2016年2月24日 (水)

(オーストラリア)梶山知裕、Sutherland Sharks FCと契約(サッカー)

関西大学サッカー部出身の梶山知裕が、NPL1のSutherland Sharks FCと正式に契約を結びました。契約後、初めてとなる練習試合の相手は、川瀬浩太が所属するWoolongong Wolvesです。

0q2a0072

大学の卒論関係で、1週間日本に帰国していた梶山はこの日はベンチスタート。川瀬浩太は右サイドバックでスタメン出場です。

0q2a0101

このチームでは様々なポジションを任されてる川瀬。カウンター主体のチーム戦術という事で、基本はあまり高めにポジションを取らないものの、主にコーナーキックやフリーキックのチャンスで、ゴール前に顔を出す機会が多いです。

0q2a0177

プレシーズンマッチにも関わらず、エキサイトしすぎて審判に暴言を吐き、レッドカードを貰う選手も。

0q2a0179

守備面では殆どミスもなく、一対一の対応も完璧に対応した川瀬浩太。既にこのチームのディフェンスのリーダーとしての貫禄が伺えます。

0q2a0197

後半10分過ぎ、梶山知裕がコーチに呼ばれ、ピッチに立ちます。

0q2a0205

ピッチ投入後のファーストプレーで、相手を置き去りにするドリブルを披露する梶山。初っ端から彼のクオリティーをピッチで見せつけます。

0q2a0263

0q2a0281

0q2a0302

マッチアップするシーンも多く見られたこの二人。今シーズンはこういった日本人対決も多く見られそうです。

0q2a0337

0q2a0338

0q2a0339

0q2a0340

0q2a0341

0q2a0342

0q2a0343

0q2a0344

0q2a0345

0q2a0346

0q2a0347

0q2a0348

0q2a0349

0q2a0350

梶山のドリブルに対し、数人がかりで止めにくるWoolongong Wolvesの選手達。ドリブルのクオリティーだけで言えば、既にこのリーグではトップレベルだと間違いなく言えます。彼のプレースタイルは見ていて分かりやすい位、前へ勝負するスタイルで、歴代の関大サッカー部出身でオーストラリアでプレーした選手の中でも、サッカーに取り組む姿勢、私生活を含めて、相当期待でき、活躍できる可能性を持った選手です。

0q2a0447

0q2a0448

0q2a0449

0q2a0450

0q2a0451

0q2a0452

0q2a0453

0q2a0454

0q2a0455

0q2a0460

このキレのある梶山のドリブルからの切り替えしに、相手ディフェンダーもついていけずファールを犯し、PKを獲得します。

0q2a0488

このPKを梶山自ら蹴り込み、契約後の初ゴールを記録します。

0q2a0566
佐々木周のオーストラリアでの活躍に刺激されオーストラリア行きを決心したという梶山。佐々木とタイプは違うものの、このリーグでは探す事のできない特徴を持った選手です。

Img_0819

試合後の韓国料理屋では、注文したメニューが辛すぎたのでこの表情。攻撃と守備のポジションという事で、シーズン中にも直接の攻防が繰り広げられるであろうこの二人、クラブは違っても、日本人の看板を背負ってプレーしているという事を忘れず、頑張って欲しいです。

豪州フットボーラーズ

コメント