カテゴリ「三野智也」の1件の記事 Feed

2019年5月19日 (日)

174センチ、80キロ。

この数値だけを見れば、サッカー選手というよりはラグビー選手に近い。

しかし、彼はれっきとしたサッカー選手だ。 

三野智也(20)

岡山県のサッカー強豪校、作陽高校で9番を付けていたこの男。

一体この体形で、どんなプレーを見せてくれるのか?

60342381_310635086505045_8769868570

三野がシドニーへ到着したのは、5月11日。

それから約一週間経った今日、やっと彼のプレーを見る事ができた。

【豪州ソリューソンズ】のほとんどの選手が通過する【シドニー韓国人リーグ】

(全然走れないので、期待しないで下さいよー)と話していた三野の言葉通り、いくら作陽で9番を付けていたからといって、長い間ブランクがある彼に、僕は正直、あまり期待はしていなかった。

Dsc_7327

本職はフォワードだが、この試合では左サイドのミッドフィルダーとして出場した三野。

試合開始から約30秒後のファーストタッチで、試合前に彼に抱いていた僕の期待は、良い意味で裏切られた。

確かに身体は重そうだが、往年のウェイン・ルーニーを彷彿させる様な、ゴリゴリドリブルで相手ディフェンダーを抜いていく。

そしてボールタッチも柔らかく、視野の広さもある。

彼がなぜ、作陽で9番を付けていたか十分に納得させられる実力を、短時間で見せつけてくれた。

Dsc_7375

Dsc_7379

Dsc_7436

Dsc_7442

Dsc_7445

Dsc_7457

Dsc_7459

Dsc_7461

Dsc_7475

Dsc_7525

この試合で見せてくれたパフォーマンスは、全然ダメだったと話してくれた三野。

確かに運動量は少なかったかもしれないが、僕は彼のサッカーセンスに物凄いポテンシャルを感じた。

身体さえ絞れば、NPLの上のリーグでプレーできる可能性も十分にある。

後は本人がどれだけ、それに対してストイックに節制していけるかだ。

60338187_2362572527399808_575425968

大学サッカーに失望し、一度はサッカーを辞めた男。

この男が、再起を誓ったオーストラリアの地で、どこまで這い上がっていけるのか?

引き続き、三野智也のチャレンジを伝えていきたいと思う。

豪州フットボーラーズ