カテゴリ「三谷佳」の4件の記事 Feed

2017年9月28日 (木)

Illawarra Districk Leagueのファーストグレード(1軍)の決勝戦に駒を進めた、Helensburghの3人の侍たち。

2017シーズン最後となるこの試合後に、優勝トロフィーを掲げる事ができるのでしょうか?

Dsc_7403

試合開始まで時間があったので、会場から車で10分ほどにあるビーチでくつろぐことに。

Dsc_7407

ベンチに座り、海を眺めながら思索にふける、藤田カメラマン。これから始まる戦いに向けて、精神統一をしているのでしょうか。

Dsc_7485

試合開始に先立ち、オーストラリア国歌の斉唱が行われました。

Dsc_7502

相手チームのサポーターよりも圧倒的に多い数の、Helensburghのサポーターがスタンドを埋め尽くしたこの試合。この大勢のサポーターの前で負けるわけにはいきません!

Dsc_7549

前の試合と同様、この試合もフォワードのポジションで出場した加藤成幸。

Dsc_7650

ボランチで出場した三谷佳。

Dsc_7577

左サイドバックで出場した岡本潤哉。

Dsc_7601

Dsc_7605

Dsc_7607

Dsc_7618

Dsc_7629

Dsc_7668

両者とも見せ場を作るものの、決定機には至らず、試合は0-0で後半に突入します。

Dsc_7710

給水タイムに選手達にハッパをかける、監督兼プレーヤーのブラッド。この試合での彼の出場はあるのでしょうか?

Dsc_7715

延長に突入かと思われた後半43分、サイドのクロスからのヘディングで、相手チームが先制します。

Dsc_7722

最後の望みをかけて、ついにブラッドが自分をピッチに投入!ロスタイムに奇跡は起きるのか?

Dsc_7736

ブラッドを前線に配置し、パワープレーで相手のゴールを脅かすものの、結局ゴールを割れず、無情にも試合終了のホイッスル。この瞬間、Helensburghのファイナルシリーズでの快進撃に、終止符がうたれました。

決勝で敗れはしたものの、今までファイナルシリーズにも進めなかった弱小チームであるHelensburghが、今シーズンここまで来れたのも、3人の侍たちの力によるものが大きいという事は、このクラブの誰もが知っている事実です。

【この試合の模様が、現地のスポーツニュースで放映されました☝】

Dsc_7752

この試合で攻守に渡って大活躍を見せ、宮下が選ぶMVPに選ばれた三谷佳。

日本での社会人生活を辞め、オーストラリアにサッカーチャレンジをしに来た三谷の口から、オーストラリアに来て本当に良かったという言葉を聞いたとき、もっと多くの若者たちに、オーストラリアでチャレンジする道を開いていきたいと強く思いました。

【10月の中旬から、2018シーズンのトライアルがスタートします。既に2018シーズンのチャレンジャー数人がシドニーに到着しているだけでなく、10月から2月にかけて、多くのチャレンジャー達がシドニーへ渡航予定です。サポートできる人数が限られている為、2018シーズンのチャレンジをお考えの方は、お早めにご連絡ください!】

豪州フットボーラーズ

2017年9月19日 (火)

加藤成幸、三谷佳、岡本潤哉といった、日本人3選手が所属するHelensburgh Thistle。

彼ら日本人選手達の活躍もあり、レギュラーシーズンを4位で終えたHelensburghは、負けたらシーズン終了という状況で臨んだファイナルシリーズで、5位と3位のチームを見事に撃破しました。

そしてこの日、決勝進出をかけて、レギュラーシーズン1位のFernhill Foxesとの戦いに挑みました。

Dsc_6417

レギュラシーズンは、17勝1敗4引き分けといった圧倒的な強さで、シーズン優勝、そして上のリーグへの昇格を決めたFernhill 。そんな強敵を相手に、Helensburghは一泡かせる事ができるのでしょうか?

Dsc_6418

バックラインの選手が全員190センチ近くあり、セットプレーでの得点を武器としているFernhillに対し、小柄な選手が多い中、スピードで勝負を仕掛けてくるHelensburghの試合は、試合序盤から一進一退の攻防が繰り広げられます。

Dsc_6433

左サイドバックで出場した岡本潤哉。小柄ながら、身体の使い方が上手く、大柄な相手アタッカーとの一対一でも試合を通じて終始、優位に立っていました。

Dsc_6473

Dsc_6485

Dsc_6502

ボランチで出場した三谷佳。足元の技術を持っている選手ですが、この日は少ないタッチでボールを裁きながらゲームをコントロール。攻撃の潤滑油となっていただけでなく、相手攻撃の芽を積む上でも、大事な仕事をしていました。

Dsc_6510

前半途中から降り出した雨の影響で、体感温度が一時10度近くまで落ちたこの試合。会場に足を運んだ多くの人々は、90分で勝負が決まる事を心底望んでいたのですが、、

Dsc_6564

なんとなく気に入ったショットだったので(笑)。

Dsc_6569

今シーズン24ゴールを挙げ、Illawarra District Leagueの得点王に輝いた、加藤成幸。

Dsc_6579

通常は2軍でのプレーが多いものの、この日はFernhillの1軍のベンチ入りをした、牧田啓希。果たしてこの試合での出番はあるのでしょうか?

Dsc_6616

Dsc_6638

前半にセットプレーからFenhillが先制。一番警戒していた、相手の高さを利用されての失点に、Helensburghの選手達も肩を落とします。

Dsc_6658

しかしその1分後、右サイドを突破した加藤のクロスから、中央に構えていた選手のボレーがネットに突き刺さり、試合を振り出しに戻します。

Dsc_6673

加藤と得点を決めた選手との、アイコンタクト(笑)。

Dsc_6718

Dsc_6916

前週の試合で、足を負傷した加藤。その負傷の影響で、試合を通じて彼の切れのあるドリブルは影を潜めていたものの、決定的なシーンではきっちりと仕事をしてくれました。

Dsc_6719

日本人選手達のプレーをベンチに座りながら綿密に分析する、最近豪州ソリューションズのメンバーに加わった、手島分析担当。

Dsc_6764

現在、Helensburghに住んでいる三谷ですが、この試合の前日夕方に電車で一時間以上かけて、シドニーまで日本人選手同士のフットサルをプレーしに来るぐらいの、無類のサッカー好きです。

そんな三谷は監督から、【あいつは練習グラウンドに誰よりも早く来て、いつもダッシュのトレーニングをしている。サッカーに対する姿勢が素晴らしい】と、絶大な評価を受けています。

Dsc_6810

後半に入り、またもやセットプレーからFernhillが得点したと思いきや、Helensburghもすかさず同点に追いつき、その後も両チームとも1点ずつを決め合うという、シーソーゲームとなったこの試合。

決着は90分では決まらず、延長戦に突入します。

Dsc_6850

Fernhillが退場者を出し、圧倒的に有利な状況となったHelensburgh。

そこからHelensburghが、ゴール前で多くの得点チャンスを作り出すものの、なかなか決めきれない時間が続きます。

Dsc_6899

Dsc_6924

サイドバックが本職ながら、オーストラリアに来た当初は、サイドバックというポジションで外国人枠を争うには難しいと感じ、サイドハーフやフォワードでNPL2の練習に参加した経験を持っている岡本。

しかしこの試合を観て、やはり彼のベストなポジションはサイドバックだという事を再認識させてくれる位、攻守において素晴らしい活躍を見せてくれました。

Dsc_6982

丘の上でウォーミングアップをしながら、戦況を見つめる牧田。残念ながら、この試合での出場はありませんでした。

Dsc_6987

Fernhillのプレジデント(中央の白髪の方)も、試合開始からずっと立ち見で試合を観戦。

僕自身、プレジデントとはかなり親しく、短期留学生の受け入れ等、色々とお世話になっている為、他チームとの試合であればFernhillを応援するのですが、

今日ばかりは、僕がマネージメントしている選手が3人、Helensburghでプレーしている為、彼から少し離れた場所で、Helensburghを応援させて頂きました(笑)。

Dsc_7002

藤田カメラマンの爽やかなスマイル(笑)。

Dsc_7016

自分より遥かに大きな男たちに囲まれながらも、相手ゴール前でのセットプレーに参加する岡本。

Dsc_7024

Dsc_7025

シェアメイトの応援に駆け付けた、中野太愛と永吉杏。

Dsc_7039

延長後半、Helensburghのプレーイングマネージャー(選手兼任監督)であるBrad Boardmanが、自身をピッチに送り出します。今はこのように恰幅の良い彼ですが、2009年には、NSW Premier League(現在のNPL NSW Men's 1)で、得点ランキング2位、最優秀選手賞を受賞しているだけの実力の持ち主です。

ウォーミングアップを殆どする事なくピッチに入ってきた、そんなBradの身体が温まる前に、延長後半が終了するホイッスルが鳴ります。そして試合はPK戦へと突入します。

Dsc_7060

Fernhillの初めの3人が全て外したのに対し、Helensburghは3人ともきっちりと決め、レギュラーシーズンを4位で上がってきたHelensburghが、大方の予想に反して決勝進出を決めました。

Dsc_7111

試合終了後、ピッチ上で喜びの感情を爆発させたHelensburghの選手達。アンダードックとして挑む、今週末に行われるファイナルでも、試合後にこの喜びを再現する事ができるのでしょうか?その模様も、徹底取材して皆さんにお届けします!

【この試合の模様を撮った動画はこちらからup

豪州フットボーラーズ

2017年6月16日 (金)

オーストラリア・シドニーを楽しむための生活情報誌「チアーズ」。月一回発行されるこの情報誌に、約3年前からコラムを書かせていただいています。

僕のウェブサイトやブログだけでは、オーストラリアでプレーする日本人選手の活躍を伝えるのには限界がありましたが、シドニーの留学エージェント、日本食レストラン等に置かれている「チアーズ」にコラムを掲載しはじめてから、シドニーに住むより多くの日本人の方に、このサッカーの活動を知っていただけるようになりました。

Cheers

  

07

今後も「チアーズ」を通じて、シドニーの日系コミュニティーに、選手達の活躍を伝えていければと思います。

この動画シリーズも、今後さらにパワーアップする予定なので、ご期待ください!

豪州フットボーラーズ

2017年6月15日 (木)

シドニー南部、ウーロンゴンの入り口に位置するHelensburgh。このHelensburghを本拠地とし、Illawarra Districtリーグに所属する、セミプロサッカークラブであるHelensburgh Thistleで、今シーズン途中から加入した3人の日本人選手達が、活躍を見せています。

他のチームに比べ若手選手主体のHelensburgh Thistle、2017シーズンの開幕を迎え、開幕戦の2-7というスコアを皮切りに、2試合目は0-5、3試合目は1-3と、厳しいスタートとなりました。

その中、4試合目から日本人選手3人が加入したことにより、ここからHelensburgh Thistleの快進撃が始まりました。その後の8試合を7勝1敗という素晴らしい結果で終え、シーズンの中間地点である第11節が終わった現在、12チーム中4位という、プレーオフ進出圏内である、5位以内の位置につけています。

Sdsc_9734

この3人の日本人選手の中でも、特に際立った活躍を見せているのが、公式戦8試合で12ゴールを記録し、現在このリーグの得点王を独走している加藤成幸。九州の強豪である九州共立大学サッカー部出身の彼の大学時代のポジションはサイドバックながらも、このチームではストライカーやトップ下のポジションでプレーしています。オーストラリアに来た当時、右サイドバックや右サイドハーフのポジションで、他のクラブのトライアルや練習に参加していた加藤。しかし、なかなか契約に至らず、外国人選手としてクラブと契約し、プレーするには、目に見える結果、数字を挙げることの重要性を感じ、このHelensburgh Thistleでは攻撃的なポジションでプレーすることを決意しました。スピードに乗ったドリブルを得意とする加藤、下位のチーム相手には得点を量産しているものの、上位チームのディフェンス相手には、フィジカルコンタクトで潰されるシーンもまだ多いだけに、こういった上位チーム相手でも、得点をコンスタントにとれるようになれば、一ランク上のカテゴリーのクラブからも声が掛かってくることに、違いありません。

Sdsc_9950

このチームの、右サイドバックでプレーする岡本潤哉。小柄ながら、フィジカルコンタクトが強く、高いポテンシャルを持っている選手です。一緒にプレーしたことのある選手なら、誰もが彼の能力の高さを認めるほどの技量を兼ね揃えた選手ですが、決してプレーが派手ではないため、傍から見ているだけでは、良さが伝わりづらく、長い間チームが決まっていませんでした。本人も今シーズンはアマチュアリーグでプレーしながら、上に行けるチャンスを狙おうという意志が固まりつつあった中、最後のチャンスだと思って参加したこのチームのトライアルで高評価を受け、見事契約に漕ぎ着くことができました。

Sdsc_9943

そして、本職はボランチでありながらも、現在はチームの事情で、センターバックを任されている三谷佳。180センチを超す長身に恵まれ、足元の技術もしっかりしていて、ゲームメーキング能力にも長けている選手です。監督に直訴するほど、本人はボランチでのプレーにこだわっているのの、センターバックの選手が負傷などの理由で足りていないため、当ボジションも高いレベルでこなせてしまう彼が任されることに。本来なら一番実力を発揮出来るはずのボランチでのプレーの可能性は、まだ不透明です。

Sdsc_9930

財政的に、このリーグの中で決して余裕があるとは言えないHelensburgh Thistleですが、入団直後からの彼らの快進撃によって、即座に給料もアップしてくれました。選手にとっても、クラブからもらう給与額というのは、彼らのサッカー選手としての価値を測るもの。プレーするモチベーションを左右するものでもあります。この給料アップは、彼らにとって、サッカー選手としての自信に繋がったに、違いありません。後半期も、前半期のペースで勝ち続け、上位にとどまるには、彼ら3人の活躍が不可欠です。

 

そしてもう一人、6月の移籍期間で、アマチュアリーグからセミプロリーグに移籍した選手をご紹介します。

Daisuke

今年2月のオーストラリア渡航後、日本人チームの一員として、他のセミプロクラブとの試合に参加する中、足を負傷し、一度はセミプロリーグでのプレーを諦めかけた現役早大生、佐橋大輔。

現在J2に所属する、町田ゼルビアユース出身の佐橋ですが、全国の強豪校出身の実力者が集まる早稲田大学のサッカー部に入部することが出来ず、社会人リーグでプレーしながら、今回のオーストラリアでのサッカーチャレンジに備えて来ました。

Daisuke2

自身をガッツーゾ(元イタリア代表で、闘志あふれるプレーと、激しい守備が特徴)と呼ぶぐらい、激しい守備、特にタックルを武器とする佐橋。そんな彼も、オーストラリアでは、その激しさを全面に出した守備がなかなか通用せず、アマチュアリーグでもオーストラリア人のフィジカルコンタクトの強さに苦戦していました。しかしながら今回、Illawarra Premier リーグに所属する、Woonona Sharksとの契約を勝ち取るに至りました。サッカーの実力だけでなく、コミュニケーション能力の高さや人間性を高く評価された結果といえるでしょう。一般受験で早稲田大学に入学したぐらいの高い学力も兼ね揃える彼は、今回のオーストラリアのチャレンジに当たっても、サッカーでお金をもらってプレーするという目標以外にも、コミュニケーションスキルとしての英語力を最大限に伸ばし、日本に帰ったら外資系消費財メーカーに就職するという明確な目標を持って渡航して来ました。語学学校やクラブへの移動時間は、常に英語の学習に時間を費やし、既にクラブの監督や選手とも、全く問題ないほどコミュニケーションを取ることが出来ています。その親しみやすいキャラクターゆえに、既にチーム内でも人気者です。本来は、センターバックのポジションのみを探していたはずの、このクラブ。今回、佐橋との契約を決めた理由は、『He is a good boy』。つまり、彼の練習に対する真摯な態度。それが、周りの選手に与える影響を評価されたところが、大きいと言えます。しかしながら、チームと契約出来たからといって、試合に出られるとは限りません。本人も十分に熟知していますが、彼の本当の勝負はここからです。

 豪州フットボーラーズ