2019年9月17日 (火)

初トライアルで浴びた洗礼

オーストラリアへ来てから2週間目にして、初トライアルに臨んだ井上至臣

その前日に、草サッカーリーグで90分以上プレーしたものの、疲れをほとんど残さずにこの日を迎えた。

アップ後、直ぐに始まった紅白戦。

自分が得意とするポジションである、右サイドのミッドフィルダーでの出場だ。

2y0a7526

試合が始まってみて、気づいた事。

このグラウンドの照明が明るくないという事と、本人の視力がかなり悪いという事が重なり、ボールがよく見えない。

そして試合開始から約15分後、ルーズボールを争う際に、味方選手からタックルを食らう。

2y0a7621

幼少の頃からサッカーをプレーしてきたが、味方からタックルを食らうなんて、今までなかった。

これは、自分に対する、オーストラリアサッカーの洗礼と捉えるべきであろうか?

2y0a7625

それでも必死にボールを追い続けた井上。

与えられたチャンスを、決して無駄にしたくはない。

2y0a7661

2y0a7674

2y0a7586

他のほとんどの選手達がピッチ内に残る中、前半終了後、交代を命じられた井上。

そしてこの試合で、彼が再びピッチに立つことはなかった。

試合後は、気丈に振る舞っていたものの、その心中は複雑だったに違いない。

この日の苦い経験を、次にどう活かしていくのか?

九州男児の意地を、見せて欲しい。

豪州フットボーラーズ

コメント