2017年8月30日 (水)

(オーストラリアサッカー)FFA Cup Round of 16、 塩澤智裕

FFA Cup Round of 32で、2014年のNPLチャンピオンであるアデレードの強豪、MetroStarsを撃破したBankstown Berries。

ここまで来たからには、Aリーグのチームと対戦したいという、選手たちの思いが神様に通じたのか、FFA Cup Round of 16のBerries相手は、現Aリーグチャンピオンである、Sydney FCに決まりました。

Dsc_6044

現Aリーグチャンピオンとのガチンコ勝負とだけあって、Bankstown Berriesで2シーズン目をプレーする塩澤智裕も、いつもより気合が入った表情で入場してきます。

Dsc_6035

藤田君、いい動画をたくさん頼むぞ!

Dsc_6093

立ち上がりから硬さの見えたBankstown Berriesが、前半10分も経たないうちに失点を喫します。この時点で多くの観衆たちは、Sydney FCのフルボッコを予想したと思います。

Dsc_6100

こんなビックチャンスは、自分のサッカー人生で2度と訪れないかもしれない。そんな考えが脳裏をよぎったのか、塩澤が積極的にオーバーラップを見せ始めます。

Dsc_6134

オーストラリア代表80キャップを誇り、ワールドカップも2回の出場経験があるLuke Wilkshireを相手に、積極的にドリブルを仕掛ける塩澤。

Dsc_6152

Dsc_6177

Dsc_6189

Dsc_6191

同じく元オーストラリア代表、代表キャップ48を誇り、日本のサッカーファンの間では、AFCアジアカップ2011決勝で、自身のミスでフリーにしてしまい李忠成に決勝ゴールを決められたという印象が強い、David  Carney

そんなカーニーを相手にも、まったく臆せずに、塩澤はドリブルを仕掛けていきます。

Dsc_6204

この日の入場者数は2500人。真冬の冷え込んだ夜にも関わらず、多くの観客が入りました。

Iloveimganimatedgif_6

このドリブルは、オーストラリア代表の右サイドバックを長年務めてきた、Luke Wilkshireにカットされます。【上の画像をクリックすると、連続画像が見れます】

Dsc_6235

Dsc_6264

前半を0-1で終えたBerries。このハーフタイムのスコアには、塩澤も満足げな様子です。

Dsc_6277

Dsc_6252

Jリーグの清水エスパルスでプレーした経歴もある、Alex Brosqueとマッチアップする塩澤。

Dsc_6343

カウンターから何度かビックチャンスを迎えたBerriesですが決めきれず、後半中盤に2失点目を喫してしまいます。

Dsc_6361

後半途中から入ってきたこの11番、最近加入したばかりの現ポーランド代表、Adrian Mierzejewskiという選手ですが、半端ない上手さでした。

Dsc_6368

そんな経歴も、もちろん知らずにマッチアップしたであろう、塩澤智弘。この日ほど、Bankstown Berriesでプレーしていて良かったと思った日は、なかったに違いありません。

Dsc_6374

現ポーランド代表のドリブルを止められるか?

Dsc_6385

試合終了間際にPKで失点し、最終スコアは3-0。試合を通じてボールを支配される時間が多かったものの、後半は得点チャンスもかなりあっただけに、Berriesの選手達は、この試合でかなり手ごたえを感じる事ができたと思います。

Dsc_6393

塩澤にとって、オーストラリアのトップクラスの選手達とプレーする事により、彼らとの差を肌で感じる事ができた、貴重な場となったこの試合。この試合で得た経験を糧に、来シーズンはさらに成長した姿を見せてくれると信じています。

21216269_10155453741817324_20979123

本当にブログに書いている試合を観に行ってるのか?疑惑が浮上しているらしいので、証拠として、試合後の塩澤と写真を撮りました(笑)。

21222531_10155453741492324_17570433

ちょうどDavid Carneyが横を通り過ぎたので、彼とも写真を。

豪州フットボーラーズ

コメント