山本和也 Feed

2017年7月21日 (金)

今年2月に行われた、日本チーム対Albion Park White Eaglesの試合の模様です。

1

2017シーズンに渡航した、ニューチャレンジャー中心の日本チーム。この日、初めて会うメンバーもいるという即席チームで、2016 Illawarra Premier Leagueファイナルシリーズのチャンピオンに挑みました。

15

2

シドニー渡航前に、J2に所属するロアッソ熊本の練習にも参加していた鎌田倖輔。19歳ながら、この日は強靭なフィジカルを持つオーストラリア人ディフェンダーを相手に2得点を記録。Albion Park White Eaglesの首脳陣に、強いインパクトを与えました。

4

最高気温が40度近くまで上がった猛暑の中でも、この試合を観にグラウンド負け駆けつけた、Albion Park White Eaglesサポーターのおっさん達。

5

一時、日本チームがリードする展開となり、Albion Park White Eaglesのベンチには緊張感が漂います。

6

高校時代、宮崎の強豪である日商学園サッカー部で10番をつけてプレーしていた伊奈祐二。サッカーから約2年ほど離れていたのにも関わらず、この日はフォワードとして約70分プレー、得点こそなかったものの、献身的動きでチームに貢献しました。

14


7

トップ下やボランチでプレーし、日本チームの中盤をコントロールした山本和也。彼の左足から繰り広げられるパスはまさにマジック!

8

13

ベンチに座っているメンバーも、みんな試合に出たくてしかたがない。そこをコントロールするのも、監督の役目です。

3

試合後、鎌田をはじめ、数人の日本人選手に興味を持ったAlbion Park White Eaglesの監督。

9

この試合の応援に駆けつけてくれた、堀滉二郎と安真也。

10

シンガポール、カンボジアでプロとしてプレーした経歴を持つ、清水一平の試合後のスマイル。

11

オーストラリア2シーズン目の西村純。この試合での彼のパフォーマンスは、この表情から察してください(笑)。

16

17

結局1点差で負けたこの試合、すべてはこの10番にやられました。2016シーズン、Illawarra Premier League最優秀選手賞を受賞した、奥野将平。

18

多くのプロを輩出している東福岡高校サッカー部でキャプテンを務め、東洋大学4年次には、関東大学リーグ2部のベストイレブンに輝いた徳市寛人。センターバックとしてプレーしたこの試合では圧倒的な存在感で、チームをけん引していました。

12_2

予想以上の日本チームの健闘に、Albion Parkの関係者も称賛を惜しみませんでした。この試合に出場したチャレンジャー達にとっても、このレベルのチームと対等に渡り合えたことが、相当な自信につながったと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年6月 1日 (木)

今年3月に行われた、マケドニア系のサッカークラブがオーストラリア全土から集結してチャンピオンを決める大会である、Maso Cup Sydney 2017の模様です。

A

滝川第二高校⇒大阪産業大学サッカー部出身のレフティー、山本和也。

24ea

マケドニア系と思われる多くの年配の方々も会場を訪れ、真剣な眼差しで試合を観戦していました。

Ce

Ead

Adfd

Rra

オーストラリアでの3シーズン目を迎え、若いの選手が多いこのチームで、ベテランプレーヤーとしてチームを引っ張っていく役割を期待されている寺本貴生。

Zea

Zee

準々決勝で同じリーグのWollongong Unitedに僅差で敗れたCringila Lions。3人の日本人選手を獲得したCringila Lionsの2017シーズンの行方はどうなるのでしょうか?彼らの今後にご期待ください。

豪州フットボーラーズ