カテゴリ「牧田啓希」の2件の記事 Feed

2017年9月26日 (火)

Illawarra District LeagueのReserve Grade(2軍)の決勝に進出したFernhill Foxes。

その決勝を戦うFernhill Foxesのメンバー入りをした牧田啓希は、後半頭からの出場となりました。

Dsc_7137

クラブの1部昇格の為の【外国人助っ人選手】として、大きな期待を背負ってこのクラブに入団した牧田。しかしながら、日本とのサッカースタイルの違いや、英語でのコミュニケーションの壁に苦しむ時期が長く続き、最後までトップチームのスタメンには定着する事はありませんでした。

トップチームでのプレータイムは限られていた牧田ですが、リザーブチームの中心選手としてシーズン17ゴールを記録、得点ランキング3位という大活躍を見せます。

牧田を中心とした攻撃サッカーを標榜したFernhillのリザーブチームは、圧倒的な強さでレギュラーシーズンを1位で終了。ファイナルシリーズも順当に勝ち上がり、満を持してこの日のファイナルを迎ええます。

Dsc_7171

トップチームのセミファイナルの試合では、ベンチ入りしたものの、結局出番がなかった牧田。

チーム内での得点ランキングは2位であるにも関わらず、戦術的な理由との監督の判断で、この日も途中からの出場となった牧田は、その悔しさをピッチ上で爆発させる事ができるのでしょうか?

Dsc_7180

Dsc_7181

0-2のビハインドの状況でピッチに投入された牧田は、後半開始早々から、積極的にシュートを狙っていきます。

Dsc_7201

Dsc_7209

チームカラーと同じレッド色に髪を染め上げてこの試合に臨んだ牧田に対し、ブルー色をチームカラーとする相手チームのサポーターからは野次も飛んできます。

Dsc_7283

Dsc_7284

Dsc_7225

1500人以上の観客が会場を埋め尽くしたこの日の試合、牧田にとっては、アドレナリンがマックス状態にならざるをえないこの雰囲気の中で、いつもよりも力みすぎてかシュートもバーの上に。

Dsc_7299

今シーズンのIllawarraサッカー界を騒がせたこの男も、険しい表情をしながらこの試合を観戦。

Dsc_7350

後半に1点を返すものの、最後の最後までチャンスを決めきれずに、Fernhillは決勝で涙を呑む結果となりました。

試合後に、優勝に喜ぶ相手チームの選手達の横で、呆然と膝をつく牧田。シーズンで最も重要な試合で、結果を残せなかった自分に対する失望感からくるものなのでしょうか。

Dsc_7373

準優勝のメダルを貰う彼からは、どこかしらか寂しげな表情が伺えます。

Dsc_7377

撮影機材を持っていると、どの会場に行っても色々な人に話しかけられる藤田カメラマン。最近トレーナーをつけて筋トレ中との事なので、マッチョになる日も近い?

Dsc_7391

今回のインタビューを受ける事に備えて、話す内容を考えていたという牧田。チームは負けてしまったものの、この日の彼の試合、そしてインタビューを撮った映像は、彼の一生の宝物になる事でしょう。

豪州フットボーラーズ

2017年9月19日 (火)

加藤成幸、三谷佳、岡本潤哉といった、日本人3選手が所属するHelensburgh Thistle。

彼ら日本人選手達の活躍もあり、レギュラーシーズンを4位で終えたHelensburghは、負けたらシーズン終了という状況で臨んだファイナルシリーズで、5位と3位のチームを見事に撃破しました。

そしてこの日、決勝進出をかけて、レギュラーシーズン1位のFernhill Foxesとの戦いに挑みました。

Dsc_6417

レギュラシーズンは、17勝1敗4引き分けといった圧倒的な強さで、シーズン優勝、そして上のリーグへの昇格を決めたFernhill 。そんな強敵を相手に、Helensburghは一泡かせる事ができるのでしょうか?

Dsc_6418

バックラインの選手が全員190センチ近くあり、セットプレーでの得点を武器としているFernhillに対し、小柄な選手が多い中、スピードで勝負を仕掛けてくるHelensburghの試合は、試合序盤から一進一退の攻防が繰り広げられます。

Dsc_6433

左サイドバックで出場した岡本潤哉。小柄ながら、身体の使い方が上手く、大柄な相手アタッカーとの一対一でも試合を通じて終始、優位に立っていました。

Dsc_6473

Dsc_6485

Dsc_6502

ボランチで出場した三谷佳。足元の技術を持っている選手ですが、この日は少ないタッチでボールを裁きながらゲームをコントロール。攻撃の潤滑油となっていただけでなく、相手攻撃の芽を積む上でも、大事な仕事をしていました。

Dsc_6510

前半途中から降り出した雨の影響で、体感温度が一時10度近くまで落ちたこの試合。会場に足を運んだ多くの人々は、90分で勝負が決まる事を心底望んでいたのですが、、

Dsc_6564

なんとなく気に入ったショットだったので(笑)。

Dsc_6569

今シーズン24ゴールを挙げ、Illawarra District Leagueの得点王に輝いた、加藤成幸。

Dsc_6579

通常は2軍でのプレーが多いものの、この日はFernhillの1軍のベンチ入りをした、牧田啓希。果たしてこの試合での出番はあるのでしょうか?

Dsc_6616

Dsc_6638

前半にセットプレーからFenhillが先制。一番警戒していた、相手の高さを利用されての失点に、Helensburghの選手達も肩を落とします。

Dsc_6658

しかしその1分後、右サイドを突破した加藤のクロスから、中央に構えていた選手のボレーがネットに突き刺さり、試合を振り出しに戻します。

Dsc_6673

加藤と得点を決めた選手との、アイコンタクト(笑)。

Dsc_6718

Dsc_6916

前週の試合で、足を負傷した加藤。その負傷の影響で、試合を通じて彼の切れのあるドリブルは影を潜めていたものの、決定的なシーンではきっちりと仕事をしてくれました。

Dsc_6719

日本人選手達のプレーをベンチに座りながら綿密に分析する、最近豪州ソリューションズのメンバーに加わった、手島分析担当。

Dsc_6764

現在、Helensburghに住んでいる三谷ですが、この試合の前日夕方に電車で一時間以上かけて、シドニーまで日本人選手同士のフットサルをプレーしに来るぐらいの、無類のサッカー好きです。

そんな三谷は監督から、【あいつは練習グラウンドに誰よりも早く来て、いつもダッシュのトレーニングをしている。サッカーに対する姿勢が素晴らしい】と、絶大な評価を受けています。

Dsc_6810

後半に入り、またもやセットプレーからFernhillが得点したと思いきや、Helensburghもすかさず同点に追いつき、その後も両チームとも1点ずつを決め合うという、シーソーゲームとなったこの試合。

決着は90分では決まらず、延長戦に突入します。

Dsc_6850

Fernhillが退場者を出し、圧倒的に有利な状況となったHelensburgh。

そこからHelensburghが、ゴール前で多くの得点チャンスを作り出すものの、なかなか決めきれない時間が続きます。

Dsc_6899

Dsc_6924

サイドバックが本職ながら、オーストラリアに来た当初は、サイドバックというポジションで外国人枠を争うには難しいと感じ、サイドハーフやフォワードでNPL2の練習に参加した経験を持っている岡本。

しかしこの試合を観て、やはり彼のベストなポジションはサイドバックだという事を再認識させてくれる位、攻守において素晴らしい活躍を見せてくれました。

Dsc_6982

丘の上でウォーミングアップをしながら、戦況を見つめる牧田。残念ながら、この試合での出場はありませんでした。

Dsc_6987

Fernhillのプレジデント(中央の白髪の方)も、試合開始からずっと立ち見で試合を観戦。

僕自身、プレジデントとはかなり親しく、短期留学生の受け入れ等、色々とお世話になっている為、他チームとの試合であればFernhillを応援するのですが、

今日ばかりは、僕がマネージメントしている選手が3人、Helensburghでプレーしている為、彼から少し離れた場所で、Helensburghを応援させて頂きました(笑)。

Dsc_7002

藤田カメラマンの爽やかなスマイル(笑)。

Dsc_7016

自分より遥かに大きな男たちに囲まれながらも、相手ゴール前でのセットプレーに参加する岡本。

Dsc_7024

Dsc_7025

シェアメイトの応援に駆け付けた、中野太愛と永吉杏。

Dsc_7039

延長後半、Helensburghのプレーイングマネージャー(選手兼任監督)であるBrad Boardmanが、自身をピッチに送り出します。今はこのように恰幅の良い彼ですが、2009年には、NSW Premier League(現在のNPL NSW Men's 1)で、得点ランキング2位、最優秀選手賞を受賞しているだけの実力の持ち主です。

ウォーミングアップを殆どする事なくピッチに入ってきた、そんなBradの身体が温まる前に、延長後半が終了するホイッスルが鳴ります。そして試合はPK戦へと突入します。

Dsc_7060

Fernhillの初めの3人が全て外したのに対し、Helensburghは3人ともきっちりと決め、レギュラーシーズンを4位で上がってきたHelensburghが、大方の予想に反して決勝進出を決めました。

Dsc_7111

試合終了後、ピッチ上で喜びの感情を爆発させたHelensburghの選手達。アンダードックとして挑む、今週末に行われるファイナルでも、試合後にこの喜びを再現する事ができるのでしょうか?その模様も、徹底取材して皆さんにお届けします!

【この試合の模様を撮った動画はこちらからup

豪州フットボーラーズ