2018年7月10日 (火)

(オーストラリアサッカー)風間八宏監督の【技術解体新書】を読んでみた

2012年から2016年まで川崎フロンターレで監督を務め、2017年シーズンからは名古屋グランパスの監督を務める風間八宏監督。

独自の理論で築き上げた攻撃的サッカーで、フロンターレをリーグ優勝にも導いた風間監督ですが、実は約4年前、短いながら、風間監督と一緒に時間を過ごす機会を頂きました。

10710623_10152710804447324_92102842

2014年に、シドニーで行われたACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)でのウェスタンシドニー・ワンダラーズとの記者会見を、この時、全く通訳経験がなかった宮下が担当。

元々はフロンターレのリエゾンオフィサー(主催側との情報連絡役と調整役)として帯同したはずが、いつのまにか公式記者会見の通訳まで任されてしまったという、自分のサッカービジネスの分岐点となった、忘れる事のできない4日間となりました。

移動のバスで、僕のちょうど後ろに風間監督が座っていたので、シドニーの街についてや、オーストラリアの国内サッカー事情などを、色々と聞かれた記憶が。

その中でも、【シドニーの中心部で美味しい中華料理屋はどこ?】と聞かれたのが、なぜか未だに一番印象に残っています。

その時、どこの店をお勧めしたのは覚えていませんが、【風間監督=中華料理好き】という図式が、僕の中ではできあがりました。

36941142_10156262104872324_52688865

そんな個人的な出会いがあってからは、風間監督が監修主筆 した本は、必ず読むようになりました。

そして今回、地元の本屋で手にしたこの一冊。

【技術解体新書】

 「止める」「蹴る」「運ぶ」「外す」「受ける」の5つの風間理論を解読した究極の技法書。

サッカーの一つひとつのプレーには、絶対的な「正解」は存在しないと言われる中で、様々な指導者が独自の理論を築き上げ、その正解に少しでも近づこうと努力する。

風間監督も、そこに近づくために、色々な考えを持ちながら、サッカーにアプローチしているという事を、この本から読み取る事ができます。

人生も同じ。「正しい人生」とは誰にも分らないし、決まった行動をとらなければならない唯一の正解もない。

しかし、その「正しい人生」の答えに少しでも近づく為に、それぞれが自分の目標、価値観を持ち、日々努力をする。

すこしばかり哲学的な内容になってしまいましたが、要するに、サッカーと人生は似たようなものだという事を、言いたかったわけです。

10353513_10152493822837324_26411340

という事で、僕もサッカーを人生にシンクロさせながら、サッカーを通じて正しい人生の道を、とことん追求していきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

コメント