2019年6月 2日 (日)

(オーストラリアサッカー)浪田恵莉のNPLデビュー戦

待ちに待ったこの瞬間。

この舞台でのプレーを目標に、今まで約5か月間、厳しいトレーニング、そしてリハビリ生活に耐えてきた。

Dsc_8740

日本から応援してくれている家族、友人がいるからこそ、この異国の地で頑張れている。

Nepean FC 浪田恵莉(20)

2019年6月2日、NPLデビューを飾った。

Dsc_8750

日本の育成システムで培った、そのテクニック。

柔軟なトラップと相手の逆を取るドリブルで、パワフルなオージー選手達を翻弄していく。

Dsc_8803

もう一人の日本人選手もデビューを飾るが、SMSには出たくないとの事なので、後ろ姿だけ(笑)。

Dsc_8808

数多くのオーストラリア代表を生み出して来た名門クラブである、Marconi Stallions。

このクラブが本拠地とする、オーストラリアサッカーの聖地とも呼ばれていMarconi Stadiumが会場となったこの試合で、観客の目を最も引いたのは、紛れもなく浪田のプレーであった。

Dsc_8837

ポランチのポジションでプレーした浪田

試合を通じてポゼッションで押され気味だったNepean FCだったが、彼女のロングパスから数少ないチャンスを作り出す。

Dsc_8843

久しぶりにこのレベルの女子の試合を観戦したが、日本人女子選手では太刀打ちできないと思ってしまう程の、オーストラリア人選手のパンチ力を目の当たりにする事ができた。

Dsc_8861

この体形にしてパワーがあるのはもちろん、驚くぐらい走れてしまうのが、オーストラリア人選手。

Dsc_8911

Dsc_8920

Dsc_8921

Dsc_8922

Dsc_8923

Dsc_8924

Dsc_8925

Dsc_8926

Dsc_8927

試合を通じて終始、笑顔でプレーした浪田。

ファールをされたシーンでもレフリーが、

【彼女がいくら楽しそうに笑っていようが、ファールはファールだ】

というセリフを、抗議する相手チームの選手に発する程、彼女の笑顔は際立っていたと言えよう(笑)。

Dsc_8953

Dsc_8962

Dsc_8963

Dsc_8974

ゴール正面からのミドルシュートから、サイドラインを駆け上がってのクロスまで、縦横無尽にグラウンドを駆け回った、この日の浪田。

Dsc_8997

Dsc_9009

相手ディフェンダーの執拗なマークにも関わらず、簡単にはボールを失わない。

Dsc_9015

試合は後半終盤まで0-0で進むものの、残り10分を残してNepean FCが失点。

このまま負けが濃厚かと思われたその時、

Dsc_9095

相手のハンドでNepean FCPKを獲得!。そしてキッカーは、

Dsc_9104

この試合がこのチームでの初出場となる、浪田恵莉。

Dsc_9112

そして皆の期待通り、ゴールネットを強烈に突き刺すシュートを決める。

Dsc_9115

Dsc_9124

(オーストラリアでプレーする、浪田恵莉のNPLデビュー戦後のインタビュー動画)

62143233_342774456340463_8738888533

この浪田の終了間際の初ゴールもあり、アウェイで貴重な勝ち点1を収めたNepean FC。

浪田にとっても、NPLでのデビュー戦を勝利で飾る事のできた、素晴らしい一日となった事であろう。

しかし敢えて、この日の彼女に注文を付けるとするならば、ピッチ上で常に笑顔でいるのではなく、時には怒りを体で表現し、大声で味方に指示する事も、徐々に身に付けていって欲しい。

それができるようになった時、更に上のステージでプレーできる可能性が、ぐっと近づくに違いない。

豪州フットボーラーズ

コメント