堀滉二郎 Feed

2017年7月21日 (金)

今年2月に行われた、日本チーム対Albion Park White Eaglesの試合の模様です。

1

2017シーズンに渡航した、ニューチャレンジャー中心の日本チーム。この日、初めて会うメンバーもいるという即席チームで、2016 Illawarra Premier Leagueファイナルシリーズのチャンピオンに挑みました。

15

2

シドニー渡航前に、J2に所属するロアッソ熊本の練習にも参加していた鎌田倖輔。19歳ながら、この日は強靭なフィジカルを持つオーストラリア人ディフェンダーを相手に2得点を記録。Albion Park White Eaglesの首脳陣に、強いインパクトを与えました。

4

最高気温が40度近くまで上がった猛暑の中でも、この試合を観にグラウンド負け駆けつけた、Albion Park White Eaglesサポーターのおっさん達。

5

一時、日本チームがリードする展開となり、Albion Park White Eaglesのベンチには緊張感が漂います。

6

高校時代、宮崎の強豪である日商学園サッカー部で10番をつけてプレーしていた伊奈祐二。サッカーから約2年ほど離れていたのにも関わらず、この日はフォワードとして約70分プレー、得点こそなかったものの、献身的動きでチームに貢献しました。

14


7

トップ下やボランチでプレーし、日本チームの中盤をコントロールした山本和也。彼の左足から繰り広げられるパスはまさにマジック!

8

13

ベンチに座っているメンバーも、みんな試合に出たくてしかたがない。そこをコントロールするのも、監督の役目です。

3

試合後、鎌田をはじめ、数人の日本人選手に興味を持ったAlbion Park White Eaglesの監督。

9

この試合の応援に駆けつけてくれた、堀滉二郎と安真也。

10

シンガポール、カンボジアでプロとしてプレーした経歴を持つ、清水一平の試合後のスマイル。

11

オーストラリア2シーズン目の西村純。この試合での彼のパフォーマンスは、この表情から察してください(笑)。

16

17

結局1点差で負けたこの試合、すべてはこの10番にやられました。2016シーズン、Illawarra Premier League最優秀選手賞を受賞した、奥野将平。

18

多くのプロを輩出している東福岡高校サッカー部でキャプテンを務め、東洋大学4年次には、関東大学リーグ2部のベストイレブンに輝いた徳市寛人。センターバックとしてプレーしたこの試合では圧倒的な存在感で、チームをけん引していました。

12_2

予想以上の日本チームの健闘に、Albion Parkの関係者も称賛を惜しみませんでした。この試合に出場したチャレンジャー達にとっても、このレベルのチームと対等に渡り合えたことが、相当な自信につながったと思います。

豪州フットボーラーズ

2016年11月30日 (水)

16ヵ国のコミュニティーチームが参加した2016 Futsal Alliance Cupが、11月20日に行われました。

2

日本は予選リーグで、ギリシャ、スペイン、イランと同じグループに入りました。グループの1位と2位だけが決勝トーナメントに駒を進める事ができますが、果たして結果はどうなったのでしょうか?続きは動画でご覧ください。

Interview_v100_08_28_23still019

Interview_v100_00_47_02still010

動画でご覧の通り、準決勝でオーストラリアにPKで負け、目標であった優勝トロフィーを手にする事はできませんでした。となりのコートで行われたもう一つの準決勝、タイとスペインとの試合では、敗戦に納得いかないタイの選手が器物を破損し、警察に連行されるという事態まで発生した位、各チームがそれぞれの国のプライドを掛けて、熱くぶつかり合いました。

Interview_v100_01_17_18still012

結果はともかく、シドニーに存在する各国のサッカーコミュニティーと繋がる事ができたこの大会、こういった場での新しい出会いは、本当に貴重なものであると再認識させられた一日となりました。

豪州フットボーラーズ

2016年4月 3日 (日)

今シーズンからNPL2に参戦しているWestern Sydney WanderersとBankstown Cityの試合は、Bankstown CityのホームであるJensen Parkに多くのローカルファンが詰めかけた中、互いに開幕3連勝中のトップ争いという事で、両者とも一歩も譲らない白熱した内容となりました。

0q2a7551_2

今シーズンよりBankstown Cityでプレーする堀滉二郎。右ウィングのポジションで出場したこの試合では、豊富な運動量と鋭いドリブルで、Bankstown Cityの攻撃を牽引します。

0q2a7561

元オーストラリア代表、そしてWestern Sydney Wanderersでは小野伸二と共にプレーしていたMichael Beauchampは、昨シーズンよりBankstown Cityでプレーしています。35歳というサッカー選手としては決して若くはない年齢で身体的な衰えは隠せないものの、豊富な経験とリーダーシップでチームを引っ張ります。

0q2a7582

右サイドバックのDarioは、堀滉二郎のコンビネーションで、右サイドから多くのチャンスを作りだします。

0q2a7599

Western Sydney Wanderersは、平均年齢が19歳に満たないという若いメンバーをピッチに送りだしてきましたが、アンダーの代表でプレーしている選手も数人おり、フルタイムでサッカートレーニングをしているた為、Bankstown Cityよりもボールを長く支配する時間が続きます。

0q2a7611

Bankstown Cityのサポーター達。マケドニアコミュニティーが母体となっているBankstown Cityという事で、彼らの殆どがマケドニアの移民2世、3世達ですが、試合中にもマケドニアを連呼する位、祖国愛が深い彼らです。

0q2a7700

昨年末に行われたアンダー19のアジア大会で、オーストラリア代表の主力としてプレーしたLiam Youlley。ファーストチームでの出場歴もある彼は、Western Sydney Wanderersの中心選手としての成長を期待されている選手です。

0q2a7761

Western Sydney Wanderersがボールを回す時間が多い中、カウンターからのヘッドでBankstown Cityが先制します。

0q2a7780

Bankstown Cityに関して、流石にNPL2で首位争いをするチームだけありNPL1でのプレー経験がある選手も多く、NPL1の下位のクラブと比べても実力は殆ど変わらないと、この試合を見て感じました。

0q2a7788

Western Sydney WanderersはNPLのクラブと違いフルタイムでサッカーのトレーニングを行っているだけあり、個人のポテンシャルは勿論、チームとしても組織的にしっかりしているという印象を受けました。

0q2a7824

0q2a7877

0q2a7953

後半にも追加点を挙げたBankstown Cityが、試合終了間際に1点を返したWestern Sydney Wanderersを2-1で退け開幕4連勝を記録、NPL1への昇格に向けて更に一歩前進した試合となりました。

この試合のハイライトです。

豪州フットボーラーズ

2016年1月27日 (水)

このプロジェクトを立ち上げてから、一番忙しかったであろうこの1月は、短期留学の高校生を含め、なんと12人のチャレンジャーがシドニーへやってきました。そして昨シーズンからプレーしている選手を含め、現在マネージメント所属の選手の人数が40人を超え、車を新たに1台購入しただけでは間に合わず、先週末は8人乗りのワゴンを借りての遠征に行ってきました。

Dsc_0140

NSW州の1部、2部に関しては、ポイントシステムの影響で外国人選手が年々契約しづらくなっていて、数年前なら明らかに一回の練習参加で即サインできるレベルの選手達も、契約できずにいるのが現状です。オーストラリアの若手によりチャンスを与える為にと導入されたこのポイントシステムですが、逆にそのレベルに達していないユース上がりのオーストラリア選手がリーグでプレーする事により、リーグ自体のレベルが低下している感は否めなく、オーストラリアサッカーの発展にとって、メリットよりもデメリットの方が多いというのが、僕個人だけでなく、殆どの州1部、2部の監督達の意見でもあります。

Dsc_0151

数年前までは、NSW州1部のAPIAで活躍し、シドニーFCと契約、2シーズンプレーした森安洋文選手のように、外国人選手でも州リーグで活躍すればAリーグのクラブと契約できるチャンスはありました。しかしここ最近は、Aリーグの各クラブも5枠の外国人枠には、ヨーロッパや南米、アジアで活躍している、若しくは活躍していたプロとして実績のある選手のみを取ってくるようになり、実際、NSW州1部のBlacktown FCで3シーズンの間大活躍し、NSW州1部の歴史で一番の実績を残した外国人選手とも言われている宮澤龍二、昨年Blacktown Spartandsで活躍し、シーズンベストイレブン、年間MVPランキング2位を獲得した佐々木周でさえ、Aリーグのクラブからオファーがなかった事を考えると、州リーグでいくら結果を残そうと、外国人選手として州リーグからAリーグのクラブと契約するとう事は、殆ど不可能といってもいいかもしれません。

Dsc_0247

オーストラリアにチャレンジに来る選手達は、Aリーグでプレーをする事を現実的な目標としている選手から、サッカーで給料を貰えるレベルのクラブでプレーする事を目標としている選手、ヨーロッパへサッカーチャレンジをしに行く前の前段階として、海外のサッカースタイルを経験しながら、英語の習得をメインに考えている選手、そしてサッカーを通じて英語を学び、オーストラリアの文化を学ぶ事を目的としてる選手まで多種多様ですので、僕自身もそういった一人一人の目的にあったクラブ探し、そしてアドバイスを行っています。

Dsc_1117

2016シーズンの最年長チャレンジャーである西村純は、シドニーでの生活も約6週間が過ぎ、今日で34歳の誕生日を迎えました。仕事一辺倒の日本での生活から一転し、現在は英語学習とサッカー漬けの生活を送りながら、オーストラリア生活を楽しんでいます。正直サッカー選手としては、現在チャレンジしている選手達の中ではかなり下の部類に入るものの、それでも夢を諦めずに、夢に向かって毎日努力する姿は、若い選手達のお手本にもなっています。

Dsc_0507

梶山知裕22歳。関西のサッカー強豪校である関西大学のトップチームで試合に出ていただけあり、同じ関西大学出身の佐々木周の様に、今後オーストラリアで活躍するポテンシャルを十分に持っています。

Dsc_1692

毎年1月後半に行われているMaso Cupは、オーストラリア各地からマケドニアコミュニティーのクラブが一同に集まり、3日間にかけて優勝を争う大会です。今回はWollongongで大会が開かれ、NSW州1部のRockdale City Suns、NSW州2部のBankstown Lionsといった強豪クラブから、昨シーズンのIllawara Premier LeagueのチャンピオンであるWollongong United、同じリーグのShell Cove Barbarians、Cringila Lions、そしてニューカッスル、メルボルンのクラブまで、合計14チームが参加しましたが、多くの日本人選手達も契約選手、もしくは練習生としてこの大会に参加し、各クラブの関係者に自らのプレーをアピールする絶好の機会となりました。

Dsc_1156

Cringila Lionsでプレーする村下大地。アルゼンチン留学を経験し、スペイン語を多少なりとも駆使する彼は、チームメートとのコミュニケーションも問題ありません。

Dsc_1221

Dsc_1286

チームは惜しくも予選敗退。しかし彼のピッチ上でのテクニックは、一際目立っていました。

Dsc_1518

Dsc_1339

Wollongong Unitedと契約した、朝鮮大学出身でポーランドの4部でもプレーしていた、アン・ジニャ。左足の強烈なシュートとスピードを活かしたドリブルで、僕の中でも2016シーズンのIllawara Premier Leagueの得点王最有力候補ナンバーワンです。

Dsc_1384

小柄ながらも意外と強い当たり、そして高い技術力を持つ田所昇。現在、シドニー、そしてウーロンゴンの複数のクラブの練習に参加しています。

Dsc_1487

先ほど紹介したばかりですが、期待度が高いのでまた紹介します。スーパードリブラー、梶山知裕。NSWプレミアリーグのクラブの練習に参加中ですが、その他にも複数のウーロンゴンのクラブに練習参加し、既にいくつかのクラブからオファーを貰っています。先輩である佐々木周よりもドリブルは上手いですが、総合力ではまだ佐々木周が上。しかしながら彼を超えるポテンシャルを十分に秘めた選手です。

Dsc_1678

Bankstown City Lionsに練習参加中の堀滉二郎。

Dsc_1806

この試合の3日前にシドニーへ渡航してきた荒川晶平は、浜松大学サッカー部を卒業後、東京都社会人リーグ1部のHBO東京でコンスタントに試合に出場していた選手で、ヨーロッパでのチャレンジ経験もあるだけに、外国人を相手のプレーにも、多少なりとも慣れた感じが伺えました。

Dsc_1812

Dsc_1825

ゴールが決まってチームメートと喜ぶ、三羽悠矢。この試合の後、クラブからとてつもない額のオファーを受けるものの、現在保留中で他のクラブの練習に参加しています。

Dsc_1835

このクラブの監督は、元オーストラリア代表のポール・カーター氏。佐々木周がMarconiでプレーしていた時の監督でもあります。

Img_0491

試合後にこのクラブと契約を交わした荒川晶平。左はクラブのオーナーですが、写真は実物よりもかなりマイルドに写っています。実物はもっと迫力がありますが、実際は見た目によらずかなりソフトで良い人との評判です。

Dsc_2032

Dsc_2036

アン・ジニャの左サイドでのドリブル突破からのシュートはゴールネットに突き刺さり、観衆からは歓声が沸き上がりました。

Dsc_2089

この日参加した選手達の一部。朝から晩まで一日中会場にいました。

Dsc_7071

NSW州3部、Balmain Tigersの20歳以下のチームでプレーする長廉太郎。

Dsc_7073

Dsc_7075

Dsc_7259

Dsc_7572

同じチームでプレーする田中心晟

Dsc_7776

フォームは決まってるけど、

Dsc_7847

シュートの精度を上げないとな。

Img_0497

NSW州1部、Parramatta Eaglesの20歳以下のチームの練習に参加中の五木田悟。

Img_0500

契約が掛かったこの練習試合では、そこそこのパフォーマンスを見せていました。

Img_0550

同じHBO東京出身の五木田悟の練習を見たいという事で誘ったのに、スタンドの座席に座るや否や、深い眠りに落ちる西村純。

Img_0565

この試合後、晴れてこのクラブでの契約となった五木田悟。一軍でプレーするには、超えなくてはいけない課題が山積みですが、まだ19歳なので、伸びしろは十分にあります。

Img_0507

語学学校での西村純。女性の生徒に囲まれているせいか、五木田悟の試合の時の眠そうな表情とは全く違った、ものすごく楽しそうな表情を見せながら授業を受けていました。

Img_0521

我が家の黒犬と黒猫。仲はめちゃめちゃ悪いです。

明日もまた一人、日本から選手が到着します。この選手についても、また次回のブログで紹介したいと思います。

豪州フットボーラーズ

2015年4月 9日 (木)

オーストラリアのプロクラブからアマチュアクラブがトーナメント方式で勝敗を競い合うWestfield FFA Cupの第4ラウンドの試合、Mt Druitt Town Rangers とSouth Coast Wolveの試合が、4月1日にMt Druitt Town Rangersのホームグラウンドで行われました。

Dsc_1085
NPL2(豪州3部)のMt Druitt Town RangersがNPL1(豪州2部)で低迷中のSouth Coast Wolveを相手に、大番狂わせを起こせるかというところに注目が集まったこの試合は、Mt Druitt Town Rangersの中心選手である堀滉二郎を中心に、Mt Druitt Town Rangersが序盤から、South Coast Wolveとイーブンなゲーム展開を繰り広げます。

Dsc_1132

リーグ戦と同様、左のMFとして先発した堀滉二郎は、相手ディフェンダーの執拗なマークに遭いながらも、左サイドから中央へのカットインからのシュート、そして左サイドからのクロスと、攻撃の起点として数々のチャンスを生み出します。

Dsc_1182しかし、先手を取ったのはSouth Coast Wolve、前半終了間際に2得点をし、内容的にはイーブンな戦いをしていたMt Druitt Town Rangersにとっては不本意なスコアで前半を折り返します。

Dsc_1581

Dsc_1583

後半に入ると、Mt Druitt Town Rangersが怒涛の攻めを見せ、堀滉二郎のPKをきっかけに、Mt Druitt Town Rangersが同点に追いつきますが、攻撃の起点として活躍していた堀滉二郎は、週末の試合での体力温存の為なのか、後半中盤に、ピッチを退きます。

Dsc_1711

Dsc_1712

Dsc_1713

Dsc_1740

前半2点リードしている時点で、余裕綽々の表情を見せていたSouth Coast Wolveの監督の表情が、同点後には一気に曇り顔に変わり、彼の罵声とも聞こえる選手への指示が、グラウンドに響き渡ります。そして試合は30分の延長戦へと突入。延長に入り、2点ビハインドから同点に追いついたホームのMt Druitt Town Rangersの勢いが更に増し、これは大番狂わせが起こるか?と思われた矢先、Mt Druitt Town Rangersのストライカーがシュートの際に足を負傷、Mt Druitt Town Rangersは交代枠を全て使い切っていた為、彼はピッチに戻るものの、走るのもままならない状況な為、実質10対11でのプレーと戦いとなります。

Dsc_1787

そして延長終了間際、Mt Druitt Town Rangersが痛恨の失点を許し、このまま試合終了。後半中盤以降は完全に流れがMt Druitt Town Rangersに傾いていただけに、Mt Druitt Town Rangersとっては、NPL1のクラブを相手に善戦したとは言え、悔いの残る敗戦となりました。

豪州フットボーラーズ

2015年4月 4日 (土)

豪州3部に該当する、National Premier League NSW Men's2の第2節、Bankstown City FC とMt Druitt Town Rangersの試合に行ってきました。昨年に続いてMt Druitt Town Rangersでプレーする堀滉二郎は、左MFで先発出場です。相手のBankstown City FCは、元オーストラリア代表で2006年FIFAワールドカップにも出場し、昨年までWestern Sydney WanderesでプレーしていたMichael Beauchampと、同じくオーストラリア代表歴があり、昨年までWestern Sydney WanderesでプレーしていたDean Heffernanを獲得し、今シーズンの、長らく遠ざかっているNPL1復帰への本気度を感じる事ができます。

Dsc_7975

試合を通じてにボールをBankstown Cityにキープされている時間が長く、ボールに絡む機会は多くはありませんでしたが、左サイドのライン付近にポジションをとり、ボールを受けると積極的に一対一を仕掛けるとシーンが幾度とあった堀滉二郎。相手選手に比べて体は大きくないものの、球を扱う技術はもちろん、スピード、球際でオーストラリア人選手に負けていないところが、彼がこのクラブの中心選手として、11番を背負ってプレーしている理由だともいえます。

Dsc_7628

Dsc_7449

Dsc_7757

Dsc_7607

Dsc_7918

490317895

このリーグでは別格の経歴と経験を持つ、相手ディフェンダーのMichael Beauchampから執拗なマークに遭う堀滉二郎でしたが、何度もスピードで彼を置きざりにする場面が見受けられました。去年の今頃はACLで川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島の選手達を相手にプレーをしていた彼が、一年後にはセミプロリーグである豪州3部の舞台でプレーしているとは、誰が想像出来たでしょうか。(一番下の画像は去年のホームでのサンフレッチェ広島戦)

Dsc_8004

Dsc_8016Bankstown Cityの上の画像の黒人選手は2年程前から知り合いで、現在20代前半の彼は、3年前までは本格的にサッカーをやった事がなかったという選手なのですが、この試合ではハットトリックを記録し、黒人選手の潜在能力を見せつけてくれました。黒人特有の、しなやかながら強い筋力を持ち合わているこの彼、特にこの画像の太腿の筋肉の割れ目は凄まじいの、一言です。

Dsc_8357

Dsc_8358

Dsc_8359

Dsc_8360

Dsc_8361

Dsc_8362

Dsc_8364

Dsc_8365

Dsc_8366

Dsc_8367

Dsc_8368

Dsc_8369

Dsc_8370

Dsc_8371堀滉二郎の孤軍奮闘も空しく、Mt Druitt Town RangersはBankstown City FCに0-5というスコアで敗戦。スコアほど内容に差は無かったものの、ミッドウィークにNPL1のクラブとのカップ戦を控えているMt Druitt Town Rangersにとっては、ここで勝って勢いをつけておきたかったに違いありません。

豪州フットボーラーズ