2017年7月の13件の記事

2017年7月30日 (日)

現在、オーストラリアでプレーしている徳市寛人ですが、今後のオーストラリア以外でのサッカーキャリアも視野に入れ、プレー集を作成しました。

1_2

3

4

大学時代のプレーと、オーストラリアでのプレーを混ぜて、作成しました。

5_2

オーストラリアのNPLレベルでも、このプレー集があるとないとでは、クラブに選手を売り込む際の、クラブ側の反応もまったく違ってきますし、プレー集一つで契約に結びつくケースもあります。

徳市寛人のプレー集。この動画は、豪州ソリューションズのマーケティング用バージョンで、クラブ側に送るものには、豪州ソリューションズのロゴ等は一切入りません。

まだまだ改善の余地がありますが、さらに良いものを作れるように、研究していきたいと思います。

Jin

藤田メディア担当とプレー集の編集を行う、Sydney Olympicでプレーする安真也。

今後は、オーストラリア国内で終わるマネージメントだけでなく、次のサッカーキャリアに繋がるサポートも、力を入れていく予定です。

豪州フットボーラーズ

2017年7月28日 (金)

今年の1月にドローンを購入以来、何度かサッカーのシーンや、グラウンド周辺の風景を上空から撮影してきましたが、まだまだフルに活用できていないと痛感しています。

1

5

使っているドローンは、Phantom4 Professional。近くの公園で飛ばしていると、すぐに人が寄ってきます。

2

日本だと、このサイズのドローンを飛ばすには場所が限られてしまいますが、オーストラリアは飛ばしたい放題です。(試合を撮影する場合は、クラブからの許可を取っています。)

7

10

12

あと1か月程でサッカーもオフシーズンに入りますが、この期間に、効果的なドローンの活用方法を考えてみたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年7月27日 (木)

鹿島アントラーズユース時代、トップチームのキャンプにも参加し、小笠原満男や土居聖真といった選手達との一対一の練習で、実力を磨いてきた徳野舜。

大学卒業時に、J3のクラブでプレーするか、就職するかという選択肢があったものの、それらを捨て、オーストラリアでのチャレンジを決意して、やって来ました。

Shun

3月のリーグ開幕を目前にし、2月の後半にシドニーに到着した徳野。ほぼ選手の補強が終わっているこの時期の契約は、通常は中々難しいものです。

しかし、ちょうど左サイドバックを探していた、Illawarra Premier Leagueに所属するWollongong Olympicの練習に連れていったところ、練習が始まって20分後に契約のオファーを貰いました。

1

オファーを貰った数日後、クラブのプレジデントが経営するレストランで、契約書にサインをした徳野。1年目のシーズンにしてはかなりの好条件な契約内容に、徳野も驚きと喜びを隠せません。

2

3

4

5

10

このクラブのプレジデントであるクリス。昨シーズンの上田祐輔の活躍により、もともと良かった日本人選手に対する印象が、さらにポジティブになったと語っていました。

11

この日、レストランでの料理を、プレジデントからたらふく食べさせて貰った徳野。そんなプレジデントからの期待に応える活躍を、ピッチ上で見せてくれるのでしょうか?

6

契約書にサインをした後、チームのプレシーズンマッチを観戦。

7

フォアードでプレーする上田祐輔に、いかに良いボールを配給できるか。既に徳野の頭の中ではイメージが出来上がっています。

8

オーストラリアでの意気込みを語ってくれた徳野舜。果たしてどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

第18節が終了した現在、首位のBulliと勝ち点差が僅か1点で、2位につけているWollongong Olympic。徳野もチーム加入後からすべての試合でスタメン出場し、左サイドバックながら3得点を記録しています。レギュラーシーズン残り4試合で、首位の座を奪う事ができるのでしょうか?全ては徳野の左足にかかっています。

豪州フットボーラーズ

2017年7月25日 (火)

NSW NPL1のParramatta FCで、背番号10番をつけてプレーする男、三羽悠矢。2シーズン掛けてこの舞台までのし上がってきたものの、最下位を独走するParramatta FCが置かれている状況は、順位以上に厳しいものがあります。

前節の試合、APIA Leichhardstを相手に、前半だけで6失点という醜態をさらしたParramatta FC。三羽の加入と同じタイミングで、新しく就任したParramatta FCの監督は、失点をしない為にディフェンスラインに5人の選手を置く、保守的なフォーメーションで毎試合臨んでいます。

しかしフォーメーション、ほとんど機能していなというのがParramatta FCの試合を観に行った大多数の意見。もちろん、シーズン中盤での中心選手達の大量離脱という事件があったにせよ、もっと戦えるチームをつくれるはずでしょ?というのが、僕の率直な意見です。

この日の相手はSydney United 58。今シーズンは中位をさまよっているものの、Parramatta FCにとっては厳しい相手には変わりません。

Dsc_2067

この試合も、5バックの真ん中での出場となった三羽。背番号が5番に変わっています。10番より5番の方がしっくりきますね。

Dsc_2075

クリスティアーノ・ロナウドと同じ身長(184㎝)を誇る、藤田カメラマン。

Dsc_2106

キックオフのホイッスルの瞬間から、自陣で相手にパスを回される時間が続くParramatta FC。

Iloveimganimatedgif_2

そして前半8分ごろ、このリーグのベストプレーヤーとの呼び声が高い、Panny Nikasのフリーキックが決まり、あっさり先制されます。(画像をクリックしてください!)

Dsc_2151

先制されてから2分後、Parramatta FCのフォワードの選手が、小競り合いのシーンで相手ディフェンダーの足を思いっきり蹴り、一発退場。

Dsc_2163

全く必要のない行為でレッドカードを貰い、残りの約80分を10人で戦わなくてはいけなくなってしまったParramatta FC。この時点で、試合を見る気が失せました、、

Dsc_2186

10人となったParramatta FCは、その直後にさらに失点。三羽のこの呆然とした表情。

Dsc_2198

Dsc_2199

Dsc_2200

味方が一人退場する事によって、5バックから4バックに変更、本来の彼のポジションであるボランチに入った三羽。初めから4バックにして、スタートから三羽をボランチに入れた方が、確実にチームが機能するとは思うんですが、監督さんも何かしら考えがあるんでしょうね、、、

Dsc_2245

ボランチに入り、ボールに触る回数は増えてきたものの、中々リズムを作り出せません。

Dsc_2281

ジャンボ鶴田を彷彿とさせる、三羽のジャンピングニー!(プロレスファンしかわからないネタですみません(笑)。)

Dsc_2320

チームが劣勢の中でも、三羽はピッチ内で一番大きな声を張り上げ、味方に喝を入れます。

Dsc_2329

相手チームのキーマンであるPanny Nikasに仕事をさせないよう、徹底マークする三羽。試合後、Panny Nikasが一番上手く、手強かったと、三羽は話していました。

Dsc_2401

後半、相手ディフェンスラインの裏へ抜けるドリブルを仕掛けるなど、積極的に攻めの姿勢を見せるものの、三羽一人の力ではどうしようもできません。

Dsc_2444

球際では負けたくないと常に言っている三羽。この日も彼の球際の強さは目立っていました。

Dsc_2473

この日の試合内容を、この三羽の表情が物語っています。

20273607_1655096064562558_627476505

この日の試合観戦に訪れた、シドニーに短期サッカー留学に来ている中高生たちと。彼らも三羽のプレーに、大きな刺激を受けていました。

結局、Parramatta FCはSydney United58に0-5で敗戦。既に降格が事実上決定しているParramatta FCですが、リーグ戦残り3試合で、ぜひ意地を見せてほしいです。

豪州フットボーラーズ