2017年6月の9件の記事

2017年6月22日 (木)

2017年6月30日から7月11日の間、オーストラリアでのサッカー留学、セミプロチャレンジに興味がある方を対象に、東京都内、福岡県内で個人説明会を行います。

19457967_10155232930012324_11822535 (昨年10月に都内で実施した個人説明会の様子。写真左は現在NPL2で活躍中の徳市寛人。)

現在、

6月30日午後1時~5時

7月1日午前11時~午後2時

7月2日午前11時~午後2時

7月3日午後1時~午後5時

7月5日午前11時~午後5時

7月7日~7月11日 福岡県内

の日時で説明会の予約が可能です。

ご希望の方は、

①氏名 ②住所 ③連絡先 ④希望日時

を記載の上、info@goshusolutions.com までメールをお送りください。

豪州フットボーラーズ

Illawara Leagueでの今シーズンの日本人選手の活躍により、今までやり取りがなかったクラブからも、この移籍期間の時期に選手獲得の為の電話が掛かってくるようになりました。

Img_2234

今回(6月20日)訪れたクラブは、Oak Flats Falconsという、Illawara District Leagueに所属するクラブです。

グラウンドに到着すると、プレジデント、監督を初めとしたクラブ関係者たちが僕らを出迎えてくれましたが、真っ先に目に入ったのは、彼らの服装。上の画像で僕の右に立っている方がこのクラブのプレジデントですが、僕の服装と対照的な、Tシャツに半ズボンです。そして僕の左に立っているラガーマンのようなスタッフの彼も、上はTシャツ姿。僕も寒さにめっぽう強い男ですが、流石にこの寒さに彼らのこの服装は、体感温度がおかしいとしか言いようがないです(笑)。

Fuji

藤田君が白い息を吐けるぐらい、冷え込んだ夜でした。

0q2a2699

約1ヶ月前にシドニーへ渡航してきたニューチャレンジャー、鈴木悠馬。長らく実戦から遠ざかっていたため、この1か月間はローカルリーグでプレーしながらコンディションを上げてきました。

0q2a2743

この日のトレーニングメニューは、ポゼッションからのミニゲームという内容。90分走れる体力にまだ自信がないと本人は言うものの、技術的な部分では十分に通用するという手ごたえを掴んでくれたと思います。

0q2a2752

カメラを向けると直ぐに目立ちたがるオーストラリア人(笑)。

0q2a2765

0q2a2767

練習後のミーティングで、監督が話す内容を必死に聞こうとする鈴木。

0q2a2776

結局今回は、このクラブとの契約には至らなかった鈴木。しかしながら本人は、このクラブでのチャレンジから得るものが多かったとポジティブに捉えいます。そして僕の視点からも、鈴木はこの上のリーグでも十分に通用するだけの技術を持っているだけに、ここからどう鈴木がコンディションを上げていくのか、今後の彼のチャレンジがとても楽しみです。

豪州フットボーラーズ

2017年6月19日 (月)

NSW NPL1に所属するParramatta FCの監督から、誰かいい日本人ストライカーはいないか?との電話が掛かってきたのが6月1日。その電話から2週間後の6月14日、NPL2のSpirit FCでプレーしていた三羽悠矢が、Parramatta FCと正式に契約を交わしました。ボランチのポジションでプレーする三羽悠矢がストライカーに変身したわけではありません。その電話の直後にParramatta FCの監督が解任されると、ほとんどの主力選手がチームを去るという不測の事態が発生しました。そんな中、ある人物の強力な推薦によって、三羽のParramatta FCへの移籍が決まったのでした。

Koku

先週の金曜日、クラブに加入したばかりの三羽の様子を見に、グラウンドへと向かうと、選手が大量離脱したということもあり、契約選手以外にも多くのトライアル生が練習に参加していました。グラウンドの横で紅白戦を眺めている最中、写真中央に写っている黒人の青年が僕に話しかけてきました。

黒人青年 「これはParramatta FCの練習?」

宮下 「そうだよ」

黒人青年 「監督はどこにいる?」

宮下 「あの端の方で立っている人だよ。このクラブの練習に参加しに来たの?」

黒人青年 「Parramatta FCの選手が大量にクラブを辞めたという情報を聞いて、とりあえず来てみたんだ。」

宮下 「今はどこかでプレーしているの?」

黒人青年 「キャンベルタウンのローカルリーグでプレーしているんだ」

宮下 「え?キャンベルタウン?結構遠いところから来たんだね。車で1時間近くかかるでしょ?」

黒人青年 「電車と歩きでここまで来たから、2時間半ぐらいかかったよ」

宮下  

Thumbnail_7

彼の右隣で見学している人達の服装を見ればお分かりかと思いますが、最近のシドニーの夜はとても寒く、この日も13度まで気温が落ちこみました。そんな中、彼のこのタンクトップ姿は、ドラえもんのどこでもドアで南国からでも来たの?と聞きたくなるぐらい、季節外れという言葉では収まりきらない、衝撃的な恰好でした。この格好で、駅からグラウンドまでの約30分の道のりを歩いてきたという彼の体感温度は、一体どうなっているのでしょうか?そして6時半スタートの練習から1時間半遅れでグラウンドに到着したにも関わらず、この日のトレーニングに参加させてくれと交渉してしまう、日本人の我々からすると常軌を逸した彼のサッカーの実力が非常に気になりましたが、結局この日は練習に参加できず。同じくタンクトップ姿のまま、グラウンドを後にする彼の後姿を見ながら、果たして彼は次の練習にもこの格好でくるのか、大変気になりました。

Jun

常軌を逸したといえば、この男も負けていません。三羽悠矢のParramatta FCでのデビュー戦が行われたグラウンドに試合開始から20分遅れで登場した西村純。自分の試合には、他のどの選手よりも先にグラウンドに到着し、日本人選手の試合を観戦する際も、必ずキックオフ前には姿を見せる、スーパーパンクチュアルな西村純がこの日はどうしたのでしょうか?

実はこの日、他の日本人選手の試合を観に行こうと電車で1時間以上かけて向かっている最中、僕との通話でこの選手が数日前にそのクラブと契約解除したことを知る西村純。はじめは僕の言葉をうまく呑み込めていなかったものの、途中で冗談ではないということに気づき、そしてまたもや1時間以上かけてこのグラウンドに到着。その直後の、無事に到着したという安堵の表情が垣間見れる、西村純のワンショットです。笑

Yuya

試合内容は、動画の編集が終わり次第アップしますが、とりあえずNSW NPL1でデビューを飾れてハッピーな表情の三羽悠矢。2シーズンでNPL3からNPL1までを経験した、初の日本人選手となりました。

Yuan

この日のParramatta FCの対戦相手であるSydney Olympic FCで、攻守に縦横無尽の活躍を見せた安真也と共にワンショット。

現在、降格候補ナンバーワンのParramatta FCですが、ここから奇跡の残留ストーリーを伝えていくことができるのでしょうか?僕はできると信じています!

豪州フットボーラーズ

2017年6月17日 (土)

大学卒業後にFC岐阜セカンドに入団するものの、チームでは中々出場機会に恵まれず、環境を変えるために今回のオーストラリアでのチャレンジを決意した、森京次22歳。

センターバックからサイドバック、ボランチと、守備的なポジションならどこでもプレーできるバーサタイル(適応範囲が広い)プレーヤーである森。この森がシドニーへ渡航してくるタイミングで、Illawarra Premier Leagueに所属するイタリア系クラブ、Port Kembla FCのオーナーから、ボランチを探しているという連絡を受け、彼を早速このクラブの練習に連れて行きました。

1

対人の強さには自信を持っているという森。強靭なフィジカルを誇るオーストラリア人相手に、その強さがどこまで通用するのでしょうか?

3_2

65

8_3

紅白戦を前に、監督から英語での指示を直接受ける森。英語でのコミュニケーション能力も、クラブと契約する為の重要な要素である事には間違いありません。

6

この紅白戦でのパフォーマンス次第で、契約できるかできないかが大きく左右される事を、森も十分に熟知しています。

7

9_2

球際での競り合いも負けていません!

10_2

闘志みなぎるこの表情!  

11

13

14_2

オーストラリアでの初の練習参加で、十分に自身の実力アピールできた森。果たして監督の評価は?

15_3

今シーズンよりPort Kembla FCの指揮を執っている、元AリーガーのNoel Spencerは初練習後の森に対して 「テクニックの高さだけでなく、このリーグでプレーするのに必要なフィジカルの強さも持っている。契約を前向きに考えたい」 と高く評価をしてくれました。

Kyoji

そして今週の月曜日、Port Kembla FCと契約を交わした森京次。国際移籍手続きの関係で、今週末の試合には出場できませんでしたが、練習での紅白戦ではスタメン組のボランチでプレーしているだけに、即戦力としての活躍が期待されます。

豪州フットボーラーズ

2017年6月16日 (金)

オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」。月一回発行されるこの情報誌に、約3年前からコラムを書かせていただいています。

僕のウェブサイトやブログだけでは、オーストラリアでプレーする日本人選手の活躍を伝えるのには限界がありましたが、シドニーの留学エージェント、日本食レストラン等に置かれている「チアーズ」にコラムを掲載しはじめてから、シドニーに住むより多くの日本人の方に、このサッカーの活動を知っていただけるようになりました。

Cheers

  

07

今後も「チアーズ」を通じて、シドニーの日系コミュニティーに、選手達の活躍を伝えていければと思います。

この動画シリーズも、今後さらにパワーアップする予定なので、ご期待ください!

豪州フットボーラーズ

2017年6月15日 (木)

シドニー南部、ウーロンゴンの入り口に位置するHelensburgh。このHelensburghを本拠地とし、Illawarra Districtリーグに所属する、セミプロサッカークラブであるHelensburgh Thistleで、今シーズン途中から加入した3人の日本人選手達が、活躍を見せています。

他のチームに比べ若手選手主体のHelensburgh Thistle、2017シーズンの開幕を迎え、開幕戦の2-7というスコアを皮切りに、2試合目は0-5、3試合目は1-3と、厳しいスタートとなりました。

その中、4試合目から日本人選手3人が加入したことにより、ここからHelensburgh Thistleの快進撃が始まりました。その後の8試合を7勝1敗という素晴らしい結果で終え、シーズンの中間地点である第11節が終わった現在、12チーム中4位という、プレーオフ進出圏内である、5位以内の位置につけています。

Sdsc_9734

この3人の日本人選手の中でも、特に際立った活躍を見せているのが、公式戦8試合で12ゴールを記録し、現在このリーグの得点王を独走している加藤成幸。九州の強豪である九州共立大学サッカー部出身の彼の大学時代のポジションはサイドバックながらも、このチームではストライカーやトップ下のポジションでプレーしています。オーストラリアに来た当時、右サイドバックや右サイドハーフのポジションで、他のクラブのトライアルや練習に参加していた加藤。しかし、なかなか契約に至らず、外国人選手としてクラブと契約し、プレーするには、目に見える結果、数字を挙げることの重要性を感じ、このHelensburgh Thistleでは攻撃的なポジションでプレーすることを決意しました。スピードに乗ったドリブルを得意とする加藤、下位のチーム相手には得点を量産しているものの、上位チームのディフェンス相手には、フィジカルコンタクトで潰されるシーンもまだ多いだけに、こういった上位チーム相手でも、得点をコンスタントにとれるようになれば、一ランク上のカテゴリーのクラブからも声が掛かってくることに、違いありません。

Sdsc_9950

このチームの、右サイドバックでプレーする岡本潤哉。小柄ながら、フィジカルコンタクトが強く、高いポテンシャルを持っている選手です。一緒にプレーしたことのある選手なら、誰もが彼の能力の高さを認めるほどの技量を兼ね揃えた選手ですが、決してプレーが派手ではないため、傍から見ているだけでは、良さが伝わりづらく、長い間チームが決まっていませんでした。本人も今シーズンはアマチュアリーグでプレーしながら、上に行けるチャンスを狙おうという意志が固まりつつあった中、最後のチャンスだと思って参加したこのチームのトライアルで高評価を受け、見事契約に漕ぎ着くことができました。

Sdsc_9943

そして、本職はボランチでありながらも、現在はチームの事情で、センターバックを任されている三谷佳。180センチを超す長身に恵まれ、足元の技術もしっかりしていて、ゲームメーキング能力にも長けている選手です。監督に直訴するほど、本人はボランチでのプレーにこだわっているのの、センターバックの選手が負傷などの理由で足りていないため、当ボジションも高いレベルでこなせてしまう彼が任されることに。本来なら一番実力を発揮出来るはずのボランチでのプレーの可能性は、まだ不透明です。

Sdsc_9930

財政的に、このリーグの中で決して余裕があるとは言えないHelensburgh Thistleですが、入団直後からの彼らの快進撃によって、即座に給料もアップしてくれました。選手にとっても、クラブからもらう給与額というのは、彼らのサッカー選手としての価値を測るもの。プレーするモチベーションを左右するものでもあります。この給料アップは、彼らにとって、サッカー選手としての自信に繋がったに、違いありません。後半期も、前半期のペースで勝ち続け、上位にとどまるには、彼ら3人の活躍が不可欠です。

 

そしてもう一人、6月の移籍期間で、アマチュアリーグからセミプロリーグに移籍した選手をご紹介します。

Daisuke

今年2月のオーストラリア渡航後、日本人チームの一員として、他のセミプロクラブとの試合に参加する中、足を負傷し、一度はセミプロリーグでのプレーを諦めかけた現役早大生、佐橋大輔。

現在J2に所属する、町田ゼルビアユース出身の佐橋ですが、全国の強豪校出身の実力者が集まる早稲田大学のサッカー部に入部することが出来ず、社会人リーグでプレーしながら、今回のオーストラリアでのサッカーチャレンジに備えて来ました。

Daisuke2

自身をガッツーゾ(元イタリア代表で、闘志あふれるプレーと、激しい守備が特徴)と呼ぶぐらい、激しい守備、特にタックルを武器とする佐橋。そんな彼も、オーストラリアでは、その激しさを全面に出した守備がなかなか通用せず、アマチュアリーグでもオーストラリア人のフィジカルコンタクトの強さに苦戦していました。しかしながら今回、Illawarra Premier リーグに所属する、Woonona Sharksとの契約を勝ち取るに至りました。サッカーの実力だけでなく、コミュニケーション能力の高さや人間性を高く評価された結果といえるでしょう。一般受験で早稲田大学に入学したぐらいの高い学力も兼ね揃える彼は、今回のオーストラリアのチャレンジに当たっても、サッカーでお金をもらってプレーするという目標以外にも、コミュニケーションスキルとしての英語力を最大限に伸ばし、日本に帰ったら外資系消費財メーカーに就職するという明確な目標を持って渡航して来ました。語学学校やクラブへの移動時間は、常に英語の学習に時間を費やし、既にクラブの監督や選手とも、全く問題ないほどコミュニケーションを取ることが出来ています。その親しみやすいキャラクターゆえに、既にチーム内でも人気者です。本来は、センターバックのポジションのみを探していたはずの、このクラブ。今回、佐橋との契約を決めた理由は、『He is a good boy』。つまり、彼の練習に対する真摯な態度。それが、周りの選手に与える影響を評価されたところが、大きいと言えます。しかしながら、チームと契約出来たからといって、試合に出られるとは限りません。本人も十分に熟知していますが、彼の本当の勝負はここからです。

 豪州フットボーラーズ

2017年6月 7日 (水)

毎年行っている中高生短期サッカー&語学プログラムですが、2017年夏休みの参加者を、現在募集しています。

期間は1週間~6週間、滞在先はホームステイもしくは選手寮となります。

一般の短期語学留学では体験できない、サッカーを通じた現地の同年代の子たちとの様々なアクティビティーを準備しています。

今回の募集枠は5名ですが既に3名の申し込みがあり、残り2枠となっていますので、参加をご希望される方は、Info@goshusolutions.comまで、お早めにご連絡ください。

17884291_807961712692148_3971307304

17757501_807961716025481_8182819797

17862589_807963592691960_7514902698

下の動画は、今年の春にプログラムに参加した中高生たちの模様です。

豪州フットボーラーズ

オーストラリアのNSW NPL1で3シーズンをプレーし、2017シーズンより新たなチャレンジの場として、フィリピン1部リーグ、Global FCでプレーしている佐々木周。この佐々木周が所属するGlobal FCが、AFCチャンピオンズリーグの本戦出場をかけて、オーストラリア、ブリズベンの地で、Aリーグに所属するBrisbane Roarと対戦するという事で、シドニーからニューチャレンジャーを引き連れて一泊二日の日程で、ブリズベンへ行ってきました。

Fafdasfd

佐々木周が滞在しているホテルのラウンジで。オーストラリアでプレーしていた時に練習試合でAリーグのクラブと対戦経験は何度かあるものの、今回はAFCチャンピオンズリーグという国際試合の舞台で、オーストラリア全土にケーブルテレビで生中継されるという事で、本人も今までとは気合の入り方が違います。

Afee

Daere

ニューチャレンジャー達に、自身のオーストラリアの経験を熱く語る佐々木周。

Afdaffd

オーストラリアでのプレー歴があるという事で、試合当日の一般紙のスポーツ欄にも佐々木周の事が少しばかり取り上げられていました。

Dfafdaf

夜の試合開始時間までは市内観光タイム!とは言っても、僕自身もブリズベンは2015年のアジアカップ以来の2回目の滞在で観光名所もよくわからないのでで、とりあえず中心街をブラブラしながら、時間を潰します。

334

そしてついにキックオフタイム!下馬評では圧倒的に不利と予想されるGlobal FCが、Aリーグの強豪を相手に、ジャイアントキリングを起こしてくれるのでしょうか?

Ere

Dfdf

やはり格上なBrisbane Roarが試合をコントロールする展開となり、浮足立ったGlobal FCが立て続けに失点をしてしまいます。

Dfde

Grgr

終わってみれば6-0。結果だけを見れば大差をつけられての敗戦となったものの、佐々木個人のパフォーマンスに関しては、Brisbane Roarの選手達と対等に渡り合っていただけに、彼にとっても自信に繋がる試合となった事は間違いありません。

この貴重な国際試合での経験を生かして、国内リーグは大暴れしてくれる事を期待しましょう!

豪州フットボーラーズ

2017年6月 1日 (木)

今年3月に行われた、マケドニア系のサッカークラブがオーストラリア全土から集結してチャンピオンを決める大会である、Maso Cup Sydney 2017の模様です。

A

滝川第二高校⇒大阪産業大学サッカー部出身のレフティー、山本和也。

24ea

マケドニア系と思われる多くの年配の方々も会場を訪れ、真剣な眼差しで試合を観戦していました。

Ce

Ead

Adfd

Rra

オーストラリアでの3シーズン目を迎え、若いの選手が多いこのチームで、ベテランプレーヤーとしてチームを引っ張っていく役割を期待されている寺本貴生。

Zea

Zee

準々決勝で同じリーグのWollongong Unitedに僅差で敗れたCringila Lions。3人の日本人選手を獲得したCringila Lionsの2017シーズンの行方はどうなるのでしょうか?彼らの今後にご期待ください。

豪州フットボーラーズ