カテゴリ「三吉幸樹」の3件の記事 Feed

2018年11月22日 (木)

アジア在住の草フットサル・フットボールチームが、タイ・バンコクに集結し、王座を目指してしのぎを削る大会、「F-Asia Cup」

昨年に続き今年も、【シドニーチーム 】として、この大会に参加してきました。

46787671_197908301111845_8086156321

大会前夜祭での一コマ。アジアの様々な国に住む日本人の方々と交流する、貴重な時間です。

46494440_283214202331513_5230466144

計24チームが4グループに分かれて行われる予選リーグ。

シドニーは、広州、ジャカルタ、ペナン、青島、ダッカと同じグループに入りました。

46517138_758055211218531_7080627099

昨年は、24チーム中19位を記録した【シドニーチーム】

今年は、昨年を上回る成績を残すことができるのでしょうか?

46473846_333790797439114_2217466291

シドニーから飛行機で9時間、そしてシドニーとは4時間の時差があるタイ。

この長旅と時差のせいにはしたくありませんが、入国日の次の日に行われた大会の、この開幕式の時点で、僕の体は既に疲れ切った状態でした(笑)。

46749187_198092514404163_6838575111

今年の【シドニーチーム】のメンバー。

このたった8人のメンバーで、予選と順位決定トーナメントを含めた9試合、合計90分を戦い抜かなくてはいけない状況の中、はたして最後まで体力が持つのでしょうか?

46518780_576598929443770_72584654_2

宮下と同級生、そして最近筋トレに目覚めた、三吉選手(39)。

今回の滞在中も、ホテルのジムでの筋トレを毎日欠かさず、間食は、コンビニで売っているサラダチキンという徹底ぶりを見せてくれた彼。

毎週一回はサッカーをプレーしているというだけあり、最高のコンディションでのバンコク入りです。

46472608_300737440779172_1177205803

46516744_293400611516562_8123881647

46492691_737927009898633_5499408174

8人中、4人が30代後半から40代というメンバーで、大会が進むごとに体力の低下を露呈し始めた、【シドニーチーム】

【シドニーチーム】よりも倍以上のメンバーをベンチに座らせ、体力的にもフレッシュな20代から30代前半の選手が、どんどんピッチに投入されるチームを相手に、それでも毎試合接戦を演じます。

46515847_364118091002313_2936095048

しかし、引き分けまでは持ち込むことができるものの、中々勝ち点3を奪う事ができません。

【シドニーチーム】の大会内容を正に物語っていると言える、三吉選手のこの表情。

46516402_351936695364084_8007377309

結局、23位、24位決定戦で、なんとか大会初勝利をもぎ取る事ができた【シドニーチーム】

その結果、2018年の「F-Asia Cup」は、23位という成績で終える事になりました。

46508790_120232822218149_2535092205

大会後に行われた懇親会。とりあえずビールでカンパーイ!

46511356_2294762514125569_720950062

200人近くの大観衆を前に、マイクを片手にステージでスピーチをする宮下。

46518617_316266762527214_5419771694

そして、抽選により選ばれた選手に、シドニーから持ってきたお土産を贈呈しました。

そのお土産の中身は、僕がオーストラリアに初めて来た17年前に、一口食べてトラウマになって以来、全く口にしていない【ベジマイト】

はたして、彼は最後まで食べてくれるのでしょうか?(笑)

46498198_1785493384906214_642051354

【FCニッポン】という、シドニーの日本人草サッカーチームで一緒にボールを蹴った、山田展弘にもバンコクで再会。

現在、バンコクに住んでおり、今回の大会はバンコクチームで出場した彼。来年は【シドニーチーム】で参加してくれないかな?(笑)

 

46711411_1995683320510343_298638105

そんなこんなで、今回の4泊5日のバンコク滞在も、新たな出会いと発見でいっぱいの、有意義な滞在となりました。

主催者側から招待していただければ、来年も参加したいと思っていますので、【シドニーチーム】で一緒にプレーされたい方は、是非ご連絡ください。

豪州フットボーラーズ

2016年10月13日 (木)

日本代表対オーストラリア代表の試合観戦をメインに、2泊3日の日程でメルボルンに行ってきました。

Img_2960

サマータイムが始まったのにも関わらず、メルボルンの朝はまだ寒いです。試合当日の朝の気温は8度と、真冬を感じさせる寒さでした。

Img_2961

シドニーから来ると、同じオーストラリア国内にもかかわらず、外国に来たような錯覚に陥ってしまう程のヨーロピアンチックな街並みを誇るメルボルン。現在、メルボルンでもビジネスを着々と進めていますが、将来的にはオーストラリアでの生活の半分ぐらいはメルボルンでもいいかなと思っているぐらい、個人的にとても魅力的な都市です。

Img_2965

今年5月以来の訪問となったカジュアルダイニングカフェ「Third Wave」。元同僚の旦那さんが経営しているという事を抜きにしても、味と量、そしてサービスが抜群で、本当にお勧めできるカフェです。

Img_2978

オーストラリアサッカー協会から、試合の観戦チケットを頂きました。

Img_2967

試合開始前に行われたファンクションで、オーストラリアサッカー協会のお偉いさん達とビールを片手に、サッカー談話に花を咲かせました。日本サッカー界、そしてオーストラリアサッカー界の為に、一緒にできる事が多いという結論に達し、シドニーで本格的にミーティングを行おうという流れになりました。こんな偉い方達と繋がれる事が出来ただけでも、このメルボルン旅行は、とてつもなく価値があるものになったと思います。

Img_2973

今回の旅の友である、37歳のチャレンジャー、三吉幸樹さん。同い年ながら、現役サッカープレーヤーとしてプレーする彼に負けない位、僕もストイックな生活をしていこうと再決意させてくれた旅となりました。

豪州フットボーラーズ

2016年10月 9日 (日)

サッカー選手をサポートする職に就きながらも、自分がピッチに立っていない違和感を常に感じてきた男、三吉幸樹37歳。一度きりの人生だから、トライしないで後悔はしたくない、この歳で自分がどこまで通用するのか、とことんやりきってみたい。そんな気持ち一つで、3日前にシドニーの地へ降り立ちました。

0q2a9445

僕自身、今日三吉がトライアル参加したクラブのオーナーとは旧知の仲ですが、彼に三吉の年齢を聞かれた時に、一瞬たりとも答える事をためらってしまった自分自身が、とても情けなく感じてしまいました。10年来の友人である三吉の実力に関して、正直このレベルでプレーできるかと聞かれれば、自信を持ってイエスとは言えない自分がいるのは事実ですが、彼のこのトライアルに掛ける熱意と今までの努力を十二分に知っているだけに、年齢を理由に不利益を被る事だけは避けたいと、オーナーには彼がこのトライアルに向けてどれだけのものを犠牲にしてトレーニングを積んできたのか、このクラブにどれだけ愛情を持っているのかを、力説しました。

0q2a9480

この日、三吉と一緒にトライアルに参加した影山淳人22歳。渡航して1週間の彼も、自分の可能性を信じてシドニーの地へ降り立った一人です。

0q2a9497

0q2a9504

0q2a9586

0q2a9550

小気味よい動きで、オーストラリア人ディフェンダーを翻弄する影山。本人はまだ体力的に問題があると話していたものの、このトライアルを見る限りは、そんな事は微塵とも感じさせない動きを見せていました。

0q2a9532

0q2a9592

0q2a9688

鹿島アントラーズの練習着でトライアルに臨む長石一真。彼はもっと上のレベルで十分プレーできる選手ですが、ポイントシステムや外国人枠等の兼ね合いもある為、なるべく色々なクラブで見てもらいたいと思い、このトライアルに連れてきました。案の定、この日参加したトライアル生のの中では、別格の活躍を見せていました。

0q2a9613

今年のシーズン途中にシドニーへ渡航した宮本靖史は、渡航当初は全くコンディションが整っていなく、結局チームは決まらなかっだけに、2017シーズンに掛ける意気込みは人一倍です。

0q2a9620

この日のトライアル会場。晴天な青空の下、こんなだだっ広い芝のグラウンドでサッカーができるという事実だけでも、日本と比べて本当に環境は恵まれているなと感じます。

0q2a9626

すぐ横もこんなに芝が青々と茂っています。

0q2a9652

サイドハーフのポジションでプレーした三吉。、本人の運動量が少ない事もあり、中々ボールを触る機会がなかったものの、一度ボールを持つと、中村俊輔を彷彿とさせる左足のドリブルで相手ディフェンダーを翻弄(ちょっと言い過ぎかな?)し、存在感をアピールしていました。

0q2a9662

この強烈なシュートは惜しくもポストに直撃!

0q2a9670_2

現在メルボルンに来ているハリルホジッチ監督対するアピールなのか、しっかりとデュエルを意識したプレーも見せてくれた三吉。このプレーに、相手ディフェンダーもへっぴり腰に。

0q2a9630

トライアル終了後、清々しい表情でこの日の感想を語ってくれた三吉。「今までサポートする立場でピッチの上でプレーする選手を見てきたが、実際に自分がピッチの上に立ってみると、ピッチの外からでは到底考えられない物が見え、感じる事ができた。まだまだ現役でやっていけるという自信がついた。」

Img_2912

この日の三吉のトライアルを熱く見守った宮下と、トライアル終了後に熱い握手を交わす三吉。

Img_2922

三吉のリクエストで、腕の太さ比べ。この腕の細さではまだまだオーストラリアではデュエルで勝てませんね!来週火曜日の日本代表対オーストラリアの試合に向けて、明日よりメルボルンへ一緒に飛び立ちます!

豪州フットボーラーズ