2017年10月の8件の記事

2017年10月19日 (木)

外国人助っ人選手として、Sydney Olympicのファイナルシリーズ進出に大きく貢献した安真也。

ファイナルシリーズ1回戦で、最終的にファイナルシリーズ王者となったManly Unitedに惜敗するものの、レギュラシーズンのTeam Of The Yearに選ばれ、NSWのサッカー界に安の存在感を強く示すことのできた、充実した2017シーズンとなりました。

4

91

1

シーズン終了後に、他のNPL1のクラブからオファーがあったものの、2017シーズンの活躍を高く評価し、好条件を提示してくれた、Sydney Olympicとの契約を更新した安。

2017シーズンよりさらに高いモチベーションを持って臨む事になるであろう、2018シーズンの彼のパフォーマンスに要注目です。

【安真也のSydney Olympic契約時の動画はこちらから↑】

【安真也の2017シーズン、ラスト3試合の動画はこちらから↑】

2018シーズンのチャレンジャーを募集しています!詳細は→ここ←をクリック!

豪州フットボーラーズ

2017年10月17日 (火)

以前にご紹介した記事、田川慎太郎とBankstown の映像編です。

2

【19歳ながら、トップチームのデビューを果たした田川慎太郎の動画はこちらから↑】

2018シーズンのチャレンジャーを募集しています!詳細は→ここ←をクリック!

豪州ソリューションズ

2017年10月16日 (月)
2017年10月13日 (金)

熊本出身の高校2年生、田中貴継くん。

所属する高校のサッカー部ではキャプテンを務める田中君ですが、海外のサッカーを経験する事によって自らの視野を広げるだけでなく、その経験をチームに還元したいという事で、今回の留学を決意しました。

4

6

2週間という短い期間でしたが、毎日サッカー漬けの生活を送る事ができた田中君。日本とはまったく違ったサッカースタイル、そして言葉の壁に最初は戸惑いつつも、さすが日本でキャプテンを任されているだけあり、チームメイトや監督に自ら積極的に話しかけながら、環境に適応しようとしている姿を見る事ができました。

17

セミプロリーグでプレーしている日本人選手達と一緒に、サッカーをする機会も。彼らと一緒にボールを蹴る事によって、自分のレベルを感じる事ができたのはもちろん、選手としてさらにレベルアップする為の、貴重なアドバイスを貰う事もできたと、田中君は話していました。

高校卒業後は、関東の大学サッカー部でプレーする事が彼の目標ですが、今回のシドニー留学で、オーストラリアという選択肢も増えたのではないかと思います。

18

シドニーでの最終日、日本へ飛び立つ前のシドニー国際空港で。今回の留学で経験したことを、彼なら今後の人生にきっと活かしてくれると信じています。

【田中君の2週間の留学模様は、こちらの動画をご覧ください↑】

豪州フットボーラーズ

2017年10月 7日 (土)

すでにシーズンは終了していますが、NPL2 NSW 第24節、Blacktown Spartands対Mounties Wanderersの試合のレポートです。

Blacktown Spartandsの堀滉二郎、Mounties Wanderersの徳市寛人が先発で出場をしました。

Dsc_5140

実はこの試合、僕の勘違いで試合会場を間違えてしまい、前半20分過ぎにグラウンドに到着した時には、すでにMounties Wanderersが2-0と、リードをしている状況でした。

Dsc_5148

バルサのカンテラ(下部組織)出身である、Nefta Gonzalezをマークする堀。

Dsc_5227

この試合の数日前に、Mounties Wanderersの監督が辞任し、チームのキャプテンでもあるNefta Gonzalezがプレイングマネジャーとして臨んだこの日、グラウンドには、以前よりも明らかに伸び伸びとプレーしている徳市の姿がありました。

監督が徳市に望んでいたものと、徳市の考えにズレがあったのは事実で、それが今まで、徳市のポテンシャルをピッチ上で発揮する上で、大きな障害物となっていたのかもしれません。

Dsc_5248

後半に入ると、攻撃的なポジションに上がり、ペナルティーエリア内にも積極的に侵入していく徳市。日本ではセンターバックが主戦場でしたが、オーストラリアではボランチ、そして状況によっては点に絡むプレーも、徳市には求めれらています。しかしさすが日本の高いレベルでやってきただけあり、そんな役割もそつなくこなしてしまいます。

Dsc_5272

結局4-1ででMounties Wanderersが快勝したこの試合、なんと見逃した2点のうち1点は、徳市がミドルシュートと叩き込んだという事で、攻守に渡り、外国人助っ人としての役割をしっかりと果たした、この日の徳市でした。

昨シーズンNPL1から降格し、トップチームの選手の大半がクラブを去った中、若手主体のメンバーで今シーズンに臨んだBlacktown Spartands。そんなチーム状況の中で、この日も堀の存在感はひときわ目立っていましたが、自分一人の力ではどうしようもできないというもどかしささえも、多少なりとも感じられた試合でした。

結局、両チームともファイナルシリーズに進出する事なく、堀、そして徳市の2017シーズンは終了しました。しかし今シーズンの彼らの活躍が、このリーグでの日本人選手の評価を高めたことは、言うまでもありません。

豪州フットボーラーズ

2017年10月 6日 (金)

2017 Illawarra Premier League Grand Finalでの、森京次、桑田祐也をメインとした2つの動画をご覧ください。

12_2

【動画 Port Kembla編】

森のチームメイトや日本の友達が、フェイスブックで多くのシェアをしてくれたお陰で、1週間で5000近くの再生回数を記録した動画です。

10

 

【動画 Bulli編】

豪州フットボーラーズを運営する【豪州ソリューションズ】では、映像制作会社顔負けの機材、スタッフをさらに揃え、チャレンジャー達の活躍ぶりを世界に発信していく予定です。

豪州フットボーラーズ

2017年10月 5日 (木)

2017シーズンが、先月終了したばかりですが、2018シーズンのトライアルが10月の中旬からスタートします。

2018シーズンチャレンジにおいて、2017年10月4日現在、既に10人近くの新規チャレンジャーの参加が決まっており、今後もさらに増える見込みです。

しかしながら、来シーズンもオーストラリアに残るチャレンジャー+新規チャレンジャーの数を足しても、クラブ側からの選手を送ってほしいという要請に対し、人数が全く追いつかない状況です。

Ryuji1

そうした中、より多くの方たちにオーストラリアでのチャレンジをしてもらえればと、既存のワンシーズンでいくらといった基本的な費用体系は維持しつつも、オーストラリアでの滞在期間や、目的、チャレンジャーの経歴によって、参加費用のレンジを設けることとしました。

今後のチャレンジ参加のプロセスとしては

①電話、もしくは直接会っての面談を行います。

②チャレンジャーの希望、そして状況をもとに、こちらから費用の見積もり(もしくは契約内容)をお伝えします。

③契約書に双方がサインをし、サポートがスタートします。

特に、日本、もしくは海外でのプロ経験がある選手に関しては、オーストラリアのクラブからの引き合いも多く頂いているため、優遇措置を考えています。

是非お気軽にご連絡ください。

豪州フットボーラーズ

2017年10月 3日 (火)

2017 Illawarra Premier Leagueのサッカーを締めくくるGrand Finalは、圧倒的な強さでレギュラーシーズンを1位で終えたBulli FCと、レギュラーシーズンを5位で終えたPort Kembla FCの試合となりました。Dsc_7791

2017シーズン途中からPort Kemblaに加入以降、不動のボランチとしてチームの勝利に貢献してきた森京次。シーズン終盤に足首を負傷、医者からプレーをしてはいけないと言われている足首の状態にも関わらず、怪我を押してファイナルシリーズをプレーしてきました。

Dsc_7803

Bulli FCの守護神、桑田祐也。シーズンを通じて神がかりなセーブを連発してきた桑田が、この試合でも決定的な仕事をしてくれるのでしょうか?

Dsc_7825

Illawarra Premier Leagueで最多優勝回数を誇るものの、ここ数年優勝から遠ざかっているPort Kembla。そんなPort Kemblaの選手一人一人と、優勝トロフィーを必ず持ち帰ってくれとでも言っているような、熱い抱擁をかわすプレジデント。

Dsc_7837

Dsc_7854

グラウンドファイナルという舞台からくるプレッシャーなのか、いつもよりも緊張した面持ちの桑田。

Dsc_7841

足首の負傷を全く感じさせない動きで、相手にプレスをかける森。果たして90分間、足首が持つのでしょうか?

Dsc_7848

Dsc_7859

Dsc_7887

2500人以上の観衆が会場を埋め尽くしたこの試合、序盤から両者ともチャンスを作るものの、なかなか得点には繋がらないまま、前半をスコアレスで折り返します。

Dsc_7914

Dsc_7925

Dsc_7950

Dsc_8009

Dsc_8029

後半に入り、ポジションを前に上げ、攻撃に絡む回数が増えてきた森。

Dsc_8052

Dsc_8095

Dsc_8098

Dsc_8124

相手の激しいタックルを受けレフリーにファールをアピールするものの、判定はプレーオン。

日本ではファールをとってもらえたシーンでも、オーストラリアではとってもらえない事が多く、森本人も、選手としてさらにレベルアップするには、この球際での激しさをさらに伸ばす必要があると語っていました。

Dsc_8238

前後半終えて両者とも得点がなく、試合は延長戦へと突入します。

Dsc_7988

延長に入り、Port Kemblaが2つの決定的なチャンスを作るものの、桑田の神がかり的なセービングにより得点は生まれず、試合はPK戦へと突入します。

Dsc_8269

Port Kemblaの最初のキッカーのPKをセービングする桑田。

Dsc_8308

2人目のPKも、桑田が鋭い読みを見せ、見事に阻止します。

しかしそんな桑田の大活躍にもかかわらず、Bulliの2人目から4人目のキッカーがPKを外し、Port Kemblaが、2017ファイナルシリーズのチャンピオンの栄光を手にしました。

Dsc_8422

優勝が決まった瞬間、喜びをピッチ上で爆発させるPort Kemblaの選手達。レギュラーシーズン5位からのファイナルシリーズ躍進劇に、本人達も信じられないといった様子です。

Dsc_8434

この試合でBulliが勝利していれば間違いなくMOM(マンオブ・ザマッチ)に選ばれていたであろう、試合を通じてスーパーな活躍を見せた、桑田祐也。

試合後のインタビューで森京次も、桑田の上手さには脱帽していました。

Dsc_8450

準優勝メダルを授与される時には、笑顔を取り戻した桑田。誰もが認める、このリーグのナンバーワンキーパーです。

Dsc_8456

足首に爆弾を抱えながらも120分フルにプレーし、最後まで運動量が落ちなかった森京次。

延長後半に見せた弾丸ミドルシュートは、惜しくも桑田のスーパーセーブに阻まれたものの、攻撃面より守備面での活躍が光った試合となりました。

Dsc_8512

We Are The Champions ~!

Dsc_8538

今シーズンから新監督を迎えた新体制の中、シーズン開幕前の現実目標がファイナルシリーズ進出だったPort Kemblaだけに、Port Kemblaのプレジデントの喜びもひとしおです。

Dsc_8542

優勝メダルを首にかけながらのインタビュー。興奮がまだ覚めやらぬ中、この試合だけでなく、今シーズンを振り返ってみての感想も語ってもらいました。

【このグラウンドファイナルの模様と、その次の日のパーティー(?)の模様が、地元のニュースで放映されました。↑】

オフシーズンには日本に一時帰国し、足首の治療に専念する予定の森。来シーズンは、さらにパワーアップした森の姿を見れることに期待したいと思います。

豪州フットボーラーズ