カテゴリ「小檜宏晃」の5件の記事 Feed

2019年5月 8日 (水)

2018シーズン、Coniston FCをリーグ優勝に導き、Illawarra Premier Leagueへ昇格させる原動力となった、小檜宏晃榎戸皓平栢野敬之の3選手。

3選手とも2019シーズンのオファーを貰ったものの、小檜は他の国へのチャレンジの為、チームを退団。

榎戸と栢野は、チームに残る事を決めた。

チームの中心選手であり、昨シーズンはリーグMVP級の活躍を見せた小檜。

その彼を失ったConiston FCが、Illawarra Premier Leagueの舞台でどんな戦いを見せてくれるのか?

小雨が降りしきる土曜日の夜、Illawarraで唯一の人工芝のグラウンドである、Ian McLennan Park へと向かった。

Dsc_4979

第6節が終わった時点で、2勝1敗3分けで、12チーム中8位という成績のConiston FC

数シーズンぶりに、Illawarra Premier Leagueへの復帰を果たしたConiston FCにとっては、リーグへの残留が、今シーズンの現実的な目標といえるかもしれない。

第7節目であるこの試合の相手は、11位につけるSouth Coast United

絶対に勝ち点3が欲しい相手である。

Dsc_4952

この試合、左サイドバックで出場した榎戸皓平

フォワードからセンターバックまでマルチにポジションをこなす彼だが、このチームでは左サイドを任される事が多い。

Dsc_4931

センターバックで出場した、栢野敬之

オーストラリア人選手の様な上背はないものの、カバーリング能力と判断の良さが買われ、このチームの不動のセンターバックとして君臨している。

Dsc_4986

オーバーラップを頻繁に見せ、クロスだけでなく、中へ切れ込んでのシュートも積極的に試みた榎戸。

昨シーズンより活き活きとプレーしているのが、伝わってくる。

Dsc_4996

South Coast Unitedの外国人選手である、チョ・ビョングク選手。

元韓国代表で、Jリーグのベガルタ仙台ジュビロ磐田でもプレーした経歴を持つ彼。

2017シーズンまで、Kリーグ一部でプレーしていたが、子供の教育の為、オーストラリアへ渡ってきたと言う。

37歳と、サッカー選手としては第一線でプレーする事が厳しい年齢だが、この試合で見せてくれたパフォーマンスは、彼が長年、アジアのトップリーグで活躍してきた事を証明するのに十分なものであった。

近年、ウーロンゴンリーグでプレーする日本人選手が急速に増えている。

しかしつい最近までは、サッカー関係者の中で、ウーロンゴンリーグを見下す人たちがいたのは事実だ。

僕自身、ウーロンゴンに選手を送っている事に対して、全く関係ない人間から、レベルの低いリーグに選手を送っているという文句(?)を言われた事もある(笑)。

日本人選手がほとんどプレーしていなかった時期から、このリーグに対する愛着を持ち、一生懸命に選手を送り続けた立場からすると、決して愉快な発言ではない。

そんな時期もあったが、数年前に比べてリーグのレベルも上がっているし、FFAカップでNPLのクラブを負かす事も、決してサプライズではなくなった。

ひとつ確実に言える事、それは、このリーグでプレーする日本人選手達が、ウーロンゴンリーグのレベルを大幅に上げたという事実だ。

僕のマネージメント選手の一人であり、二年連続でIllawarra Premier Leagueの得点王である、上田祐輔

NPL1NPL2の多くのクラブから、彼が欲しいという連絡が、今でも頻繁に来る。

それでも上田は、Illawarra Premier Leagueでのプレーにこだわるし、このリーグでプレーしている事に、プライドを持っている。

そしてこのチョ・ビョングク選手の、Illawarra Premier League参戦。

今後ますます、各チームの外国人選手に対する期待値が上がり、それにつれて、このリーグ自体のレベルが上がるのは、明白である。

Dsc_5000

Dsc_5014

Dsc_5019

Dsc_5033

Dsc_5057

一進一退の攻防が続く中、後半終盤に2ゴールを決めたConiston FCが、勝ち点3を取る事に成功した。

Dsc_5061

59726067_180592959509318_8887945227

去年プレーしていた下のリーグに比べ、相手チームのレベルが段違いだと話してくれた、試合後の栢野

そういったレベルの中で揉まれながら、成長し続けている二人の姿を見れた事が、この試合での収穫だったと言えよう。

引き続き彼らの活躍ぶりを、より多くの人達に伝えていきたいと思う。

豪州フットボーラーズ

2018年10月25日 (木)

2018シーズン、Coniston FCのリーグ優勝の立役者となった、小檜宏晃のプレー集です。

【2018シーズン、小檜宏晃のプレー集は👆から】

12

来年は、他国でのプレーを考えている小檜にとって、プレー動画は必須ともいえます。

【豪州ソリューションズ】では、オーストラリアでのサポート選手に対して、無料でプレー集を作成し、オーストラリア以外の海外クラブへの売り込みも行っています。

今後も【豪州ソリューションズ】は、他のサポート会社とは一線を画したサービスで、オーストラリアでプレーする日本人選手達を、全力でサポートしていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2018年8月26日 (日)

2018 Illawarra District League最終節、Coniston FC対Helensburgh Thistle FCの試合を観に行ってきました。

前節が終了した時点での、首位のConistonと2位のBellambiの勝ち点差は1点。

この試合で勝てば無条件リーグ優勝&来季昇格、引き分け以下は、Bellambiの結果次第という状況下で、キックオフのホイッスルがなりました。

Dsc_0432_2

Coniston のミッドフィルダー、榎戸皓平と、Helensburghのサイドバック、岡本潤哉のマッチアップ。

同学年の二人だけに、お互いライバル意識が凄いという話を、ちらっと耳にもしましたが、、(笑)

28579942_10155935583212324_22024594

シーズン前、クラブとの契約の場での榎戸皓平。この頃は髪が黒かった(笑)。

Dsc_0494_2

Coniston のセンターバックの一角を担う、栢野敬之。

1_14_1

彼は半年前と、殆ど変わっていないな(笑)。

Dsc_0503_2

Dsc_0678

Conistonのエース、小檜宏晃。

10

この写真だけ見ると、両脇の二人は、サッカーというよりラグビーの関係者っぽいな(笑)。

Dsc_0636_2

Dsc_0816

Helensburghの中盤を司る、三谷佳。

サッカーに関して言えば、もっと上のレベルでプレーできる選手。しかし僕が彼を一番評価している部分は、彼の英語習得に対する意識の高さ。

自らを敢えて厳しい環境に置こうと、シドニーとウーロンゴンの中間地点にある田舎町、Helensburghで家と仕事を見つけ、アジア人が殆どいない中で生活してきた彼。

常に英語ノートを持ち歩き、使えると思った単語、文章があれば、その場で書きとめる。

毎週行っている、オージーサッカーコーチ、Alとのカフェでの英会話タイムにも、Helensburghから電車で一時間以上掛けて参加。

そんな努力家である三谷の英語でのコミュニケーション能力は、オーストラリアに来て2年が経っていないとは思えない程の高いレベルにあります。

【生の英語を学べるこんないい環境にいるのに、それを全然活用していない人が多い!】と、話している彼。

オーストラリアに滞在している目的が何であれ、英語を習得して損をする事なんて、決してありませんよね。

Dsc_0657

長身のオージー相手にも、競り合いで殆ど負ける事がなかった、この日の榎戸。

Dsc_0781

左サイドバックとして、これといって目立ったプレーは見せなかったものの、安定したパフォーマンスを見せた岡本。

Dsc_0794

とりあえず、格好よく撮れている写真は、インスタなり、フェイスブックなり、本人達にどんどん使ってほしいので、アップします!

Dsc_0839

この写真はけっこうお気に入り!

Dsc_0854

Dsc_0858

Dsc_0877

Dsc_0881

ちょっと微妙な写真ですが、この試合で撮影した1000枚以上の写真の中では、かなりマシな方に入ります。

Dsc_0925

ポジション柄なのか、あまりいい写真が撮れなかった岡本君。こんなのしかなくてごめんなさい(笑)。

Dsc_0690

これは何のシーンだ?

Dsc_0898

Dsc_0899

Dsc_0921

Dsc_0926

ここまで、全く試合内容について触れていませんので、簡単に説明します。

Helensburghが前半開始早々に先制するものの、Conistonがその後追いつき、後半に入ってから勝ち越します。

内容的にも優勢に進めていたConistonが、そのまま逃げ切るかと思われた矢先、Helensburghが同点ゴールを決め、試合は振り出しに。

Dsc_0928

他会場で試合を行っている、2位につけるBellambiですが、後半30分までスコアレスという情報が入ってきました。

しかし残り15分を切り、万が一Bellambiがゴールを決めると一気に形勢が逆転となる状況なだけに、Conisitonの選手達の表情から、焦りが見え始めます。

Dsc_0956

Dsc_0957

Dsc_0991

緊迫する状況の中、Conistonが勝ち越しゴールとなる3点目を決め、その直後に試合終了のホイッスル。

見事Conistonが、リーグ優勝&来シーズンの昇格を決めました。

Dsc_1051

Dsc_1056

Dsc_1052

Dsc_1057

プレジデントに抱えあげられる小檜。この日の宮下が選ぶMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に、見事選ばれました。(だからと言って賞金などは何もないです笑)

40135995_279974286150292_3061447491

この最終戦を戦った5人の男たちと。

オーストラリアのIllawarra Leagueという、世界からしたら全く知られていないリーグながら、こうやって活躍している日本人選手達がいるという事を、これからもこのブログを始めとしたSMSで、どんどん伝えていきたいと思います。

【試合終了後の表彰式と、ロッカールームでの様子はこちら👆の動画からチェック!】

豪州フットボーラーズ

2018年8月22日 (水)

28歳で、初の海外挑戦に挑む事を選んだ男、小檜宏晃。

彼の存在を知ったのはちょうど一年ぐらい前、日本のビジネスパートナーである門井氏から、一本の電話が掛かってきた時である。

【是非、オーストラリアにチャレンジさせてやりたい奴がいるんですよ】

彼から話を聞くと、高校時代は東京の強豪、成立学園で10番を背負い、後にロンドンオリンピックの日本代表で活躍した、大津祐樹ともチームメイトだったという。161センチと小柄な体格ながらサッカーセンスは当時から抜群で、Jリーグの関係者は当時、大津よりも、小檜を高く評価していたとの話だ。

高校3年次にはには、東京ヴェルディの練習にも参加。元日本代表の名波氏と紅白戦でマッチアップを経験する中で、プロの壁の高さを感じつつも、決して手が届かない場所ではないと思ったという。

高校卒業後、法政大学へ進学。1年からトップチームで試合に出場し、Jリーガーへの夢が現実的なものになりつつあった大学4年の時に、膝を負傷してしまう。

そして小檜はサッカー界に別れを告げ、一般企業へと就職した。

【自分は、もうサッカーに対する未練はない】

そう言い聞かせながら、仕事に没頭した。幸い、仕事は楽しく、周りの人たちにも恵まれた。

それから約5年が過ぎた2017年11月。小檜はシドニー行きの片道チケットを右手に握り、成田空港を飛び立っていった。

【一回きりの人生、チャレンジせずに後悔だけはしたくない】

こうして、28歳小檜宏晃の、海外初挑戦が始まった。

  

シドニー到着後、さっそく州3部に所属するクラブの練習に参加。本人の中では、そこそこできたという手ごたえがあったが、次の練習には呼ばれなかった。

【外国人選手として、自分を最大限にアピールする重要性】

を痛感した。

 

その翌週、小檜が日本にいたときから、彼の経歴を見て興味を示してくれた、州1部に所属するクラブの練習に参加した。

前回の州3部のクラブでの練習で、多少オーストラリアサッカーの感覚を掴んだのか、プレーが見違えるほどに変わった。

このクラブで数回の練習後、監督から、【今までの練習で見せてくれたクオリティーを、年明けの練習試合数試合で見せてくれれば、契約したいと思う】との、ポジティブなフィードバックを貰う事に成功した小檜。

しかし彼は、年明けまで契約を待てない事情があった。

そして年明けを待たずして、1回の練習参加でオファーを出してくれた、Illawarra Disctict LeagueのConistion FCと契約する事に。

 

州1部のクラブと比べて、サッカーのレベル、給料面では見劣りする。

しかし、自分をここまで欲してくれているのか、と驚いてしまうぐらいの、情熱的なアプローチと条件を提示してくれたしてこのクラブの監督に対し、小檜は首を横には振れなかった。

【とりあえずスタート地点には立てた。ここからどんどん這い上がっていってやる】

こうして、小檜宏晃の海外でのサッカーキャリアがスタートした。

Kohinoki

現在所属するIllawarra Disctict Leagueから、一つ上のリーグであるIllawarra Premier Leagueへの昇格を絶対的使命とし、今シーズンを戦い続けてきたConistion FC。

シーズン開幕前から、Conistion FCとBellambi FCの、2チーム間の優勝争いになるだろうと言われてきた。

そんな大方の予想通り、シーズンを通じて首位争いを繰り広げてきたこの2チーム。

第20節を終えた時点で、Coniston FCがBellambi FCに僅か勝ち点1点を上回る中、第21節の両者直接対決を迎えた。

この試合で負けてしまうと、最終節である22節を残し、自力優勝が消滅してしまうConistion。

しかし、後半35分までBellambiにリードを許す苦しい展開に。

この窮地を救ったのが、28歳の海外初挑戦チャレンジャー、小檜宏晃だった。

39814887_280947172499741_9073610104

普段はあまりフェイスブックに投稿しない小檜も、このゴールはよほど嬉しかったのか、この通り。

39814300_658190071233108_8536775047

今週土曜日に行われる、Helensburgh Thistle FCとの試合に勝てば、来季より上のリーグへの昇格が決まるConiston FC。

開幕からチームの核として活躍してきた小檜が、このクラブに、【リーグ昇格】というプレゼントを届ける事ができるのであろうか?

【最終決戦】まであと3日。

豪州フットボーラーズ