荒川晶平 Feed

2016年6月16日 (木)

フィールドプレーヤ―のレベルに比べて、遥かにレベルが高いと言われているオーストラリアリーグのゴールキーパ達。そういった事情を十分に熟知しながらもオーストラリアでのチャレンジを決心し、チャレンジをしつづけた男が、遂に彼が目標としていたピッチに立つ事ができました。

0q2a7184

小田侑太朗22歳。現役の慶応大学生である彼は大学のサッカー部には所属せず、東京都社会人リーグに所属するHBO東京でプレーをしながら、オーストラリアでのチャレンジを準備してきました。そんな小田ですが、オーストラリア渡航直前の昨年11月に試合で腰椎を骨折し、怪我が完治しない状態で、今年の1月にオーストラリアへ渡航してきました。

渡航後は複数のクラブの練習に参加するものの、170センチそこそこの日本人ゴールキーパーがオーストラリア人ゴールキーパーと勝負するには見た目の体格差が余りにも大きく、そして小田自身も怪我の影響から本調子ではないという事もあって、契約までの道のりは厳しいと思われましたが、そんな矢先に練習中に指を脱臼し、2月という大事な時期にまたもや怪我で練習さえも出来ない状況に陥ってしまいました。

そこからリハビリ生活が始まり、徐々に回復しつつあった3月の中旬頃から、プライベートキーパーコーチの指導を受けながらNPL3のクラブに練習参加する日々が続きます。既にシーズンが始まっているという事もあり、クラブ側からよい評価を受けたとしても契約までには至らず、移籍期間が始まる6月になんとかキーパーを探すチームが現れる事を祈りながらアマチュアリーグでプレーしていた6月8日、Illawara Premier Leagueに所属するShell Cove Barbarian FCの監督から、僕の元に一本の電話が掛かってきました。

「(プライベート)キーパーコーチのドラゴンから、日本人キーパーが一人彼の元でトレーニングを受けていると聞いた。彼と今すぐに契約したいのだが、直ぐに手続きを手伝ってくれないか?」

「確かにドラゴンの元で日本人キーパーはトレーニングしているけど、彼のプレーを観なくていいの?」

「彼のポジションはキーパーなんだろ?そうであれば問題ない。ドラゴンも彼はこのレベルでプレー出来るといっている。今、トップチームはおろそか、ユースにもキーパーがいないんだ。給料ももちろんだすよ。しかしながら今週の試合に出場するには、明日の昼までに選手登録手続きを終えないといけない為、今すぐに手続きを行って欲しいんだ。」

こんな流れでいとも簡単に、小田侑太朗のShell Cove Barbarian FCとの契約が決まったのです。

そして契約から三日後、小田はIllawara Premier Leagueのピッチでのデビュー戦を迎えました。

0q2a7074

試合開始から固さが見られた小田ですが、この舞台でプレーしているという喜びさえも伝わってきます。

0q2a7239

高さで不利な分、セットプレーでは危ない場面も。

0q2a7287

小田と同じ、Shell Cove Barbarian FCでプレーする小幡和弘も、不慣れな右サイドのミッドフィルダーのポジションながら、安定したプレーを見せます。

0q2a7304

そしてShell Cove Barbarian FCの中心選手である荒川晶平。元オーストラリア代表で、3年前にはNPL1のMarconi Stallionsで佐々木周の監督でもあった現Shell Cove監督のPaul Carter氏曰く、「十分にNPL1でプレーできる実力を持っている」との評価を受けている荒川は、この日も大雨の影響でボコボコのピッチ状態にも関わらず、圧倒的な技術を元に多くのチャンスを演出します。

0q2a7360

この指示を出している表情!

0q2a7434

チームの核である荒川がボールを持つと、相手も体ごとぶつけてボールを取りに行きます。

0q2a7449

相手の鋭いスライディングも、いとも簡単にかわしてしまう荒川。

0q2a7522

前半に失点を喫してからは見事な集中力を見せた小田。前半のうちにShell Coveが同点に追いつき、1-1のまま後半に突入します。

0q2a7556

この集中している表情!

0q2a7596

オーストラリアのどの試合でもよく見られる、乱闘直前のシーン。もちろん日本人選手が関与する事は殆どありません。

0q2a7673

後半に入り一進一退の攻防の中、残り5分でShell Coveが痛恨の失点を喫してしまい、呆然とゴール前で座ってしまった小田侑太朗。ペナルティーエリア内での混戦から、ゴール隅に決められたシュートだっただけに、小田にはどうする事もできませんでした。

0q2a7681

次の日に行われるカップ戦の為の温存策なのか、後半途中から、相手チームであるSouth Coast UnitedでFWとして出場した李東俊。

0q2a7729

出場時間が短く、この試合では特に見せ場がなかった李東俊ですが、去年NPL2でプレーしていただけに、このリーグでも十分活躍できる実力を持っている選手です。

結果的には1-2で敗れてしまい、自身のデビュー戦を飾れなかった小田侑太朗ですが、本人はこの試合で何を感じたのでしょうか?

小田のデビュー戦の感想です。

「練習参加もせず、チームメートもついさっき知り合ったばかりという状況と、リーグ自体のレベルもわからないままでの試合だったので、不安感はありました。実際に試合を戦ってみて、球際でかなり激しくくる、そしてそれをジャッジするレフリーの基準も違うという事を感じました。課題としては、やはりこの身長だと相手がどんどん放り込んでくるので、その対応策を考えていかなくてはいけないという事です。1失点目はパンチで逃げるべきでした。それと、裏への飛び出しがアマチュアリーグでプレーしていた時のFWよりも全然速かったので、前へ出れる、出れないの判断を良くしていく事がこのリーグでプレーしていく為には必要だと感じました。」

今後の小田の活躍に注目していきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2016年1月27日 (水)

このプロジェクトを立ち上げてから、一番忙しかったであろうこの1月は、短期留学の高校生を含め、なんと12人のチャレンジャーがシドニーへやってきました。そして昨シーズンからプレーしている選手を含め、現在マネージメント所属の選手の人数が40人を超え、車を新たに1台購入しただけでは間に合わず、先週末は8人乗りのワゴンを借りての遠征に行ってきました。

Dsc_0140

NSW州の1部、2部に関しては、ポイントシステムの影響で外国人選手が年々契約しづらくなっていて、数年前なら明らかに一回の練習参加で即サインできるレベルの選手達も、契約できずにいるのが現状です。オーストラリアの若手によりチャンスを与える為にと導入されたこのポイントシステムですが、逆にそのレベルに達していないユース上がりのオーストラリア選手がリーグでプレーする事により、リーグ自体のレベルが低下している感は否めなく、オーストラリアサッカーの発展にとって、メリットよりもデメリットの方が多いというのが、僕個人だけでなく、殆どの州1部、2部の監督達の意見でもあります。

Dsc_0151

数年前までは、NSW州1部のAPIAで活躍し、シドニーFCと契約、2シーズンプレーした森安洋文選手のように、外国人選手でも州リーグで活躍すればAリーグのクラブと契約できるチャンスはありました。しかしここ最近は、Aリーグの各クラブも5枠の外国人枠には、ヨーロッパや南米、アジアで活躍している、若しくは活躍していたプロとして実績のある選手のみを取ってくるようになり、実際、NSW州1部のBlacktown FCで3シーズンの間大活躍し、NSW州1部の歴史で一番の実績を残した外国人選手とも言われている宮澤龍二、昨年Blacktown Spartandsで活躍し、シーズンベストイレブン、年間MVPランキング2位を獲得した佐々木周でさえ、Aリーグのクラブからオファーがなかった事を考えると、州リーグでいくら結果を残そうと、外国人選手として州リーグからAリーグのクラブと契約するとう事は、殆ど不可能といってもいいかもしれません。

Dsc_0247

オーストラリアにチャレンジに来る選手達は、Aリーグでプレーをする事を現実的な目標としている選手から、サッカーで給料を貰えるレベルのクラブでプレーする事を目標としている選手、ヨーロッパへサッカーチャレンジをしに行く前の前段階として、海外のサッカースタイルを経験しながら、英語の習得をメインに考えている選手、そしてサッカーを通じて英語を学び、オーストラリアの文化を学ぶ事を目的としてる選手まで多種多様ですので、僕自身もそういった一人一人の目的にあったクラブ探し、そしてアドバイスを行っています。

Dsc_1117

2016シーズンの最年長チャレンジャーである西村純は、シドニーでの生活も約6週間が過ぎ、今日で34歳の誕生日を迎えました。仕事一辺倒の日本での生活から一転し、現在は英語学習とサッカー漬けの生活を送りながら、オーストラリア生活を楽しんでいます。正直サッカー選手としては、現在チャレンジしている選手達の中ではかなり下の部類に入るものの、それでも夢を諦めずに、夢に向かって毎日努力する姿は、若い選手達のお手本にもなっています。

Dsc_0507

梶山知裕22歳。関西のサッカー強豪校である関西大学のトップチームで試合に出ていただけあり、同じ関西大学出身の佐々木周の様に、今後オーストラリアで活躍するポテンシャルを十分に持っています。

Dsc_1692

毎年1月後半に行われているMaso Cupは、オーストラリア各地からマケドニアコミュニティーのクラブが一同に集まり、3日間にかけて優勝を争う大会です。今回はWollongongで大会が開かれ、NSW州1部のRockdale City Suns、NSW州2部のBankstown Lionsといった強豪クラブから、昨シーズンのIllawara Premier LeagueのチャンピオンであるWollongong United、同じリーグのShell Cove Barbarians、Cringila Lions、そしてニューカッスル、メルボルンのクラブまで、合計14チームが参加しましたが、多くの日本人選手達も契約選手、もしくは練習生としてこの大会に参加し、各クラブの関係者に自らのプレーをアピールする絶好の機会となりました。

Dsc_1156

Cringila Lionsでプレーする村下大地。アルゼンチン留学を経験し、スペイン語を多少なりとも駆使する彼は、チームメートとのコミュニケーションも問題ありません。

Dsc_1221

Dsc_1286

チームは惜しくも予選敗退。しかし彼のピッチ上でのテクニックは、一際目立っていました。

Dsc_1518

Dsc_1339

Wollongong Unitedと契約した、朝鮮大学出身でポーランドの4部でもプレーしていた、アン・ジニャ。左足の強烈なシュートとスピードを活かしたドリブルで、僕の中でも2016シーズンのIllawara Premier Leagueの得点王最有力候補ナンバーワンです。

Dsc_1384

小柄ながらも意外と強い当たり、そして高い技術力を持つ田所昇。現在、シドニー、そしてウーロンゴンの複数のクラブの練習に参加しています。

Dsc_1487

先ほど紹介したばかりですが、期待度が高いのでまた紹介します。スーパードリブラー、梶山知裕。NSWプレミアリーグのクラブの練習に参加中ですが、その他にも複数のウーロンゴンのクラブに練習参加し、既にいくつかのクラブからオファーを貰っています。先輩である佐々木周よりもドリブルは上手いですが、総合力ではまだ佐々木周が上。しかしながら彼を超えるポテンシャルを十分に秘めた選手です。

Dsc_1678

Bankstown City Lionsに練習参加中の堀滉二郎。

Dsc_1806

この試合の3日前にシドニーへ渡航してきた荒川晶平は、浜松大学サッカー部を卒業後、東京都社会人リーグ1部のHBO東京でコンスタントに試合に出場していた選手で、ヨーロッパでのチャレンジ経験もあるだけに、外国人を相手のプレーにも、多少なりとも慣れた感じが伺えました。

Dsc_1812

Dsc_1825

ゴールが決まってチームメートと喜ぶ、三羽悠矢。この試合の後、クラブからとてつもない額のオファーを受けるものの、現在保留中で他のクラブの練習に参加しています。

Dsc_1835

このクラブの監督は、元オーストラリア代表のポール・カーター氏。佐々木周がMarconiでプレーしていた時の監督でもあります。

Img_0491

試合後にこのクラブと契約を交わした荒川晶平。左はクラブのオーナーですが、写真は実物よりもかなりマイルドに写っています。実物はもっと迫力がありますが、実際は見た目によらずかなりソフトで良い人との評判です。

Dsc_2032

Dsc_2036

アン・ジニャの左サイドでのドリブル突破からのシュートはゴールネットに突き刺さり、観衆からは歓声が沸き上がりました。

Dsc_2089

この日参加した選手達の一部。朝から晩まで一日中会場にいました。

Dsc_7071

NSW州3部、Balmain Tigersの20歳以下のチームでプレーする長廉太郎。

Dsc_7073

Dsc_7075

Dsc_7259

Dsc_7572

同じチームでプレーする田中心晟

Dsc_7776

フォームは決まってるけど、

Dsc_7847

シュートの精度を上げないとな。

Img_0497

NSW州1部、Parramatta Eaglesの20歳以下のチームの練習に参加中の五木田悟。

Img_0500

契約が掛かったこの練習試合では、そこそこのパフォーマンスを見せていました。

Img_0550

同じHBO東京出身の五木田悟の練習を見たいという事で誘ったのに、スタンドの座席に座るや否や、深い眠りに落ちる西村純。

Img_0565

この試合後、晴れてこのクラブでの契約となった五木田悟。一軍でプレーするには、超えなくてはいけない課題が山積みですが、まだ19歳なので、伸びしろは十分にあります。

Img_0507

語学学校での西村純。女性の生徒に囲まれているせいか、五木田悟の試合の時の眠そうな表情とは全く違った、ものすごく楽しそうな表情を見せながら授業を受けていました。

Img_0521

我が家の黒犬と黒猫。仲はめちゃめちゃ悪いです。

明日もまた一人、日本から選手が到着します。この選手についても、また次回のブログで紹介したいと思います。

豪州フットボーラーズ