2015年10月 4日 (日)

(オーストラリア)Illawarra Mercury Premier League Grand Final(サッカー)

Dsc_4458

収容人数23000人を誇るWIN Stadiumで行われた、Illawarra Mercury Premier Leagueの決勝、Wollongong Unitedの日本人選手は、川瀬浩太と湯澤大佑がスタメン、金城基樹がベンチスタートとなりました。

Dsc_5227

Dsc_0278

右サイドバックでプレーし、元オーストラリア代表のAlvin Ceccoliと何度も対峙した湯澤大佑。試合後半間際に負傷交代となったものの、試合を通じて安定したパフォーマンスを見せてくれました。

Dsc_0439

ボランチのボジションで、相手の攻撃の芽をことごとく摘まみ、ヘディングでも相手に全く競り負けてなかった川瀬浩太。

Dsc_6456

両者とも一歩も譲らない戦いとなったこの試合は、終始Wollongong Unitedがより多くのチャンスを作るものの90分では勝負はつかず、延長戦へ突入します。

Dsc_7431

Dsc_0485

後半終盤より中盤のポジションで投入された金城基樹は、延長に入ってからも豊富な運動量で、攻守に渡って活躍を見せます。

Dsc_7950

そして延長前半、ついにWollongong Unitedが試合の均衡を破るゴールを決めます。この後Wollongong Unitedは、Dapto Dandaloo Furyの猛攻撃をギリギリで凌ぎ、試合終了のホイッスル。Wollongong Unitedが2015シーズンのIllawarra Mercury Premier Leagueの王座の栄冠を手に入れました。

Dsc_8045

感極まる川瀬浩太。

Dsc_0567

Dsc_8215

選手達に担がれ喜びを爆発させる、Wollongong UnitedオーナーのPeter Vrtkovski。

Dsc_8571

この日のMan of the Matchに輝いた川瀬浩太。誰の目から見ても納得の受賞でした。

Dsc_0602

彼らの活躍のお蔭で、Illawarra Mercury Premier Leagueでの日本人選手の株が急上昇した今シーズン。来シーズンに向けて、既に複数のクラブとの日本人選手獲得の為のミーティングが今月、来月中に予定されています。

(告知) 10月6日より15日まで、都内近郊でオーストラリアサッカーチャレンジ、留学の個別説明会を行います。ご希望される方は、info@goshufootball.com までご連絡下さい。

豪州フットボーラーズ

コメント