアのプロクラブからアマチュアクラブがトーナメント方式で勝敗を競い合うWestfield FFA Cupの第4ラウンドの試合、Mt Druitt Town Rangers とSouth Coast Wolveの試合が、4月1日にMt Druitt Town Rangersのホームグラウンドで行われました。

Dsc_1085
NPL2(豪州3部)のMt Druitt Town RangersがNPL1(豪州2部)で低迷中のSouth Coast Wolveを相手に、大番狂わせを起こせるかというところに注目が集まったこの試合は、Mt Druitt Town Rangersの中心選手である堀滉二郎を中心に、Mt Druitt Town Rangersが序盤から、South Coast Wolveとイーブンなゲーム展開を繰り広げます。

Dsc_1132

リーグ戦と同様、左のMFとして先発した堀滉二郎は、相手ディフェンダーの執拗なマークに遭いながらも、左サイドから中央へのカットインからのシュート、そして左サイドからのクロスと、攻撃の起点として数々のチャンスを生み出します。

Dsc_1182しかし、先手を取ったのはSouth Coast Wolve、前半終了間際に2得点をし、内容的にはイーブンな戦いをしていたMt Druitt Town Rangersにとっては不本意なスコアで前半を折り返します。

Dsc_1581

Dsc_1583

後半に入ると、Mt Druitt Town Rangersが怒涛の攻めを見せ、堀滉二郎のPKをきっかけに、Mt Druitt Town Rangersが同点に追いつきますが、攻撃の起点として活躍していた堀滉二郎は、週末の試合での体力温存の為なのか、後半中盤に、ピッチを退きます。

Dsc_1711

Dsc_1712

Dsc_1713

Dsc_1740

前半2点リードしている時点で、余裕綽々の表情を見せていたSouth Coast Wolveの監督の表情が、同点後には一気に曇り顔に変わり、彼の罵声とも聞こえる選手への指示が、グラウンドに響き渡ります。そして試合は30分の延長戦へと突入。延長に入り、2点ビハインドから同点に追いついたホームのMt Druitt Town Rangersの勢いが更に増し、これは大番狂わせが起こるか?と思われた矢先、Mt Druitt Town Rangersのストライカーがシュートの際に足を負傷、Mt Druitt Town Rangersは交代枠を全て使い切っていた為、彼はピッチに戻るものの、走るのもままならない状況な為、実質10対11でのプレーと戦いとなります。

Dsc_1787

そして延長終了間際、Mt Druitt Town Rangersが痛恨の失点を許し、このまま試合終了。後半中盤以降は完全に流れがMt Druitt Town Rangersに傾いていただけに、Mt Druitt Town Rangersとっては、NPL1のクラブを相手に善戦したとは言え、悔いの残る敗戦となりました。

豪州フットボーラーズ

コメント