森京次 Feed

2017年8月 1日 (火)

このブログでは報告できませんでしたが、昨年行われたArab Bank Australia Cup 2016で見事優勝を果たした日本チーム。昨年の12チームから16チームに参加国が増えた今年の大会、連覇を目指す日本チームの戦いは、既に始まっています。

0q2a5734

Arab Bank Australia Cup 2016で優勝した時の日本のメンバー。当時NPL1でプレーしていた、佐々木周、中村風太、川瀬浩太といった選手が主軸となり、引き分けだった初戦以外は、5試合すべて危なげない試合運びで、優勝トロフィーを手にしました。

Site_197_arabic_544013

2016年大会を開催するにあたり、各コミュニティーの代表者たちとの会議&親睦会が行われた時のもの。こういった人たちとの繋がりも、サッカービジネスを展開する上でとても重要になってきます。

Dsc_2692

2017年10月の大会に向けて、既に始動している日本チーム。まだシーズン中である為、現在この練習に参加できる選手の数は限られていますが、ほとんどの選手達がオフシーズンに入る8月末からは、対外試合がすでに多く組まれています。

Dsc_2696

普段はキーパーでプレーしている中野太愛と、岡本潤哉のマッチアップ。

Dsc_2764

短期サッカー留学でシドニーに来ている中高生たちも、この練習に参加。

Dsc_2774

Dsc_2780

Dsc_2793

Dsc_2796

Dsc_2798

Dsc_2807

試合中に、コートの外で何かをしている西村純。

Dsc_2804

よく見ると、みんなの為に水筒を準備していた西村純。中高生の模範となるべく、率先して人の為に動く、尊敬に値する男です。

Dsc_2831

水筒の準備を終え、ピッチへ戻ってきた西村。

Dsc_2874

ひとたびビッチに入ると、普段の柔和な表情から戦闘モードに切り替わります。

Jun

そして中学生を相手に、この強烈なアフターのショルダータックル!そしてその後の、してやったり感が滲み出ている表情も渋い!(上の画像をクリックしてください!)

Dsc_2890

Dsc_2928

Dsc_2936

30代のおっさん対決!この画像だけ見ると、何をしているのかまったくわかりませんが(笑)。

Dsc_2958

Dsc_2974

ピッチ内では、中学生だろうが60代だろうが、全力で身体をぶつけにいく西村。彼の辞書に手加減という言葉はありません。

Dsc_2975

Dsc_2898

西村の敏捷な動きについていけず、思わず腰に腕を巻いてしまった高校生。そしてこの西村の視線の向かう先は?

Dsc_3057

爽やかな表情を見せる藤田。

Dsc_3068

本ブログ初公開、藤田のサッカーをやっている時の本気の表情。

Dsc_3109

Port Kemblaで主力として活躍する、森京次とのマッチアップはいかに?

Dsc_3110

藤田の圧力に、思わず後ずさりをしてしまった森京次。

20524347_10155367455447324_20487450

この日のトレーニングに参加した、11人のプレーヤーたち。Arab Bank Australia Cup 2017に向けて、引き続きしっかりと練習を行っていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年7月17日 (月)

2017年7月16日に行われたIllawara Premier Leagueの第17節、South Coast United対 Port Kemblaの試合に行ってきました。

Dsc_1280

この試合に出場したSouth Coast Unitedの金城基樹とPort Kemblaの森京次。金城の試合を見るのは昨年の5月以来、実に1年ぶり! http://goshufootballers.com/2016/05/melbourneffa-ffe2.html

このIllawara Premier Leagueでのプレーは、今シーズンで4シーズン目となる金城。今でこそ、このリーグのほとんどのクラブに日本人選手が所属していますが、金城が初めてこのリーグでプレーしたシーズンは、日本人選手は彼以外にいませんでした。僕自身、Illawara Premier Leagueに関してまったく情報やコネクションがなかった当時、知り合いを通じてIllawara Premier Leagueに所属するWollongong Unitedのオーナーを紹介され、所属クラブがなかった金城を送ったのが全ての始まりでした。この年、シーズン途中からWollongong Unitedに加入した金城は加入直後からチームの中心選手として大活躍し、その翌年、さらに3人のアジア人選手を加えたWollongong Unitedは、見事にリーグ優勝を果たすという快挙を成し遂げました。

Dsc_0998

オーストラリアに来て最初に練習参加した、当時NSW Premier Leagueに所属していたMarconiでの金城のプレーを見た、当時の僕のアシスタント(小澤ちゃん)は、「テベスのようなキレキレなドリブルをする凄まじいプレーヤー」と、評した程です。そんな金城も、この日はいつものらしさを発揮できずに、プレーに精彩を欠いていました。

Dsc_1031

シーズン途中から加入し、この試合がPort Kemblaでの3試合目となった森京次。ボランチでの出場となったこの試合では、守備の面での活躍が光っていました。

Dsc_1046

Dsc_1082

Dsc_1084

チームメイトとも積極的にコミュニケーションを図る森。

Dsc_1126

Dsc_1175

Dsc_1225

このパッとしない表情がこの日の金城のパフォーマンスを物語っています。

Dsc_1263

Dsc_1269

Dsc_1287

本当はもっとできるはず、、、、

Dsc_1310

ヘディングにも、森の闘志とやる気がみなぎっています。試合中、監督からしきりに「Kyoji good!」という言葉が聞こえてきたぐらい、彼のこの試合でのパフォーマンスは際立っていました。

Dsc_1386

守備的なポジションでありながら、チャンスがあれば攻撃に絡む姿勢を見せた森。試合後に本人も語っていましたが、攻撃の部分ではまだ課題が残されています。

Dsc_1396

後半途中でベンチに下がった金城。一体何を話しているんでしょうか?

Dsc_1413

Dsc_1414

Dsc_1415

Dsc_1416

ボールがないところでも、激しさを十分に見せてくれた森。

Dsc_1428

しかし激しさがいきすぎて、レフリーから注意が入ります。

Dsc_1454

結局、序盤から優位に試合を進めたPort Kemblaが、South Coast Unitedを相手に3-0と快勝。勝利はしたものの、試合後の森の表情からは勝利の満足感よりも、自分の力をまだ全然出し切れていないというもどかしさが、ひしひしと伝わってきました。

一方の金城は、試合直前からの腹痛が原因で彼本来のパフォーマンスを見せられなかったと、試合後のインタビューで語っていました。大学サッカーの名門である阪南大学サッカー部で、2年からトップチームでプレーしていた金城基樹。そんな素晴らしい経歴と実力を持っている金城ですが、彼はまだ自身のポテンシャルをオーストラリアで出し切れていないと僕は感じています。果たして金城がそのポテンシャルをフルに発揮する時がオーストラリアで来るのか?金城基樹の今後を、引き続きレポートしていきます。

豪州フットボーラーズ

2017年6月17日 (土)

大学卒業後にFC岐阜セカンドに入団するものの、チームでは中々出場機会に恵まれず、環境を変えるために今回のオーストラリアでのチャレンジを決意した、森京次22歳。

センターバックからサイドバック、ボランチと、守備的なポジションならどこでもプレーできるバーサタイル(適応範囲が広い)プレーヤーである森。この森がシドニーへ渡航してくるタイミングで、Illawarra Premier Leagueに所属するイタリア系クラブ、Port Kembla FCのオーナーから、ボランチを探しているという連絡を受け、彼を早速このクラブの練習に連れて行きました。

1

対人の強さには自信を持っているという森。強靭なフィジカルを誇るオーストラリア人相手に、その強さがどこまで通用するのでしょうか?

3_2

65

8_3

紅白戦を前に、監督から英語での指示を直接受ける森。英語でのコミュニケーション能力も、クラブと契約する為の重要な要素である事には間違いありません。

6

この紅白戦でのパフォーマンス次第で、契約できるかできないかが大きく左右される事を、森も十分に熟知しています。

7

9_2

球際での競り合いも負けていません!

10_2

闘志みなぎるこの表情!  

11

13

14_2

オーストラリアでの初の練習参加で、十分に自身の実力アピールできた森。果たして監督の評価は?

15_3

今シーズンよりPort Kembla FCの指揮を執っている、元AリーガーのNoel Spencerは初練習後の森に対して 「テクニックの高さだけでなく、このリーグでプレーするのに必要なフィジカルの強さも持っている。契約を前向きに考えたい」 と高く評価をしてくれました。

Kyoji

そして今週の月曜日、Port Kembla FCと契約を交わした森京次。国際移籍手続きの関係で、今週末の試合には出場できませんでしたが、練習での紅白戦ではスタメン組のボランチでプレーしているだけに、即戦力としての活躍が期待されます。

豪州フットボーラーズ