2019年11月の7件の記事

2019年11月13日 (水)

今朝到着したニューチャレンジャー、宮本聖也

大東文化大学サッカー部出身の彼のポジションは、ゴールキーパ。

NPLでは2枠、イラワラリーグでは3枠しかない外国人枠。

その数少ない枠をゴールキーパーに割くチームは、あまりない。

実力が突出していない限りは。

2y0a5547

そんな無謀とも呼べるチャレンジの為、オーストラリアへ渡ってきた宮本。

2y0a5570

初日ながら、積極的に英語での指示を味方に出す。

2y0a5596

日本人選手らしく、基礎技術はしっかりしている。

2y0a5616

相当疲れたのか、トライアルから帰る車の中で爆睡していた宮本。

その表情からは満足感さえも見受けられた。

僕自身、彼がキーパーとしてどれぐらいのレベルにあるのか正直分からない。

ただ一つ言える事、それはこの男が真面目で誠実な人間であるという事だ。

宮本聖也がオーストラリアで素晴らしい経験を出来るよう、全力でサポートしていきたいと思う。

豪州フットボーラーズ

2019年11月12日 (火)

昨日ネットで購入した新しい望遠レンズが、今日のトライアル撮影に間に合いませんでした。

物凄く悔しい!!

明日のトライアルまでには間に合ってくれよー!

しかし有難い事に、写真そして動画撮影サポートは、選手達からだけでなく彼らの家族の方からも大好評です。

僕の会社のコンセプトは、

サッカー&メディア&英語

この3つのキーワードで来年もガンガン勝負します。

何度も言います。

サッカーチームを紹介するだけのサポートだけでは、これからは生き残ってはいけません。

画像、動画を使い、SNSを通じて選手達をブランディングする。

サッカー英語を通じて、活きた英語を教育する。

サッカーエージェント、留学会社で、今までここまでやってきた会社はないと断言できます!

僕はやります。

とことんやります。

他の誰にもが真似できない事を。

今さら誰に文句言われようが、嫌われようが関係ない。

自分の好きな事をやりながら、自分の周りの人、自分と関わっている人をハッピーにさせる。

それが僕の人生のコンセプトです!

2y0a5198

2y0a5218

2y0a5278

2y0a5304

2y0a5361

2y0a5423

2y0a5453

2y0a5467

2y0a5500

明日はどんな一日になるのかな?

楽しみとワクワクしかない!

豪州フットボーラーズ

2019年11月10日 (日)

まずはこちらの記事から読んでいただきたい。

犀川稔久の苦悩

2019シーズン、NPL2Bankstown Berriesでスタートを切った犀川だったが、移籍期間にNPL3のSD Raiders FCへの移籍を決意する。

選手達のモチベーションが低いNPL2のクラブでプレーするよりも、昇格争いに向かってやる気がみなぎっている、NPL3のクラブでのプレーを選んだのである。

この犀川の加入も手伝ってリーグ優勝を果たし、2020シーズン、NPL2への昇格を決めたSD Raiders FC。

クラブからも当然再契約のオファーを貰ったものの、直ぐにはイエスと言えなかった。

NPL1でのプレーを目標としている彼にとって、もう一年NPL2でプレーする事は果たして正しい選択なのであろうか?

少し考える時間が欲しい。

そうクラブには伝えた。

2y0a1558

再契約の話から数日後、犀川はこのクラブとの契約書にサインをした。

一年目、State Leagueでプレーしていた時の10倍近い給料。

NPL2では破格ともいえるこの条件を、クラブ側が提示してくれたのだ。

金額だけで決めたわけではない。

それぐらい自分を評価してくれている、そして必要としてくれている事に感動したからである。

2y0a1601

現在犀川は、フィットネスの専門学校に通いながらサッカーをプレーしている。

英語でフィットネスを学び、英語環境の中でサッカーに打ち込む。

もしオーストラリアに来ていなかったら、今頃自分は日本で何をしていたのだろうか?

今の生活が充実しすぎているからこそ、そんな事を考える事もしばしばある。

2y0a1639

日本では全く無名だった自分が、オーストラリアでサッカーで十分に生活できる給料を貰いながら生活している。

高校、大学時代に自分よりも上手かった同期達は、殆どサッカーを辞めているという現実。

サッカーができるのは日本だけではない。

そして何より、人生を豊かにさせる素晴らしい経験を海外でできるとしたら?

2y0a1666

将来的には日本の大学を回って、講演会を行いたいと考えている犀川。

自分のオーストラリアでの経験を、より多くの人達に伝えたい。

もっと多くの若者達が、海外に出てチャレンジして欲しい。

2y0a1669

この男がオーストラリアでのチャレンジを終えるとき、一体どんなストーリーを書き上げる事ができるのであろうか?

そのストーリーをより多く書く為に、僕は犀川を追い続ける。

豪州フットボーラーズ

2019年11月 9日 (土)

クラブからの連絡がひっきりなしに来る、この時期。

電話か携帯テキスト、もしくはフェイスブックを初めとしたSNSが主な連絡手段なのですが、今回は僕がクラブとどういったやりとりをしているか、少しだけ公開したいと思います。

日本語訳は付けないので、英語が分からない方は頑張って辞書を引いてください。(笑)

74615536_2398123220455101_582199344

2019シーズンに初めてマネージメント選手を送り、その選手が活躍してくれたクラブからのメール。

2020シーズンも同じぐらいのレベルの選手が来る予定だと伝えた途端、経歴もポジションも何も確認せずに僕の推薦(?)だけで、名も知らないその選手と契約をするとの事。

一応、サッカーで給料が発生するリーグです。

これは僕に対する絶対的な信頼なのか、もしくはそれだけチームに良い選手がいないのか、どっちにせよ、仕事としては一番やり易いクラブである事には間違いありません。

これで彼らの期待を大幅に下回る選手を送ったら、それ以降は確実に無視されるでしょうけど。(笑)

72278985_409213513349722_8619975113

以前に数人のマネージメント選手を送った事があるものの、ここ数年は誰も送っていなかったチーム。

連絡が来た彼に関しては、ほとんど面識もありません。

それなのに、自分たちは今まで大した事ない選手しか送ってもらっていないとか、

スーパースターを送れとか、かなり高圧的な態度。

ちょっとまってよ、一番のスーパースターを送ってあげたでしょ!

Dsc_5624

西村純。

もしかして、彼の事をスーパースターとして扱っていなかったのですか?

余程の事がないかぎり、このチームに選手を送る事はないだろうな。(笑)

74209747_584391485434061_3303267035

過去4シーズン程マネージメント選手を送ってきたものの、リーグ降格をしてしまったクラブ。

このクラブに新しく就任した監督からのメールです。

文章の出だしのHelloと、終わりの手を合わせる絵文字が凄く好印象!

僕自身クラブに対する愛着もあるだけに、是非良い選手を送りたいですね。


多民族国家であるオーストラリア、様々なバックグラウンドを持つサッカー関係者の方々を相手に、このようなやり取りを毎日行っています。

彼らとのやり取りの中で、日本人の常識からすると、??????という事も度々起こりますが、それも人生の醍醐味だと思いながらエンジョイしています。

やはり好きな事を仕事にして生きるって、最高ですね。

いつかこの様なサッカーの仕事をしてみたい!と思っている方、インターン生は常に募集していますのでお気軽にご連絡ください。

豪州フットボーラーズ