2019年3月16日 (土)

(オーストラリアサッカー)選手専属カメラマン

サッカーフィールドに立つ22人の選手達。

その中で、1人の選手だけにフォーカスして、90分間撮り続けるカメラマンなんて、ヨーロッパのトップリーグでもあまり聞いたことがないですよね。

そんな、選手からしたら超贅沢(?)なカメラマンを、今日はこの宮下が担当してきました。

NPL 2 NSW 第3節、Blacktown SpartandsWestern Sydney Wanderersの試合、Blacktown Spartandsに所属する、徳野舜選手が、その主人公です。

Dsc_2063

Dsc_2079

Dsc_2080

Dsc_2084

Dsc_2099

Dsc_2103

Dsc_2104

Dsc_2105

Dsc_2106

Dsc_2107

Dsc_2131

Dsc_2245

Dsc_2246

Dsc_2247

Dsc_2248

Dsc_2249

Dsc_2250

Dsc_2251

Dsc_2252

Dsc_2253

Dsc_2254

Dsc_2259

Dsc_2282

Dsc_2288

Dsc_2298

Dsc_2309

Dsc_2324

Dsc_2337

Dsc_2345

Dsc_2350

Dsc_2362

53825907_291419078192287_5776099584

カメラマンに徹すると、試合を楽しめないというデメリットがあります。しかし良いショットを撮れた時の喜びは、計り知れません!

この試合の徳野は、Blacktown Spartandsが、なぜ彼と契約したのかという事を説明するには十分すぎる位の、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

僕の大称賛にも関わらず、反省点しか見つからなかったと、試合後に語ってくれた徳野。

口先だけのプレーヤー、自画自賛するプレーヤーもいる中、彼は正反対。そして人間性も素晴らしい。

LINEのやりとりをとっても、本当に礼儀正しく、常に感謝の気持ちを伝えてくる。

そんな徳野舜だからこそ、僕は彼の専属カメラマンを務めるのです。

サッカー選手である前に、リスペクトされる人間である事。

チャレンジャー達はこの考えを忘れずに、日々のトレーニングに励んで欲しいと思っています。

豪州フットボーラーズ

コメント