2018年9月18日 (火)

(オーストラリアサッカー)14歳の短期留学生・及川瑠月

東京から来た14歳の少女、及川瑠月さん。

約1週間という短い期間の中で、多くの事を経験し、学ぶことができた、シドニーでの短期留学となりました。

1

サッカーの練習へ向かう車内で。

18d0c8101ed66d1375c2ada221e75937jpg

他の短期留学生と共に、宮下の【海外で生き抜くために必要な能力&英語の学習方法】と題した講義を、真剣(?)に聴講する及川さん。

Img_0791

オーストラリアのセミプロリーグを観戦後、選手達と撮影。

Img_0794

サッカーグラウンドに隣接するビーチを散策。

Img_0801

【豪州ソリューションズオフィス&選手寮】で、焼き肉パーティー。

Interview_v200_00_03_23still169

NPL2(州3部)に所属する、St George FCの、15歳以下のチーム練習に参加。

Interview_v200_07_39_20still196

Interview_v200_22_49_00still205

Interview_v200_25_22_08still210

0

Interview_v200_02_49_03still181

Australiasian Soccer Academyのヘッドコーチ、Tony Bashaさんとハイタッチ。

Interview_v200_04_37_10still183

Interview_v200_07_20_11still194

及川瑠月さんのインタビュー

Q.オーストラリアのサッカーはどう感じましたか?

オーストラリアのサッカーは縦への仕掛けがはやく、展開がはやかったです。そのスピードの中でも、テクニックなどの個の力が求められていました。

Q.どういうことを意識してプレーしましたか?

天然芝のグランドがほとんどだったので、いつもよりパススピードをはやくすることを意識していました。

また、男子の中では、フィジカルが強く、プレススピードがはやい相手だったので、判断をはやくし、体をあてられる前に、次のアクションを起こして簡単にボールを失わないようにしました。

守備では、相手にボールがはいってから奪いにいくのではなく、ボールがはいる瞬間を予測しインターセプトを狙いました。

女子チームの中に入ったときは、周りを使って崩したり、ドリブルでチャレンジすることを常に考えてました。

Q.クラブチームやアカデミーの雰囲気はどうでしたか?

性別や年齢、出身関係なく、同じスポーツ、サッカーをしている一員として接してくれて、とてもフレンドリーでした。

また、相手でも上手いプレーをしたら、拍手をしたりするところがすごく印象的でした。

Q.英語でのコミュニケーションにチャレンジしてどうでしたか?

語学学校では色々な国の人が学びに来ているので、色々な人と話せていい経験になりました。

サッカーでは、コーチの言葉全てを理解するのは難しいので、わかる単語や表情、ジェスチャーなどで、指示を理解するようにしていました。

Q.オーストラリアの生活はどうでしたか?

近くに、人工芝のサッカーグランドがあり、いつでも好きなときに行って、サッカーができて、楽しかったです。

最初、電車に戸惑いましたが、すぐに慣れ、1人でも乗れるようになりました。

Q.オーストラリアサッカー留学を通して学んだこと(感じたこと)を教えてください。

文章を日本語で整理して英語になおすのではなく、ネイティブの人が使う英語の文章をそのまま覚えて、自分のものにしていくことが大事ということがわかりました。

サッカーでは、まず、ボールを失わないためのフィジカルをつけないと、テクニックなどの自分の持ち味を発揮することはできないということがわかりました。

将来、海外でプレーするために、今回の留学で学んだことを活かして、努力していきたいと思います。

【日豪フットボールアクション】

中学生オーストラリアサッカー留学 及川瑠月さんのインタビュー より引用

42059617_412842179243621_2309397768

シドニーでの最終日には、この期間、多くの時間を共に過ごした西野チャレンジャーと、LINE交換も!

41948724_475632762918853_1915274587

シドニー空港で出発前に。

こうやって並ぶと、親子と勘違いされてもおかしくないぐらい、歳の差を感じるこの二人。

日本では全く接点がないであろう、この二人の留学生が、【豪州ソリューションズ】のサッカー留学生として、一緒にボールを蹴り、食卓を囲む。これもまた、この留学プログラムの魅力とも言えるでしょう。

豪州フットボーラーズ

コメント