辰林暁 Feed

2016年11月11日 (金)

Arab Bank Australia Cup 2016の予選リーグ第3戦目の相手は、1戦目、2戦目に続き、またもや同じ中東国であるヨルダン。彼らも日本に勝てば予選突破の可能性を残しているだけに、フィジカルコンタクトを全面的に出してくる、プロレスを彷彿とさせる激しい試合が予想されました。

0q2a0071

引き分けでも予選突破が決まる日本にとっては、リスクを冒してまで攻める必要のない試合でしたが、ピッチに一度足を踏み入れたら、そこは戦場なわけであり、そんな事を考える余裕がありません。平均年齢が日本チームより高く、前の2試合で体力をかなり消耗しているヨルダンを相手に、日本は立ち上がりから積極的に攻めていきます。

0q2a0088

この大会の最年少プレーヤーであるシュンタ君15歳。今年の6月にイギリスからシドニーに引っ越してきたばかりですが、シドニーではNPL1のManly Unitedの15歳以下のチームに参加しており、そこでの彼のパフォーマンスを基に僕がこの大会で十分プレーできると判断した為、このArab Bank Australia Cup 2016に参加する事になりました。

0q2a0102

ソルリエーフサッカースクールに通う子供達と保護者の方達も、日本チームの応援に駆け付けてくれました。

0q2a0119

この左に映っているヨルダンの選手を含め、このヨルダンチームの半分位の選手とは、僕自身、7年程前に同じチームでプレーしていました。当時はキレキレなドリブルで相手ディフェンダーをチンチンにしていた彼を含め、当時のNSW State League Division2では圧倒的な戦力を誇っていたチームの主力であった彼らですが、寄る年波には勝てず、日本チームの若い選手達の動きに全くついていけません。

0q2a0175

0q2a0247

シュンタ君からの絶妙なクロスに、高い打点のヘディングゴールを決める川瀬浩太。このゴールが日本の先制点となり、その後も日本が試合を支配する時間が続きます。

0q2a0404

数年後にはこの大会でプレーしているであろう、ソルフィエーフサッカースクールの子供達も、日本人選手達のプレーを真剣な眼差して見ています。

0q2a0576

長石一真のドリブルでの中央突破。これには相手ディフェンダーもたまらず尻もち。

0q2a0583

0q2a0614

普通のプレーでは到底止められないと思われたのか、後ろから蹴られた上に、上から踏みつけれれる長石一真。このレベルでも、日本では到底味わえないサッカーの厳しさを味わう事ができます。

0q2a9023

0q2a9212

0q2a9444

0q2a9996

前半3点を挙げた日本に対し、後半終盤に2点を返したものの、最後の一歩で決勝トーナメントに届かなかったヨルダン。日本はこの試合結果により、準決勝に駒を進める事になりました。

Arab Bank Australia Cup 2016❹に続きます。

2016年11月 1日 (火)

昨年から個人的に親しいお付き合いをさせて頂いている、現在ウーロンゴンリーグの2部に所属するFernhill Foxesですが、今シーズンはなんとしても1部昇格の為に良い日本人選手が欲しいという事で、大阪体育大学出身の長石一真をシーズン途中から送り込みました。

レギュラーシーズンの一位にだけ与えられる昇格を目指し、長石の活躍もあってチームは快進撃を見せるものの、最終的には僅差で昇格を逃してしまいます。

レギュラーシーズンを終え、昇格の可能性は既に消滅したものの、ファイナルシリーズに駒を進めたFernhill Foxesは、レギュラーシーズンを1位で終えて、1部への昇格を決めているCorrimal Rangersと準決勝で対戦する事になりました。昇格チームを相手に、果たしてFernhill Foxesは意地を見せてくれるのでしょうか?

0q2a6831

チームの10番を背負う長石一真。大学時代はセンターバックを主戦場としていたものの、オーストラリアでは主にトップ下かストライカーとしてプレーし、レギュラーシーズンには一試合に6ゴールという得点力の高さも見せつけました。

0q2a6855

ターンを得意とする長石ですが、オーストラリアに来た当初に練習参加したチームの監督からは、そのあまりもの彼のクルクルと回る姿から、洗濯機とあだ名が付けられ、揶揄された時期もありました。しかし今は、このターンを武器に中盤で圧倒的な存在感を放つ長石を中心に、Fernhill Foxesが序盤から試合を支配します。

0q2a6932

もう一人の日本人選手であり、Fernhill Foxesの守護神である辰林暁。この日も安定したセービングでチームのピンチを救います。

0q2a6979

相手の足が飛んでくる中でも、ゴールマウスを守らなくてはいけないゴールキーパというボジション。この画像を見ると、キーパーがいかに大変なポジションか分かりますね。

0q2a7002

相手を掴みにかかる長石。

0q2a7078

しかし逆に、相手に投げ飛ばされます。当然ファールを貰えると期待するものの、

0q2a7079

審判が不敵な笑みを見せながら、両者に近づいてきます。これは結局、どんな判定となったのか気になりますね!

0q2a7107

いつの間にか終了のホイッスル!そして1-0の僅差でFernhill Foxesがリーグ1位のCorrimal Rangersを下し、決勝進出を決めました。

0q2a7140

Fernhill Foxesのプレジデントと抱擁を交わす長石と辰林。

0q2a7143

そりゃー嬉しいな!

0q2a7152

試合後のロッカールームは、どんちゃん騒ぎ!

0q2a7163

苦しい戦いを終え、大舞台に駒を進めたFernhill Foxesの侍達。1週間後の決勝では、チームを優勝と導く事ができるのでしょうか?

0q2a2241

決勝の舞台となったWin Stadiumには、メインスタンドが埋め尽くされる程の多くの観衆が集まりました。

0q2a2314

大観衆を前に、いつも以上に気合が入っている長石。

0q2a2342

相手を背負ってからの

0q2a2343

これはオーバーヘッドを狙ったか?

0q2a2363

ナイスキックと

0q2a2401

ナイスキャッチを見せる辰林。

0q2a2459

0q2a2487

試合を通じて2人の侍達が奮闘するものの、結局試合は1-0で敗戦、優勝にはあと一歩及ばず、彼らの2016シーズンは幕を閉じました。

0q2a2518

0q2a2531

この舞台での敗退は本当に悔しい。しかしこの悔しさをバネに、彼らには次のステップへと進んでほしいですね。

Ddfd

先日行われた、Fernhill FoxesのPresantation Nightにも招待され、参席してきました。

そのPresantation Nightでの一コマ。

Kaz

そして昨日、NPL2に所属するMounties Wanderers FCと2017シーズンの契約を交わした長石一真。給料もFernhill Foxesの時の約5倍、このリーグではトップクラスの破格の条件で、契約を交わす事ができました。このクラブの、彼への大きな期待が表れていますね。

Dfde

Mounties Wanderersのプレジデントと固い握手を交わす長石。

Fdfd

2017シーズンより、このクラブのトップチームの監督に就任したLee氏(写真右)。2016シーズンは同じリーグに所属するMacathur Ramsの指揮を執っており、このクラブでも萩原陽太郎がお世話になっていましたが、このMounties Wanderersへの就任が決まると同時に彼から連絡を貰い、一回目の練習、約20分のゲームで長石の今回の契約が決まった位、僕自身、彼とは強い信頼関係を築けています。2017シーズンも多くのチャレンジャーが渡航予定ですが、他のクラブともさらに強い信頼関係を築き、少しでもスムーズに選手の契約に繋がっていくよう、今後も各クラブのグラウンドに地道に足を運び続けていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2016年10月17日 (月)

Arab Bank Australia Cup 2016のレポート第2弾は、日本の予選グループ2戦目、イランとの戦いをお届けします。

0q2a7082

緒戦のレバノン戦よりもピッチコンディションが良いグラウンドで行われた第2戦、この試合で勝ち点3を取れなければ予選通過がかなり厳しくなってくる状況で、絶対に勝ち点3を取りたい日本は、緒戦と同じスターティングメンバーでこの試合に臨みました。

0q2a7088

金沢大学サッカー部出身の河端海。一試合目のレバノン戦に続き、センターバックのポジションに入りました。

0q2a8784

河端とセンターバックのコンビを組んだ川瀬浩太。今シーズン、公式戦でシドニーFCとの試合も経験した川瀬からは、頼もしさをも感じる事ができました。

0q2a7513

試合開始のホイッスルから攻撃的に出た日本は、前半早々に先取点を上げます。

0q2a7541

ピッチコンディションが良いだけに、日本チームがやりたいパスサッカーが上手くはまったこの試合、相手のカウンター攻撃に何度かヒヤリとさせれれる場面があったものの、日本が終始ゲームをコントロールし、前半に更に追加点を挙げます。

0q2a7588_2

0q2a8502

やはり攻撃の中心となるのは、このBlacktown Spartandsコンビ。

0q2a7910

0q2a8213

後半にも2点を挙げた日本が4-0でイランに快勝し、決勝トーナメントへ一歩近づいた試合となりました。

Arab Bank Australia Cup 2016❸に続きます。

豪州フットボーラーズ

2016年10月 9日 (日)

Australia_cup_2016

一ヶ月以上前に行われたArab Bank Australia Cup 2016ですが、日本への出張も重なり今までレポートできずにいましたが、今後数週間にかけてレポートをしていきます。

0q2a5710

大会当日、集合時間の午前9時に、一人も遅れる事なくグラウンドに集まった日本選抜チーム。この日は殆どのカテゴリーの最終節が行われたという事もあり、40人近いマネージメント選手がいるのにも関わらず、ギリギリの13人の選手を集めての大会への出場となりました。

0q2a5734

この大会に出場した日本選抜チームのメンバー。予選は15分ハーフの3試合、そして準決勝は20分ハーフ、決勝は30分ハーフと、決勝まで上がった場合は190分という長丁場を、この13人というギリギリのメンバーで戦わなくてはいけないという過酷な戦いを、彼らは勝ち抜いて行けるのでしょうか?

0q2a5803

12ヶ国が4つのグループに分かれてグループステージを戦い、各グループの首位と勝ち点が多い2位の1チームだけが決勝トーナメントに上がれるという、一つも負ける事が出来ない戦いとなった日本チームの緒戦の相手はレバノン。フィジカルと迫力で勝る彼らを相手に、日本チームはどのような戦いを見せてくれるのでしょうか?

0q2a5844

この大会の11番を背負っている、最年長34歳の西村純。今シーズンは所属チームがなかっただけに、この大会に向けて一ヶ月近くトレーニングを積んできました。

3つのグラウンドで行われたこの予選リーグですが、この緒戦が行われたグラウンドは3つの中でも一番ピッチ状態が悪く、日本チームが得意とするパスサッカーが出来ないだけでなく、相手が得意とするフィジカルの優位性を活かした放り込みサッカーが生きてくる為、ポゼッション率は若干日本チームが高いものの、これといった決定機を生み出す事ができずに試合が進んでいきます。

0q2a5867

左サイドバックでプレーした宮本靖史。彼自身185センチ近くあるものの、それ以上の身長とフィジカルの強さを誇る相手に、何とか食らいついていきます。

0q2a5989

攻撃の核としてチームを引っ張る10番、中村風太。

0q2a6064

守備のリーダーとして相手攻撃陣に殆ど仕事をさせなかった、川瀬浩太。

0q2a6170

前半10分、レバノンのスーパーミドルシュートが決まり、日本が失点を喫します。この瞬間、予選敗退という文字が一瞬僕の頭をよぎりましたが、その3分後、セットプレーのチャンスから長石一真がヘディングで同点ゴールを決めます。

0q2a6354

現役引退後、久しぶりにピッチに復帰した野村 直幸。

0q2a6443

他のNPL1の選手達とは、この日初めて一緒にプレーした長石一真ですが、彼らに決して見劣りする事のないパフォーマンスを見せ、彼のクオリティーの高さを見せてくれました。

0q2a6626

コミュニティーを背負っているという使命感からか、試合も当然ヒートアップし、後半には審判への暴言でレバノンが退場者を出します。

0q2a6820

数的有利になった日本ですが、そこから中々決定機を作る事が出来ず、結局1対1のドローで試合は終了。決勝トーナメントに進むには必ず勝ち点3が欲しい試合だっただけに、残りの2試合は必ず勝たなくてはいけない状況となりました。

0q2a6895

この試合で多くのファインセーブを見せ、安定したパフォーマンスを披露した辰林暁。日本の守護神を任された彼の活躍如何によって、日本チームの今後の運命は決まってくると言っても過言ではありません。

Arab Bank Australia Cup 2016❷に続きます。

(写真撮影:斉藤麻衣子)

豪州フットボーラーズ

2016年5月 8日 (日)

Illawarra Premier Leagueの一つ下のリーグに当たるWGC Cranes District Leagueですが、このリーグでも数人の日本人選手がプレーしています。この日は昨シーズンまでIllawarra Premier Leagueに所属していたBellambiと、長石一真が背番号10番を付けるFernhillのダービーマッチという事で、シドニーから観戦希望者を数人連れて、試合観戦に行ってきました。

0q2a9615

中盤のポジションでのスタートとなった長石一真。とにかくピッチで声を良く出し、そして相手チームのプレーヤ―にも積極的に絡んでいきます。この写真は一体どういったシーンだったのでしょうか?

0q2a9753

オーストラリアに来て初めて練習参加したクラブの監督をして、洗濯機の如くクルクル回るといわしめたターンはこの日も健在で、彼の圧倒的なキープ力を中心に、序盤からFernhillがゲームを支配する展開となります。

0q2a9758_2
開幕から6連敗中のBellambiの中盤で、一際目立った活躍をみせた菅野裕貴。Fernhillのキープレーヤ―である長石一真との攻防は見ものでした。

0q2a9856

そんな中、前半20分にBellambiが先制し、ゲームを支配していたFernhillに焦りが見え始めます。長石自身も菅野の徹底マークに苛立ったのか、この怒りの表情!

0q2a9922

0q2a9972

両者とも、絶対に勝ち点3を取りたいという気迫が、スタンドまでビシビシ伝わってきます。

0q2a0078

セットプレーでも菅野は長石を徹底マークします。

0q2a0092

そして後半の立ち上がり、Bellambiの日本人選手である長沼魁がピッチに投入されます。それにしてもこの監督のこのスマイルは一体なんなんでしょう?ちなみにこの監督、前半試合中に僕がBellambiのベンチ裏付近に移動したところ、試合そっちのけで、白いフェンスを跨いでわざわざ僕の所に挨拶をしにきたという、試合中の監督の行動としてはクエッションマークを付けざるをえないものの、写真からも分かるようにいい人オーラーを放っている、人情味の溢れた方です。

0q2a0131

このシーンは一体??

0q2a0155

なんとか同点に追いつきたいFernhillは、後半10分にゴールを上げ、試合を振り出しに戻します。

0q2a0258

同点直後のセットプレーのチャンスに

0q2a0259

0q2a0260

0q2a0261

ヘッドを空振り?

0q2a0262

0q2a0263

0q2a0264

0q2a0265

そしてなぜか地面に倒れこむ!シュミレーション狙いか?

0q2a0295

試合を通じて、相変わらずの安定感を見せた辰林暁。

0q2a0306

0q2a0359

0q2a0368

0q2a0442

オーストラリア人のフィジカルコンタクトに苦戦し、中々持ち味を出しきれない長沼。

0q2a0468

ポジション的にもプレースタイル的にもドリブラーではないものの、時折ドリブルをみせる菅野。

0q2a0486

0q2a0537

後半の終盤に入ると両チームの選手共に運動量がガタ落ちし、足をつる選手も出てくる中、後半20分当たりから両足をつりながらも気合でプレーを続ける長石。

0q2a0593

そして後半35分、サイドからの長石のクロスに反応した右サイドバックのシェーンがゴールネットを揺らし、Fernhillが試合をひっくり返します。

0q2a0599

得点を上げた右サイドバックのシェーンと抱擁を交わす長石。めちゃくちゃ嬉しそう!

0q2a0697

その後も長石のキープ力でなんとか残り時間を使いきったFernhillが、ダービー戦を制しました。

0q2a0835

誰の目から見ても一番ピッチで輝いていた男、長石一真が、この日のMOM(マン・オブザ・マッチ)に選ばれました。

英語のマッチレポートはこちらから

0q2a0911

この日プレーした選手と、観戦に駆け付けた仲間達。新しく来たばかりのチャレンジャー達も、この試合を観戦する事により、大きな刺激を受け、モチベーションを得ていました。

豪州フットボーラーズ

2015年7月23日 (木)

1925年に発足し、来年で90周年を迎える歴史あるクラブであるFernhill FC。現在、Illawarra Premier Leagueの下のリーグにあたる、Illawarra District Leagueに属するこのクラブで、今シーズン4人の日本人選手がプレーしています。

Dsc_0543

和田正宏

Dsc_9101

小幡和弘

Dsc_9972

小林弘典

Dsc_8865

辰林暁

Dsc_9386

14チームが競い合うこのIllawarra District Leagueでは、シーズン成績を1位で終えたクラブだけがIllawarra Premier Leagueに昇格できる権利を得れるシステムで、Fernhill FCは現在2位ながら1位のクラブと勝ち点が10点以上開いており、順位だけを見ると来シーズンの昇格は厳しい状況です。しかしながらこの昇格のさらなる条件として、規定を満たしたキャパシティーを持つグラウンドを確保していなくてはならず、現在1位のクラブがこの規定を満たしていない為、もしFernhill FCが2位で通過すれば、グラウンド規定を満たしているFernhill FCが、Premier Leagueへ昇格できるかもしれないのです。そういった状況で最低でもシーズンを2位で終わりたいFernhill FCは、3位との勝ち点も殆どない為、残り試合は一つの試合も落としたくないところです。

Dsc_0062

Dsc_0063

Dsc_0065

Dsc_0077

アウェイで行われたこの試合では、和田正宏のこのジャンピングニーアタックを彷彿させるこのシュートで同点に追いつき、さらに勝ち越すものの、後半終盤に失点し、2-2のドローという悔やまれる結果で終わりました。

Dsc_0647

今まで日本人サッカー選手が皆無だったこのリーグ、このクラブで圧倒的なパフォーマンスを見せている彼らのお蔭で、既にFernhill FCからだけでなく、彼らと対戦した他のクラブからも来シーズンの日本人選手獲得を希望する連絡が多く届いています。シーズン終了前には、このクラブのオーナーと、クラブと弊社との提携を含め、来季以降の日本人選手のリクルートに関するミーティングを持つ予定です。

豪州フットボーラーズ