2018年10月30日 (火)

(オーストラリアサッカー)大会に向けた親善試合・アフガニスタン戦

大会に向けた親善試合の第三戦目は、アフガニスタンチームと行いました。

400_00_08_18still017

2018シーズン、Balmain Tigersの守護神として活躍したベテラン、藤原弘樹

400_00_11_22still018

2018シーズンのState League MVP、そして2019シーズンはNPL2のBankstown Berriesと契約した、犀川稔久

400_00_13_11still019

2018シーズン、NPL2のRydalmere FCでプレーした、近藤太

400_00_23_23still021

プレシーズンに足を骨折し、2018の半シーズンを棒に振るものの、そこから奇跡の復活を遂げた日高貴裕

400_00_42_03still022

来豪二日目の期待の18歳、吉本青空(よしもと・そら)

400_00_21_02still020

そしてこの日、人数がギリギリという事で、39歳のおっさんプレーヤー、宮下忠士もメンバー入りします。

若いプレーヤーが多いので、よほどの事がないかぎりこの試合での出場機会はないだろうと、ベンチから戦況を見つめていた宮下。

しかし前半20分、ガス切れを起こし、苦しそうな表情を見せている吉本青空から、交代を要請するシグナルが飛んできます。

そして結局、この試合で宮下は、40分以上もプレーをする事に(笑)。

試合後は全身がボロボロで、歩くのもままならないほど。

しかし、やはり外で見ているよりも、自分がプレーする方がまだ楽しいなと、実感する事のできた時間となりました。

【シドニー日本チーム対アフガニスタンチームの試合模様は👆から】

400_04_52_06still023

試合後、アフガニスタンチームのキャプテンである、Ehsanと情報交換。

彼は元NPL1のプレーヤーで、現在ドイツでプレーしている齊藤晃義と、Parramatta FCでチームメイトだったそうです。

400_04_59_09still024

オーストラリアのサッカー界でビジネスを行っていくには、こういったネットワーキングも、とても重要になってきます。

400_05_47_05still026

最年少にも関わらず、試合開始早々ガス欠になり、宮下に40分以上のプレーを余儀なくさせた吉本青空18歳。とりえあず彼には、一週間の走り込みを課しておきました。

Img_1098

悪天候にもかかわらず、グラウンドに集結してくれた選手達。

次は親善試合最終戦、対中東&アフリカ連合チームとの試合の模様を、お届けします。

豪州フットボーラーズ

コメント