2017年9月26日 (火)

(オーストラリアサッカー)牧田啓希のファイナル

Illawarra District LeagueのReserve Grade(2軍)の決勝に進出したFernhill Foxes。

その決勝を戦うFernhill Foxesのメンバー入りをした牧田啓希は、後半頭からの出場となりました。

Dsc_7137

クラブの1部昇格の為の【外国人助っ人選手】として、大きな期待を背負ってこのクラブに入団した牧田。しかしながら、日本とのサッカースタイルの違いや、英語でのコミュニケーションの壁に苦しむ時期が長く続き、最後までトップチームのスタメンには定着する事はありませんでした。

トップチームでのプレータイムは限られていた牧田ですが、リザーブチームの中心選手としてシーズン17ゴールを記録、得点ランキング3位という大活躍を見せます。

牧田を中心とした攻撃サッカーを標榜したFernhillのリザーブチームは、圧倒的な強さでレギュラーシーズンを1位で終了。ファイナルシリーズも順当に勝ち上がり、満を持してこの日のファイナルを迎ええます。

Dsc_7171

トップチームのセミファイナルの試合では、ベンチ入りしたものの、結局出番がなかった牧田。

チーム内での得点ランキングは2位であるにも関わらず、戦術的な理由との監督の判断で、この日も途中からの出場となった牧田は、その悔しさをピッチ上で爆発させる事ができるのでしょうか?

Dsc_7180

Dsc_7181

0-2のビハインドの状況でピッチに投入された牧田は、後半開始早々から、積極的にシュートを狙っていきます。

Dsc_7201

Dsc_7209

チームカラーと同じレッド色に髪を染め上げてこの試合に臨んだ牧田に対し、ブルー色をチームカラーとする相手チームのサポーターからは野次も飛んできます。

Dsc_7283

Dsc_7284

Dsc_7225

1500人以上の観客が会場を埋め尽くしたこの日の試合、牧田にとっては、アドレナリンがマックス状態にならざるをえないこの雰囲気の中で、いつもよりも力みすぎてかシュートもバーの上に。

Dsc_7299

今シーズンのIllawarraサッカー界を騒がせたこの男も、険しい表情をしながらこの試合を観戦。

Dsc_7350

後半に1点を返すものの、最後の最後までチャンスを決めきれずに、Fernhillは決勝で涙を呑む結果となりました。

試合後に、優勝に喜ぶ相手チームの選手達の横で、呆然と膝をつく牧田。シーズンで最も重要な試合で、結果を残せなかった自分に対する失望感からくるものなのでしょうか。

Dsc_7373

準優勝のメダルを貰う彼からは、どこかしらか寂しげな表情が伺えます。

Dsc_7377

撮影機材を持っていると、どの会場に行っても色々な人に話しかけられる藤田カメラマン。最近トレーナーをつけて筋トレ中との事なので、マッチョになる日も近い?

Dsc_7391

今回のインタビューを受ける事に備えて、話す内容を考えていたという牧田。チームは負けてしまったものの、この日の彼の試合、そしてインタビューを撮った映像は、彼の一生の宝物になる事でしょう。

豪州フットボーラーズ

コメント