カテゴリ「西村純」の29件の記事 Feed

2018年12月29日 (土)

クリスマスの昼、久しぶりに、西村純に連絡をした。

《メリークリスマス!》との僕の言葉に、

《メリークリスマスです!》と、彼の《です》挨拶が返ってきた。

純は謙虚で腰の低い男である。それが、彼の使う日本語にも如実に表れている。

《いってらっしゃいです》《おやすみなさいです》

文法的には、これらの言葉は間違っているかもしれない。しかし、そんなことは重要ではない。それが純なのだ。

48414875_1974626979507155_691355476

《今日は何やってるの?》との僕の問いかけに、

《ディズニーランドに来ています》と、予想外の返事が。

ついに彼女ができたのか?

《女の人と来ているの?》

《一人で来ています》

え?

《クリスマスのディズニーランドは、イルミネーションが綺麗なので》

家族連れや、カップルだらけのクリスマスのディズニーランドに、37歳のおっさん一人で?

来年のクリスマスは、誰か一緒に行ってあげてください。(笑)

【真夏のクリスマスパーティーINシドニー】

そんな僕はというと、午後はチャレンジャー達と家の庭でサーモンパーティー、そして夕方からは空港に短期留学生を見送った後、ビーチでまったりというオーストラリアらしい(?)クリスマスを過ごしました。

48891718_532253730590812_3707293698

二カ月のサッカー&語学留学を終え、日本への帰途へつく馬場祐作(22)。

留学初日、シドニー空港から滞在先へ向かう車内で、この留学に対する意気込みを語ってくれた彼。

そんな彼の言葉の中から、人として成長したいという気持ちの強さを感じました。

そしてこの二か月間で、この留学で目標としていた事を、ほとんど達成できたのではないかと思います。

シドニーでの僕のサポートは終わったものの、今後、サッカー界に繋がりたい、サッカー界で働きたいと言った時は、できる限りの事はやってあげたいと思わせるだけの、礼儀正しい青年でした。

49089506_2119675785029068_770311298

律儀にもこのようなメッセージを最後に送ってくれた馬場。こういったチャレンジャー達の感謝の気持ちが、さらにサポートを頑張っていこうという、僕のモチベーションとなるのです。

今年も残り3日、頑張っていくぞー!

豪州フットボーラーズ

2018年9月 5日 (水)

西村純と西野康伸のコンビ、題して、【ニシニシ・ブラザーズ】

日本では絶対に出会う事ができなかったであろう、超個性的なこの二人。

一応、【豪州ソリューションズ】の、【サッカープログラム】に参加している彼らですが、一緒にいると、うちの会社のスタッフによく間違えられます(笑)。

40932393_1202736539877096_400816831

随分前になりますが、ロシアワールドカップでの日本代表の初戦、対コロンビア戦を、そんな彼らと一緒に観戦しました。その時に撮った動画をご覧ください!

2

3

4

5

【コロンビア戦観戦イベント@西村純&西野康伸①】

【コロンビア戦観戦イベント@西村純&西野康伸②】

175

この日見事、ミスターコンテストに優勝した西村純。どこへ行っても、目立つ男です(笑)。

豪州フットボーラーズ

2018年8月25日 (土)

今シーズン初めて、西村純の試合を観に行った。

相変わらず、ピッチ上での彼は熱かった。

【今年のチームは、去年のチームより、みんな優しくて、凄い居心地がいいんですよ】

と、僕に会う事に、嬉しそうに話してくれた純。

Dsc_0045

所属するKiama FCの練習場まで、週二回、片道二時間半を掛けて通った。

トップチームで出場しないと、給料は発生しない。そして開幕から一回たりと、トップチームで出場した事はない。

Dsc_0057

それでも、サッカーを愛する気持ち、このクラブを愛する気持ちがあるからこそ、この日の最終節まで、ピッチ上で懸命にボールを追い続ける事ができた。

Dsc_0083

技術的には決して【巧い】選手ではない。巧いか下手かといったら、むしろ【下手】な選手である。

しかし、サッカーは【足先】だけでやるものではない。【気持ち】がもっと重要だという事を、彼はピッチ上で表現しているのだ。

Dsc_0163

この日は【サイドバック】でプレーしたり、【フォワード】でプレーしたりと、大忙しだった純。

Dsc_0185

苦手としていた【ルックアップ】、そして【シンプルにボールをさばく】技術も、かなり上達した。

Dsc_0255

私生活では、【スーパー謙虚な男】として知られているが、ピッチにひとたび足を踏み入れると、【危険な男】に変する純。この試合でも、相手選手と一触即発の場面が。

Dsc_0261

チームメイトが仲裁に入り、何とか事なき終えたこの場面。

Dsc_0281

それでもまだ、目で相手を威嚇する純。

Dsc_0328

ピッチ外とピッチ内で、ここまで表情が変わるサッカー選手もなかなか珍しい。それだけ【サッカーに対する情熱】が、激しいという事なのだろうか。

Dsc_0341

結局、1-0でチームは敗戦。試合終了のホイッスルが鳴った直後のこの後ろ姿が、今シーズンの彼の気持ちを代弁していると言えるであろう。

40030552_2157656337839431_256819543

結局最後の最後まで、笑顔を見せてくれなかった純。そんな彼から、【現役続行】の言葉が漏れかけたが、真相やいかに?

とりあえず、一シーズンお疲れさまでした。

豪州フットボーラーズ

2018年8月 7日 (火)

先週末に来たばかりの短期留学生を連れて、シドニー市内観光へ。

38509673_170448950417018_6348911392

午前中まで降っていた雨が嘘のよう晴れあがり、オペラハウスを背景に、皆の顔からも笑みがこぼれます。

38505802_226290548073657_3172582901

雨のせいでグラウンドが使えなくなり、当初予定していたクラブの練習が中止に。そこで急遽人数を集め、フットサルをする事になりました。

14歳と20歳の短期留学生の女の子たちの対しても、手を抜くことなく、本気でプレーしろと男性陣に命令した宮下。しかしそんな命令など全く必要なかったぐらい、彼女たちのレベルは普通に高かった、、

38501194_303744226849094_6470145872

校長先生としての仕事っぷりがかなり板についてきた、西野チャレンジャー。この豪州ソリューションズの短期留学プログラムには、不可欠な人材となりつつ(?)あります。

38405516_2154551128155718_611689526

普段はあまり感情を表に出さない中学3年生の半田君。そんな彼も目の前に積まれた肉のパックに、嬉しそうな表情を見せます。

38509715_278241959431911_6914114477

焼き肉屋の店員のような機敏な手さばきで、肉をバランスよく焼き上げる西野チャレンジャー。

38600278_1204970832976742_438536744

そしてパーティーの途中で、シドニーサッカー界のレジェンド、西村純選手が登場。

彼のオーラーに短期留学生たちは圧倒されながらも、楽しいひと時を過ごす事ができました。

38614577_298129374271308_4309328262

オーストラリアで何を経験して学んだか、といった事も重要ですが、誰と出会って繋がれたか、という事の方が、今後の人生においてもっと重要だという事を、彼らは理解してくれたに違いありません。

38612510_2192316291001951_726764524

今後は短期留学生たちとだけでなく、長期留学生たちとも、定期的に焼き肉パーティーを行う事によって、お互いの繋がりを強くしていければと思います。

最後に西野チャレンジャーの一発芸を、お楽しみください!

豪州フットボーラーズ