2016年7月21日 (木)

(オーストラリア)NPL NSW Men's2第20節 Macarthur Rams vs Sydney FC (サッカー)

リーグ2位につけるSydney FCを相手に、この日はベンチスタートとなった萩原陽太郎。0-1で負けている後半頭からの出場となりました。

0q2a0014

20歳以下のオーストラリア代表候補3人を擁するSydney FCですが、同年代の代表を相手に萩原の実力がどこまで通用するのか?彼の現在のサッカー選手としての立ち位置を確認する意味でも、興味深い試合となりました。

0q2a0071

0q2a0183

後半19分に更に1失点を喫したMacarthur Ramsですが、後半27分、ついに萩原陽太郎のリーグ戦初ゴールが生まれます。味方が打ったシュートのこぼれ球を押し込むだけのごっつあんゴールでしが、本人もさぞ嬉しかったのでしょう、カメラに向かってこのソフトなガッツポーズを見せます。

0q2a0146

この萩原のゴールで勢いづいたMacarthur Ramsは、後半31分と34分に得点を追加し、7分で2点のビハインドを逆転します。

0q2a0157

同年代のオーストラリア代表候補を相手に、個の対決でも互角以上のパフォーマンスを見せた萩原。初得点を決める事により気持ち的にもかなり楽になり、プレッシャーから解放されたのか、この日いつもよりも伸び伸びとプレーをしてました。

0q2a0224

0q2a0286

0q2a0290

0q2a0400

後半ロスタイムにはダメ押しの4点目が決まり、本人が決めていないのにも関わらず、あたかも自分が決めたの如く、カメラに向かってポーズを決める萩原。

0q2a0451

格上のチームを相手に、2点ビハインドから逆転劇を演じたMacarthur Ramsの試合後のロッカールームは、歓喜の坩堝と化しました。

0q2a0468

このチームで唯一の外国人選手、そして英語もままならない状況で、それでも監督、チームメイト達から歓迎され、彼らと上手くやっている萩原。この日の得点により、彼らからの信頼も増した事に違いありません。

(写真撮影:寺本貴生)

豪州フットボーラーズ

コメント