カテゴリ「斎藤碧斗」の5件の記事 Feed

2019年2月28日 (木)

まだ18歳ながら、NPL1の強豪、Sydney Olympicの20歳以下のチームと今年契約、このチームの主力としてプレーシーズンを戦ってきた、斎藤碧斗(さいとうあおと

2週間前に行われた、同じNPL1に所属するManly Unitedとの練習試合では、トップチームの試合にもベンチ入りし、後半終盤の約15分間をプレー。トップのレベルでもやれるという手ごたえを掴んだ。

53084583_2234236013300321_485538995

リーグ開幕に向けて、絶好調なパフォーマンスを見せていたそんな斎藤に、アクシデントが襲い掛かる。

先週末に行われた練習試合で、相手のタックルを受けて前へ転倒した際に、鎖骨を骨折。

グラウンドに打ちつけられた瞬間に、【ポキッ】という鈍い音が聞こえたというぐらい、骨が折れた事がすぐに分かったという。

斎藤はオーストラリアでの海外傷害保険に入っておらず、もしオーストラリアでの手術費用や入院代を本人が負担すると考えた場合、その額は相当なものになると予想された。

日本へ帰国しての手術も考え、航空チケットを調べていたそんな矢先、Sydney Olympicから、今回のこの怪我のコストを、全て負担するという連絡が入る。

【トップチームの選手ならまだしも、僕みたいなアンダー20の選手に大しても、このクラブはここまでやってくれるのか】

その話を聞いた時の感動は、言葉にできないぐらいのものだった、と語ってくれた斎藤。

Sydney Olympicは、NSW州のサッカー協会に対して、このコストをある程度クレームできるらしいが、クラブ側が負担する額も、かなりのものである。

そこまで自分の為にやってくれたSydney Olympicに対して、彼ができること。

それは一刻も早く怪我から復帰し、ピッチの上で、チームを勝利に導くパフォーマンスを見せる事に違いない。

53150542_2275860252740336_684733462

53559999_259683708283134_2964700741

手術を無事終え、これから長いリハビリ生活が始まる斎藤。

この怪我をバネにして、サッカー選手としても、人間としても、今後さらに成長してくれると信じている。

豪州フットボーラーズ

2018年12月 7日 (金)

当初の予定では、13人の選手が来る予定でした。

しかし、急遽入ったトライアルによって来れなくなった選手が発生。

それにより監督の宮下、そして撮影の藤田を含めて、11人しか集まらない事態に!

来月40歳になるおっさんの宮下がフィールドに入り、そしてスニーカーしか持っていない藤田がゴールキーパーを守るという、ハンディキャップ(?)を背負ってのキックオフとなったシドニー日本チーム。

はたしてこの試合の結果はいかに?

47679770_2373774249331591_540496954

この日のシドニー日本チーム。

下は18歳から上は39歳という年齢幅がある中、 Lion Ahwaz チームを相手に、4-3というスコアで見事勝利を収めました。

48051544_489995491489885_5439966965

47574252_370403320171045_1429874585

撮影担当の藤田がゴールキーパーを務める事態に陥った為、残念ながら、試合の映像は全くありません。

それでも、試合後の選手達のこの表情が、この日の試合内容を物語ってくれています。

シドニー日本チームの活動は、まだまだ続きます!

豪州フットボーラーズ

2018年9月24日 (月)

2018シーズン、St George FCのU20チームでプレーした、神山元気、そして   South Coast Flame FCのU20でプレーした斎藤碧斗

この2選手が先週、NPL1に所属するSydney OlympicのU20チームと、2019シーズンの契約書にサインをしました。

42211174_1293171130814565_871257100

2018シーズンのNSW州NPL1チャンピオンである、Sydney Olympicトップチーム。

そのトップチームの選手達と、一緒にトレーニングする機会も多くなってくると思われるだけに、この環境で二人がどれだけ成長できるか、とても楽しみです。

豪州フットボーラーズ

2018年5月 1日 (火)

17歳のチャレンジャー、斎藤碧斗(さいとうあおと)。

松本山雅ユース出身の彼は、高校生という身分ながら、昨年末にオーストラリアへ渡航。現在、NSW Stalte Leagueに所属する、South Coast Flamesの20歳以下のチームでプレーしている。

0

初めて会った時の印象は、

【おとなしい】

こんなにおとなしくて、オーストラリアでやっていけるのか?と、その時は思ったし、プレー自体も特に印象には残らなかった。

しかし、それから約半年近くたった今、斎藤は覚醒した。

6

South Coast Flamesと契約してからは、全て自分でチームの関係者とやりとりをし、チームメイト達とも積極的にコミュニケーションを図るといった、オフ・ザ・ピッチでの振る舞いだけでなく、

ピッチ内でも、【そんなキレキレのドリブルを持っていたのかよ!】とついつい叫んでしまいたくなるようなドリブルで、相手ディフェンダーを切り裂く姿を、見られるようになった。

8

17歳という、スポンジのような吸収力を持つ年齢で、オーストラリアでチャレンジーしている斎藤。

そんな彼の、サッカーの技術だけでなく、人間としても成長している姿を目の当たりにした時、もっと多くの日本の若者たちに、このようなチャレンジの機会を与えてあげたいなと、改めて強く思った。

【斎藤碧斗の動画は👆から】

 

【斎藤碧斗の動画②は👆から】

0_2

【スポーツを通じて、人間力を高め、国際的に活躍できる人材を輩出する】

このような教育組織、プログラムを作る事が、今後の僕の目標である。

豪州フットボーラーズ