カテゴリ「斎藤碧斗」の7件の記事 Feed

2019年7月 1日 (月)

サッカーはあまり詳しくない、そしてスポーツ撮影も殆ど経験がない。

そんな二人の女性フォトグラファー達が撮影した、先週末に行われた試合の写真です。

寒い中、重い望遠レンズを持って、一生懸命にシャッターを押し続けてくれました。

0q2a0520

NPL3に所属する、Parramatta FCのU20チームプレーをする、古川龍星竹内瑞季

チーム加入後からずっとスタメンで出場していた二人。

しかしこの日、古川はベンチスタート、そして竹内の姿はベンチにも見えません。

それにしても寒い!

10度近くまで気温が落ちたこの会場で、膝に毛布を掛けて試合を観戦する観客も、多く見られました。

0q2a0693

家で鍋でもつつきながら、テレビでも見ていたい、真冬の土曜日の夜。

こんなに冷え込んだ夜に撮影に来て、サポート選手が全く試合に出なかったら、相当辛いです。(笑)

ハーフタイムに、ピッチ上でアップする古川のもとへ行き、試合に出れるのか聞いてみると、

【監督から後半に出すと言われました!】

との返事が返ってきたので、とりあえず寒さを我慢して待ってみる事に。

仮に、

【今日は出るかわかりません!】

なんて言われた時には、速攻家に帰っていたでしょうね。(笑)

0q2a1025

後半25分過ぎに、やっと出てきた古川。

0q2a1138

出場した20分余りの時間も、ほとんどボールに触れる事がなかった為、結局彼のプレー写真はこの2枚のみ。

サポート選手の皆さん、撮影チームが来た際には、チームメイトに多少文句を言われても、なるべくボールを長く保持するようにしてください!(笑)

Dsc_1335

そして日曜日の午後に行われた、NPL1に所属する、Sydney OlympicのU20の試合。

こちらは斎藤碧斗神山元気が揃って、スタメン出場しました。

Dsc_1449

Dsc_1501

Dsc_1528

Dsc_1593

サッカーの写真を初めて撮影した事を考えれば、素晴らしいクオリティーですよね?

Dsc_1741

U20に続いて行われた、ファーストの試合に出場した、安真也

こちらはカメラの設定がうまくいかず、このような暗い写真しか撮れませんでした。

Dsc_1771

Dsc_1778

62454860_2229965397058772_706874599

ここから3枚は、オフィシャルフォトグラファーによる写真。

もちろん望遠レンズの違い(彼らが使っているのは100万円以上する高価なものに対し、僕のは10万円程度のもの)もありますが、それでも似たようなクオリティーの写真は撮れるはずです。

65440186_2229963507058961_823879042

65661363_2229963617058950_306546181

僕自身も、写真撮影に関しては、まだまだ勉強中の身。

今後も引き続き、オフィシャルフォトグラファーに負けないぐらのクオリティーを目指して、彼女達と共に成長していきたいと思います。

豪州ソリューションズ

2019年3月26日 (火)

Aリーグが創設される以前に、オーストラリアのトップリーグリーグであった、NSL(National Soccer League)に所属し、今まで40人以上のオーストラリア代表選手を輩出した名門クラブである、Sydney Olympic

昨年のNPL1 NSW王者でもあるこのクラブのU20(実質2軍)に、二人の日本人選手が、現在所属しています。

12

2018シーズン、NPL2に所属するSt George FCのU20で、主力として活躍した神山元気(19)

28312627_10155916653087324_20607571

NSW State Leaugeに所属するSouth Coast Flameで、2018シーズンをプレーした、斎藤碧斗(18)

U20が主戦場だったものの、トップチームでも起用されるぐらい、卓越したパフォーマンスを見せました。

42211174_1293171130814565_871257100

Sydney Olympicとの契約書に、サインをする二人。

【プレシーズンマッチでの、二人の日本人選手の模様】

53559999_259683708283134_2964700741

プレシーズンではトップチームの試合にも起用されるなど、クラブから大きな期待を寄せられていた斎藤。

そんな彼に、予想だにしなかったアクセントが襲い掛かります。

開幕戦を目の前に控えた練習試合で、相手ディフェンダーのタックルを食らい、そのまま前のめりに地面に倒れこんだ勢いで、鎖骨を骨折。

そのまま病院送りとなり、次の日には手術を行いました。

最低でもピッチに復帰するまでには、3か月を要するであろうと言われている今回の怪我。

そんな状況でも、本人は既に気持ちを切り替え、毎日のリハビリに励み、そして可能な限りチームの練習にも足を運んでいます。

一方の神山は、先週行われた試合で今シーズン初ゴールを記録し、チームの勝利に貢献。

その素晴らしいゴールシーンを、下の動画からご覧ください。

【神山元気の決勝ゴール】

U20からトップチームに昇格するのは、オーストラリア人選手でも簡単ではありません。ましてや枠が2枠しかない外国人の場合、そのハードルの高さは相当なもの。

しかしこのクラブでプレーするからには、そこまで目指して、彼らには毎日のトレーニングに励んで欲しいと思っています。

豪州フットボーラーズ

2019年2月28日 (木)

まだ18歳ながら、NPL1の強豪、Sydney Olympicの20歳以下のチームと今年契約、このチームの主力としてプレーシーズンを戦ってきた、斎藤碧斗(さいとうあおと

2週間前に行われた、同じNPL1に所属するManly Unitedとの練習試合では、トップチームの試合にもベンチ入りし、後半終盤の約15分間をプレー。トップのレベルでもやれるという手ごたえを掴んだ。

53084583_2234236013300321_485538995

リーグ開幕に向けて、絶好調なパフォーマンスを見せていたそんな斎藤に、アクシデントが襲い掛かる。

先週末に行われた練習試合で、相手のタックルを受けて前へ転倒した際に、鎖骨を骨折。

グラウンドに打ちつけられた瞬間に、【ポキッ】という鈍い音が聞こえたというぐらい、骨が折れた事がすぐに分かったという。

斎藤はオーストラリアでの海外傷害保険に入っておらず、もしオーストラリアでの手術費用や入院代を本人が負担すると考えた場合、その額は相当なものになると予想された。

日本へ帰国しての手術も考え、航空チケットを調べていたそんな矢先、Sydney Olympicから、今回のこの怪我のコストを、全て負担するという連絡が入る。

【トップチームの選手ならまだしも、僕みたいなアンダー20の選手に大しても、このクラブはここまでやってくれるのか】

その話を聞いた時の感動は、言葉にできないぐらいのものだった、と語ってくれた斎藤。

Sydney Olympicは、NSW州のサッカー協会に対して、このコストをある程度クレームできるらしいが、クラブ側が負担する額も、かなりのものである。

そこまで自分の為にやってくれたSydney Olympicに対して、彼ができること。

それは一刻も早く怪我から復帰し、ピッチの上で、チームを勝利に導くパフォーマンスを見せる事に違いない。

53150542_2275860252740336_684733462

53559999_259683708283134_2964700741

手術を無事終え、これから長いリハビリ生活が始まる斎藤。

この怪我をバネにして、サッカー選手としても、人間としても、今後さらに成長してくれると信じている。

豪州フットボーラーズ

2018年12月 7日 (金)

当初の予定では、13人の選手が来る予定でした。

しかし、急遽入ったトライアルによって来れなくなった選手が発生。

それにより監督の宮下、そして撮影の藤田を含めて、11人しか集まらない事態に!

来月40歳になるおっさんの宮下がフィールドに入り、そしてスニーカーしか持っていない藤田がゴールキーパーを守るという、ハンディキャップ(?)を背負ってのキックオフとなったシドニー日本チーム。

はたしてこの試合の結果はいかに?

47679770_2373774249331591_540496954

この日のシドニー日本チーム。

下は18歳から上は39歳という年齢幅がある中、 Lion Ahwaz チームを相手に、4-3というスコアで見事勝利を収めました。

48051544_489995491489885_5439966965

47574252_370403320171045_1429874585

撮影担当の藤田がゴールキーパーを務める事態に陥った為、残念ながら、試合の映像は全くありません。

それでも、試合後の選手達のこの表情が、この日の試合内容を物語ってくれています。

シドニー日本チームの活動は、まだまだ続きます!

豪州フットボーラーズ