2018年12月13日 (木)

(オーストラリアサッカー)アマチュアリーグでサッカーをしながら英語を学ぼう!

2019シーズン、オーストラリアのアマチュアリーグ(オーストラリアの6部相当)で、僕(宮下)と一緒にプレーする選手を募集しています。

一応、トライアルはありますが、よほど実力がない場合を除き、僕の力でなんとかねじ込んじゃう事が可能です。(笑)

シーズンが4月から9月までの6か月間で、リーグ戦は22試合、その他、カップ戦を入れると、合計30試合ぐらいはプレーできます。

サッカーを楽しめる事はもちろん、ローカル(現地)の友達も多く作れます。

そしてなんといっても、生きた英語を学ぶことができるという事が、一番のメリットです!

僕自身、オーストラリアへ来た当時は、全くと言っていいほど、英語が喋れませんでした。

しかしサッカーを通じて多くの人々に出会い、彼らとの触れ合いを通じて、英語を上達させる事ができました。

それだけでなく、現在は、サッカーで学んだ英語を使って、サッカーの仕事に携わっています。

僕自身、TOEICやTOEFLいった類のテストを受けたら、その辺の受験生よりも点数が低いかもしれません。

ただ、サッカー英語に関しては、相当勉強してきたという自負があります。

その結果、国際大会であるACL(アジアチャンピオンズリーグ)の通訳といった仕事も、経験する事ができました。

Shinji_5Shini OnoKengo_2Kengo NakamuraKazama_2Yahiro KazamaToppo_2Tony PopovicDaigo_2Daio NishiNaomichi_2Naomichi UedaMakino_3Tomoaki Makino

僕より英語がうまい日本人なんて、シドニーにもざらにいます。

しかし自分が好きな分野、得意な分野の英語をとことん極める事、すなわち僕にとっては、サッカー英語を極める事が、他人との差別化になり、自分の武器になると考え、今まで勉強をしてきました。

もちろん、こういった通訳の仕事を経験する事ができたのは、実力だけではありません。運であったり、タイミングが重なり合っての結果です。

そういった事を全部踏まえて、今後英語を使ってサッカーに関わっていきたいと考えている人に、僕の今までの経験とノウハウを伝えようと思います。

以上、ローカルの友達を作る事ができ、生きた英語を学ぶことができ、宮下のサッカー英語勉強法、そしてサッカービジネスで食べていく方法を知る事ができるという、メリット満載のこのアマチュアサッカープログラムへのご参加をご希望の方は、今すぐお問い合わせください!


【2018シーズン、アマチュアリーグのカップ戦での、宮下の模様】

豪州フットボーラーズ

コメント