豪州フットボーラーズ
COLUME

(オーストラリア)樽谷誠司 (サッカー)

2015.11.15

591 Views


日本でのHBO東京さんでの練習会、説明会から約1ヶ月、遂にこの男がシドニーの地へやってきました。樽谷誠司22歳。日本では関西学生サッカーリーグ1部に所属する大阪産業大サッカー部で2年からスタメンでプレーし、関西学生選抜にも選ばれる活躍を見せるものの、卒業時はJ3のクラブから、無給でのオファーのみ。その後樽谷は、関西社会人リーグ1部のFCティアモでプレーしながら、海外挑戦に向けて1年近く準備をしてきました。

Dsc_7719

先週1週間、NPL1(豪州2部)のManly Unitedの練習に参加した樽谷ですが、日本でコンディションを最高レベルに上げて渡航してきただけあり、初回の練習からキレのあるドリブル、シュートそして球際の強さを見せ、外国人選手として、このレベルで十分通用するという事を見せてくれました。

Dsc_7428

大学時代、J2クラブとの練習試合で相手を圧倒し、試合後の相手監督に「僕はどうですか?」と自らを売り込む位、自分のプレーのクオリティーに自信を持つ樽谷は、新しい海外のサッカー環境でも、ピッチ上で誰よりも大きな声を出し、自身の存在感をアピールしていました。

Dsc_9378

監督を始めとしたスタッフ陣も、樽谷の鋭いプレーを真剣にチェックする姿が伺えます。

Dsc_9433

日本で所属していた社会人チームでは、平日の練習は狭いフットサルコートで行っていたとうだけあり、コート全面を使った紅白戦という練習にとても満足げな練習後の樽谷誠司。

Dsc_9459

そして1週目の最後の練習となった金曜日の練習後、監督から「樽谷と是非契約したいが、他のオーストラリア人選手を現在見ていて、その選手の契約のいかんによって、彼との契約が可能かどうかがわかる。現在のところ樽谷と契約できる可能性は95パーセントだ」と言われました。

Img_3630

この契約確率95パーセントという監督の言葉に、「外国人の95パーセントなんて実際50パーセント位じゃないんですか?」と、全く喜びも見せず冷静に反応する樽谷。既に自力ではなく、他力本願でのこのクラブとの契約の可能性をしか残していない樽谷の、「自力で100パーセントに持っていけなかったのが悔しい」と言い切る姿に、彼の目指している所を再確認する事ができました。

Img_3634

シドニーの街を背景にワンショット。22歳とは思えない風貌です(笑)。

Img_3636
基本練習後は、日本人サポートスタッフ、そして日本人選手達と共にコーリアンタウンに繰り出し、遅めのディナーとります。金曜日の練習後に訪れた韓国料理屋では、なぜかとんかつ定食を注文した樽谷。そしてその不味さにビックリ!

Img_3645

来週からは他のNPL1のクラブへの練習が予定されている樽谷。果たして95パーセントの契約はどうなるのか?そして来週から行くクラブではどんなパフォーマンスを見せてくれるのか?続編にご期待ください!

豪州フットボーラーズ