カテゴリ「長石一真」の10件の記事 Feed

2017年8月20日 (日)

Illawarra Premier Leagueに所属する、Tarrawanna Blueysでプレーする呉祐樹。

サッカーの実力もさることながら、返済不要の大学の奨学金のみで、オーストラリアへの費用を準備した【文武両道の男】です。

1

第20節が終了した時点でのTarrawanna Blueysの成績は、10勝5敗5引き分け、プレーオフ進出圏内である4位につけています。

2

シーズン開幕前の大方の予想では、プレーオフ進出は厳しいという見方が多かったTarrawanna Blueys。他の上位クラブに比べて選手に使える予算も少なく、若手主体で臨んだこのチームの今シーズンの躍進の中心には、呉祐樹がいます。

3

この日の試合、日本人選手が2人所属するCringila Lionsを相手にも、呉はボランチのポジションに入り、チームをコントロールします。

4

オーストラリア3シーズン目の寺本貴生と、マッチアップするシーンも。

5

シーズン開幕前の大方の予想通り、厳しい戦いを強いられている今シーズンのCringila Lions。降格争いからは抜け出したものの、プレーオフ進出が既に絶たれている状況で、選手たちが高いモチベーションを持って、残りの試合をプレーできるのでしょうか。

61

そんなチーム状況の中でも、常に高いモチベーションを持ってプレーし続ける寺本。

6

滞空時間の長いヘッドも、彼の持ち味です。

7

監督やチームメイトからの信頼も厚い、ベテランプレーヤーの寺本。32歳という年齢にもかかわらず、ピッチ内での運動量はナンバーワンです。

8

そしてユニフォームの表記は、なぜか【Teromoto】。

選手証やチームシートには、【Teramoto】と間違いなく書かれているはずですが、こういったところを間違えてしまうのは、さすがオージー(笑)。

9

シドニーの語学学校では入学時から上級クラスで、ヨーロピアンの生徒たちと切磋琢磨しながら、英語力を磨いてきた呉。

12

その英語でのコミュニケーション能力の高さが、彼のプレーでの自信にもつながっていると言えます。

13

中盤での華麗なボール裁き!

14_3

そして得点に繋がるアシスト!

14_4

この呉の充実した表情が、彼の今シーズンの好調ぶりを物語っています。

154

Cringila Lionsのもう一人の日本人選手である、竹内伸一。

15_1

東京の大学を休学し、オーストラリアでチャレンジをしてる竹内。

大学のサッカー部ではキャプテンを任されていただけに、彼のキャプテンシーが大いに期待されてのCringila Lionsへの入団でしたが、英語でのコミュニケーションと文化の違いに悩まされた、2017シーズンとなりました。

15_2

このブログを書いている現時点では、Cringila Lionsを退団し、イタリアでサッカーチャレンジをしている竹内。新天地で頑張っている彼の、今後の健闘を祈っています。

16

Tarrawanna Blueysのストライカー、長石一真。

19

2017シーズン開幕直前に、NPL2に所属するMounties Wanderers FCからまさかの戦力外通告を受け、2017シーズン前期を無所属で過ごした長石。

そんな長石に手を差し伸べたのが、その時、得点力不足に悩まされていた、Tarrawanna Blueysでした。

21

高校時代にはセンターバックとして、高校選手権にも出場経験がある長石。

大学時代もディフェンダーとして、関西学生サッカーリーグ1部でプレーしていた彼ですが、オーストラリアに来てからは、ポジションを前に上げ、ディフェンダー出身とは思えない器用なドリブルを武器に、得点を量産しています。

最近、筋トレにもハマり始めた長石。基礎技術はもともと高いものを持っているだけに、肉体改造に成功すれば、大化けする可能性を秘めた選手です。

ただ、短期留学の中学生にも敬語を使うほどの、極度な人見知りなだけに、まずはそこを克服してもらいたいですね(笑)。

23

2017シーズンの、Tarrawanna Blueysの快進撃はどこまで続くのか?この男の両足にその運命が託されているといっても、過言ではありません。

【この試合の模様と、インタビューの模様を撮った動画はこちらからup

豪州フットボーラーズ

2017年3月 2日 (木)

久しぶりのブログの投稿になります。一月中旬から二月の末にかけて、短期留学を含めて20人近くのチャレンジャー達がシドニーに渡航してきた為、大変バタバタした毎日を過ごしていました。その間撮影した動画や画像も積りに積もっていますので、この数日間でまとめて一気に放出していきたいと思います。

5_2

   

4

1

今回、契約した彼らに対して一概に言えることは、サッカーの実力だけではなく、人としても基本ができているという事です。これだけ多くの選手を抱えていると、中にはお金を払っているんだから、やってもらって当たり前という態度を見せるチャレンジャーもごく稀にですが存在します。しかしながらサポートをする僕も人間なので、やはり仕事とはいえども、感謝の気持ちを素直に表してくれるチャレンジャーに対しては、やはり必要以上のサポートをしたくなるのは当然ですよね。

Img_4091

Img_4092

最近の、チャレンジャー達とのLINEでのやり取りの一部です。こういったチャレンジャー達とのやり取りを通じて、僕も仕事へのモチベーションを高め、彼らへサポートでさらに還元できる様、今後も頑張っていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2016年11月11日 (金)

Arab Bank Australia Cup 2016の予選リーグ第3戦目の相手は、1戦目、2戦目に続き、またもや同じ中東国であるヨルダン。彼らも日本に勝てば予選突破の可能性を残しているだけに、フィジカルコンタクトを全面的に出してくる、プロレスを彷彿とさせる激しい試合が予想されました。

0q2a0071

引き分けでも予選突破が決まる日本にとっては、リスクを冒してまで攻める必要のない試合でしたが、ピッチに一度足を踏み入れたら、そこは戦場なわけであり、そんな事を考える余裕がありません。平均年齢が日本チームより高く、前の2試合で体力をかなり消耗しているヨルダンを相手に、日本は立ち上がりから積極的に攻めていきます。

0q2a0088

この大会の最年少プレーヤーであるシュンタ君15歳。今年の6月にイギリスからシドニーに引っ越してきたばかりですが、シドニーではNPL1のManly Unitedの15歳以下のチームに参加しており、そこでの彼のパフォーマンスを基に僕がこの大会で十分プレーできると判断した為、このArab Bank Australia Cup 2016に参加する事になりました。

0q2a0102

ソルリエーフサッカースクールに通う子供達と保護者の方達も、日本チームの応援に駆け付けてくれました。

0q2a0119

この左に映っているヨルダンの選手を含め、このヨルダンチームの半分位の選手とは、僕自身、7年程前に同じチームでプレーしていました。当時はキレキレなドリブルで相手ディフェンダーをチンチンにしていた彼を含め、当時のNSW State League Division2では圧倒的な戦力を誇っていたチームの主力であった彼らですが、寄る年波には勝てず、日本チームの若い選手達の動きに全くついていけません。

0q2a0175

0q2a0247

シュンタ君からの絶妙なクロスに、高い打点のヘディングゴールを決める川瀬浩太。このゴールが日本の先制点となり、その後も日本が試合を支配する時間が続きます。

0q2a0404

数年後にはこの大会でプレーしているであろう、ソルフィエーフサッカースクールの子供達も、日本人選手達のプレーを真剣な眼差して見ています。

0q2a0576

長石一真のドリブルでの中央突破。これには相手ディフェンダーもたまらず尻もち。

0q2a0583

0q2a0614

普通のプレーでは到底止められないと思われたのか、後ろから蹴られた上に、上から踏みつけれれる長石一真。このレベルでも、日本では到底味わえないサッカーの厳しさを味わう事ができます。

0q2a9023

0q2a9212

0q2a9444

0q2a9996

前半3点を挙げた日本に対し、後半終盤に2点を返したものの、最後の一歩で決勝トーナメントに届かなかったヨルダン。日本はこの試合結果により、準決勝に駒を進める事になりました。

Arab Bank Australia Cup 2016❹に続きます。

2016年11月 1日 (火)

昨年から個人的に親しいお付き合いをさせて頂いている、現在ウーロンゴンリーグの2部に所属するFernhill Foxesですが、今シーズンはなんとしても1部昇格の為に良い日本人選手が欲しいという事で、大阪体育大学出身の長石一真をシーズン途中から送り込みました。

レギュラーシーズンの一位にだけ与えられる昇格を目指し、長石の活躍もあってチームは快進撃を見せるものの、最終的には僅差で昇格を逃してしまいます。

レギュラーシーズンを終え、昇格の可能性は既に消滅したものの、ファイナルシリーズに駒を進めたFernhill Foxesは、レギュラーシーズンを1位で終えて、1部への昇格を決めているCorrimal Rangersと準決勝で対戦する事になりました。昇格チームを相手に、果たしてFernhill Foxesは意地を見せてくれるのでしょうか?

0q2a6831

チームの10番を背負う長石一真。大学時代はセンターバックを主戦場としていたものの、オーストラリアでは主にトップ下かストライカーとしてプレーし、レギュラーシーズンには一試合に6ゴールという得点力の高さも見せつけました。

0q2a6855

ターンを得意とする長石ですが、オーストラリアに来た当初に練習参加したチームの監督からは、そのあまりもの彼のクルクルと回る姿から、洗濯機とあだ名が付けられ、揶揄された時期もありました。しかし今は、このターンを武器に中盤で圧倒的な存在感を放つ長石を中心に、Fernhill Foxesが序盤から試合を支配します。

0q2a6932

もう一人の日本人選手であり、Fernhill Foxesの守護神である辰林暁。この日も安定したセービングでチームのピンチを救います。

0q2a6979

相手の足が飛んでくる中でも、ゴールマウスを守らなくてはいけないゴールキーパというボジション。この画像を見ると、キーパーがいかに大変なポジションか分かりますね。

0q2a7002

相手を掴みにかかる長石。

0q2a7078

しかし逆に、相手に投げ飛ばされます。当然ファールを貰えると期待するものの、

0q2a7079

審判が不敵な笑みを見せながら、両者に近づいてきます。これは結局、どんな判定となったのか気になりますね!

0q2a7107

いつの間にか終了のホイッスル!そして1-0の僅差でFernhill Foxesがリーグ1位のCorrimal Rangersを下し、決勝進出を決めました。

0q2a7140

Fernhill Foxesのプレジデントと抱擁を交わす長石と辰林。

0q2a7143

そりゃー嬉しいな!

0q2a7152

試合後のロッカールームは、どんちゃん騒ぎ!

0q2a7163

苦しい戦いを終え、大舞台に駒を進めたFernhill Foxesの侍達。1週間後の決勝では、チームを優勝と導く事ができるのでしょうか?

0q2a2241

決勝の舞台となったWin Stadiumには、メインスタンドが埋め尽くされる程の多くの観衆が集まりました。

0q2a2314

大観衆を前に、いつも以上に気合が入っている長石。

0q2a2342

相手を背負ってからの

0q2a2343

これはオーバーヘッドを狙ったか?

0q2a2363

ナイスキックと

0q2a2401

ナイスキャッチを見せる辰林。

0q2a2459

0q2a2487

試合を通じて2人の侍達が奮闘するものの、結局試合は1-0で敗戦、優勝にはあと一歩及ばず、彼らの2016シーズンは幕を閉じました。

0q2a2518

0q2a2531

この舞台での敗退は本当に悔しい。しかしこの悔しさをバネに、彼らには次のステップへと進んでほしいですね。

Ddfd

先日行われた、Fernhill FoxesのPresantation Nightにも招待され、参席してきました。

そのPresantation Nightでの一コマ。

Kaz

そして昨日、NPL2に所属するMounties Wanderers FCと2017シーズンの契約を交わした長石一真。給料もFernhill Foxesの時の約5倍、このリーグではトップクラスの破格の条件で、契約を交わす事ができました。このクラブの、彼への大きな期待が表れていますね。

Dfde

Mounties Wanderersのプレジデントと固い握手を交わす長石。

Fdfd

2017シーズンより、このクラブのトップチームの監督に就任したLee氏(写真右)。2016シーズンは同じリーグに所属するMacathur Ramsの指揮を執っており、このクラブでも萩原陽太郎がお世話になっていましたが、このMounties Wanderersへの就任が決まると同時に彼から連絡を貰い、一回目の練習、約20分のゲームで長石の今回の契約が決まった位、僕自身、彼とは強い信頼関係を築けています。2017シーズンも多くのチャレンジャーが渡航予定ですが、他のクラブともさらに強い信頼関係を築き、少しでもスムーズに選手の契約に繋がっていくよう、今後も各クラブのグラウンドに地道に足を運び続けていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ