菅野裕貴 Feed

2016年5月 8日 (日)

Illawarra Premier Leagueの一つ下のリーグに当たるWGC Cranes District Leagueですが、このリーグでも数人の日本人選手がプレーしています。この日は昨シーズンまでIllawarra Premier Leagueに所属していたBellambiと、長石一真が背番号10番を付けるFernhillのダービーマッチという事で、シドニーから観戦希望者を数人連れて、試合観戦に行ってきました。

0q2a9615

中盤のポジションでのスタートとなった長石一真。とにかくピッチで声を良く出し、そして相手チームのプレーヤ―にも積極的に絡んでいきます。この写真は一体どういったシーンだったのでしょうか?

0q2a9753

オーストラリアに来て初めて練習参加したクラブの監督をして、洗濯機の如くクルクル回るといわしめたターンはこの日も健在で、彼の圧倒的なキープ力を中心に、序盤からFernhillがゲームを支配する展開となります。

0q2a9758_2
開幕から6連敗中のBellambiの中盤で、一際目立った活躍をみせた菅野裕貴。Fernhillのキープレーヤ―である長石一真との攻防は見ものでした。

0q2a9856

そんな中、前半20分にBellambiが先制し、ゲームを支配していたFernhillに焦りが見え始めます。長石自身も菅野の徹底マークに苛立ったのか、この怒りの表情!

0q2a9922

0q2a9972

両者とも、絶対に勝ち点3を取りたいという気迫が、スタンドまでビシビシ伝わってきます。

0q2a0078

セットプレーでも菅野は長石を徹底マークします。

0q2a0092

そして後半の立ち上がり、Bellambiの日本人選手である長沼魁がピッチに投入されます。それにしてもこの監督のこのスマイルは一体なんなんでしょう?ちなみにこの監督、前半試合中に僕がBellambiのベンチ裏付近に移動したところ、試合そっちのけで、白いフェンスを跨いでわざわざ僕の所に挨拶をしにきたという、試合中の監督の行動としてはクエッションマークを付けざるをえないものの、写真からも分かるようにいい人オーラーを放っている、人情味の溢れた方です。

0q2a0131

このシーンは一体??

0q2a0155

なんとか同点に追いつきたいFernhillは、後半10分にゴールを上げ、試合を振り出しに戻します。

0q2a0258

同点直後のセットプレーのチャンスに

0q2a0259

0q2a0260

0q2a0261

ヘッドを空振り?

0q2a0262

0q2a0263

0q2a0264

0q2a0265

そしてなぜか地面に倒れこむ!シュミレーション狙いか?

0q2a0295

試合を通じて、相変わらずの安定感を見せた辰林暁。

0q2a0306

0q2a0359

0q2a0368

0q2a0442

オーストラリア人のフィジカルコンタクトに苦戦し、中々持ち味を出しきれない長沼。

0q2a0468

ポジション的にもプレースタイル的にもドリブラーではないものの、時折ドリブルをみせる菅野。

0q2a0486

0q2a0537

後半の終盤に入ると両チームの選手共に運動量がガタ落ちし、足をつる選手も出てくる中、後半20分当たりから両足をつりながらも気合でプレーを続ける長石。

0q2a0593

そして後半35分、サイドからの長石のクロスに反応した右サイドバックのシェーンがゴールネットを揺らし、Fernhillが試合をひっくり返します。

0q2a0599

得点を上げた右サイドバックのシェーンと抱擁を交わす長石。めちゃくちゃ嬉しそう!

0q2a0697

その後も長石のキープ力でなんとか残り時間を使いきったFernhillが、ダービー戦を制しました。

0q2a0835

誰の目から見ても一番ピッチで輝いていた男、長石一真が、この日のMOM(マン・オブザ・マッチ)に選ばれました。

英語のマッチレポートはこちらから

0q2a0911

この日プレーした選手と、観戦に駆け付けた仲間達。新しく来たばかりのチャレンジャー達も、この試合を観戦する事により、大きな刺激を受け、モチベーションを得ていました。

豪州フットボーラーズ