2017年4月の3件の記事

2017年4月21日 (金)

今年も昨年に引き続き、2月19日から22日まで浦和レッズ、4月9日から12日までFCソウルのシドニーでの滞在に、チームリエゾンオフィサーとして帯同させていただきました。

17021741_10154876932967324_41172007

初日の練習前に、サッカースクールの子供たちと保護者と一緒に、記念撮影に応じてくれたレッズの監督と選手たち。

16864694_10154876932832324_87514853

16864067_10154876931197324_11780484

この日は到着日という事で、ランニングからロンド(鳥かご)、そしてストレッチというという軽めの練習で終わりましたが、ロンドの練習ひとつとっても、このクラスの選手達は本当に上手ですし、参考になります。

17021948_10154876933117324_19336341

試合前日の練習会場では、レッズの強化部長さんからいただいたポロシャツに着替え、練習を見学させていただきました。ワンダラーズのポロシャツより全然かっこいいですね(笑)。この日は公式記者会見の為に早めにスタジアム入りする必要があったミシャ監督と通訳の方、そして阿部選手を車でホテルからスタジアムまで連れていったのですが、さすがにこの車内での約40分間が、今回の帯同で一番緊張しました。もちろん普段から安全運転を心掛けていますが、もし事故にあったりしたらどうしようとか、こういう時って変な想像をしてしまうものです。

試合はレッズがワンダラーズに4-0で快勝しましたが、試合後のロッカールームでは選手たちも風呂場ではしゃいだり携帯で写真をとったりと、正にお祭り騒ぎでした。幸運にも彼らの肉体を拝見する機会があったのですが、槙野選手とオナイウ 阿道選手がその中でも特に引き締まった筋肉をしていました。こんな事書くと、ゲイがと思われるかもしれないですが、筋トレ好きとして単純に彼らの肉体に興味があっただけです(笑)。

S0q2a9557

FCソウルとの帯同は、日本と韓国という、隣国ながらも異なった文化と国民性をもつ2国間の違いを再認識させられた、良い機会となりました。

このクラブの監督は、1990年の韓国を代表するストライカーである黄 善洪(ファン・ソノン)。日本代表が長年さんざん苦しめられたストライカーが、僕が運転する車に乗っているなんて、これもまた不思議な感覚です。

17904206_1483235855081914_228138910

FCソウルのシドニー滞在の間、数々の小さなトラブルが発生しましたが、一番下っ端の現場マネージャーさんが全て尻拭いしているのを目のあたりにし、傍から見ると羨望のまなざしで見られるかもしれないアジアのビッククラブのスタッフとして働くという事が、実際はとんでもなく大変だという事を、感じることができました。

S0q2a9565

その他、今回のFCソウルのシドニー滞在は、このブログでは書けないほど、色々な事がありましたが、僕自身にとって成長できる絶好の機会であったことは、間違いありません。今後も海外のクラブと一緒に仕事ができるチャンスを、積極的に模索していきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年4月 6日 (木)

オーストラリア渡航以後常に怪我に悩まされ続けた男、青木将洋が、4月1日にRydalmere Lionsの一員として、トップチームでの公式戦デビューを果たしました。

Sdsc_4844

怪我の影響で、開幕から5試合ほどはアンダー20の試合でコンディションを調整してもらうとトップチームの監督から言われていたものの、開幕2試合目にしてトップチームのスタメンに抜擢された青木。このリーグでの優勝候補の最右翼と言われているRydalmere Lionsのチーム内での厳しいポジション争いを勝ち抜いての、堂々のスタメン出場となりました。

Sdsc_4884_2

昨シーズンは日本人を始めとした多くの外国人選手を擁し、最後まで昇格争いを演じたRydalmere Lionsですが、今シーズンからはこのカテゴリーでも外国人枠が2枠に設定された為、大きなメンバー変更を余儀なくされたRydalmere Lions。多くの外国人選手が昨年からこのチームの練習に参加した中で、この2枠という狭い外国人枠の1枠を実力で掴み取った青木に対し、ヘッドコーチであるTony Bashaは多大な信頼を寄せいています。

Sdsc_4892

この試合では3トップの中央に配置された青木ですが、周りの選手との呼吸が中々合わず、前半序盤は中々ボールに触れる事ができません。

Sdsc_4899

この試合でのパフォーマンス如何によって、スタメンに定着するか、もしくはベンチスタートになるかという事が大きく左右されるという事を本人も十分に分かっているだけに、このチャンスをものにしてやろうという青木の気迫が、観客席にまで伝わってきます。

Sdsc_4901

上のカテゴリーでのプレー経験を持つ選手を数多く揃えるRydalmere Lionsの中でも、圧倒的な風貌と、ずば抜けた経歴を持つAhmad Elrich。2004年から2006年までオーストラリア代表として17試合に出場し、5ゴールを決めている彼を僕が初めて見たのは2002年、当時のオーストラリアのトップリーグに所属するParramatta PowerでプレーしていたAhmad Elrichはドリブルを得意とする選手で、俊足を生かして相手ドリブラーを抜き去る姿が印象的な選手でした。その後、Kリーグやイングランド・プレミアリーグでもプレーした彼は2010年にAリーグのCentral Coast Marinersでプレーしたのを最後にサッカーの表舞台から姿を消すものの、学生時代からの友人でもある、監督のTony Bashaからの積極的なラブコールに答える形で、今シーズン、Rydalmere Lionsでプレーする事が決まったという訳です。現在は、2002年当時の姿から想像もつかないぐらいの筋骨隆々の体形に変化し、この試合でも、運動量は少ないものの、キープ力とパスセンス、シュート力で圧倒的な存在感を見せていました。

1491356266um4f_osc2bp_myj1491356_10

味方からのサイドからの低いクロスに対し、数十センチ足が届かなかった青木。

Sdsc_4935

元オーストラリア代表選手ともなると、止める、蹴るといった基礎技術の高さは周りに比べて、やはり群を抜いています。

Sdsc_4984

この試合の模様を真剣に撮影する、藤田カメラマン。ジュニア用のビブスがピチピチ過ぎて窮屈そうですが、文句を一言も漏らさずに、常に黙々と撮影に没頭しています。

Sdsc_5080

筋トレとプロテイン摂取を常に欠かず、日本人の中ではマッチョな部類に入る青木ですが、オーストラリア人選手の中に混ざると、普通に見えてしまいます。この左のオーストラリア人ディフェンダーも日本人からすると、もはやサッカー選手とは言い難い体形をしています。

Sdsc_5159

監督であるTony Bashaの、この険しい表情。

Masa2_2

このボールにもタイミングが合わず、、

Sdsc_5295

今日の俺は持ってないな、とでも言っているような青木のこの表情。

Sdsc_5321

ハーフタイムを1-0のリードで折り返したRydalmere Lions。

Sdsc_5340

後半も積極的に得点を狙いに行った青木ですが、プレー中の負傷により途中交代を余儀なくされ、この日は無得点で終わりました。

Add2_2

後半中盤に炸裂したこのAhmad Elrichのミドルシュートにより、この試合を2-0で勝利したRydalmere Lionsは、開幕2試合で勝ち点6をしっかりと確保し、昇格に向けて順調なスタートを切る事ができました。パフォーマンス自体は決して悪くなかったものの、得点にはあと少し足りなかったこの日の青木。負傷により次の試合の出場が不透明となてしまった青木ですが、次に出場した時には、ぜひ得点を取ってくれると期待しています。

豪州フットボーラーズ

2017年4月 4日 (火)

高校の卒業式を終える前に、オーストラリアに渡航してきた18歳、中野大愛。今回はまだあどけなさが残るこの18歳チャレンジャーの、空港到着からセミプロクラブでの初練習参加までの様子をお届けします。

17761480_1463266227078877_7239364_3

現役高校生ながら、既にフィリピンのトップリーグに所属するチームでの練習参加を経験し、元シドニーFCプレーヤーである、森安洋文とのスカイプでのマンツーマン英会話レッスンを数カ月に渡って受けてきたというだけあり、他国での生活に対する不安を微塵とも感じさせない表情で、シドニー国際空港のゲートを出てきた中野太愛。

17778948_1463266560412177_655210902

Illawara District Leagueに所属する、セミプロクラブであるFernhill foxesのトップチームの練習に参加。普段はあまりトレーニンググラウンドに姿を見せる事のない多忙を極めるクラブのオーナーも、この日ばかりは直接中野をグラウンドで出迎えてくれました。

17778828_1463265617078938_208223878

既にこのチームの練習に参加してる佐藤圭介と共に、監督の説明に真剣な眼差しで耳を傾ける中野太愛。好きなサッカーをしながら生きた英語を学んでいるという、素晴らしい環境に自分自身が身を置いているという事を実感したに違いありません。

17778938_1463264853745681_1752427_2

練習後には、オーストラリアサッカーの印象を率直に語ってくれた中野太愛。キーパーという、日本人が海外で勝負するにはかなり厳しいポジション、そしてキーパーとしても小柄の部類に入る中野が、それでもオーストラリアでチャレンジしようと決心したその強い気持ちを、この日のトレーニングの中で十分と感じる事ができました。

18歳という、まだまだ乾いたスポンジのように何でも吸収できる年齢でオーストラリアでチャレンジしている彼を見ながら、こういった10代の若い子たちの為に僕自身がさらに何を提供できるか、引き続き考えていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ