カテゴリ「西村純」の23件の記事 Feed

2018年4月17日 (火)

シドニーナンバーワンの日系エンターテイメント紙、【CHEERS】。

今月で44回目の執筆となる、5月号のコラムは、短期留学プログラムに参加した中高生たちの内容がメインです。

が、もちろんシドニー日本人サッカー界のレジェンド、西村純選手も登場しています。

Cheers5 

本人は、【もう十分記事には出していただいているので、ほかの選手を出してあげてください】と謙虚(?)な口調で僕を毎回説得しにかかるものの、【面白くない記事なんて、誰も読まない。その点、純の記事に関してはブログのアクセス数を見る限り、一番読者が読みたい記事である事は明らかで、そういったみんなが読みたい記事を書く事が、僕の仕事なんだよ!】と、彼の主張を突っぱねています(笑)。

事実、ブログで純の記事を書くと、アクセス数が普段の倍以上に跳ね上がり、彼を応援するコメントまでもらう事もあるぐらい、西村純は人々の注目を引く男なのです。

という事で、引き続き、西村純選手の記事を多く書き続けます。

とある平日の昼下がり、僕の家で👇

 30741272_10156066710982324_52671811

この日、シドニーに到着したばかりの芝尾旭人。

30703916_10156066711007324_83716614

短期留学に来ている高校生の佐藤壱茶と、19歳のニューチャレンジャー、畝尾光。

30740475_10156066710347324_84592565

そして、うちのペットであるチャロキチまで。何とも平和な光景です(笑)。

豪州フットボーラーズ

2018年4月14日 (土)

36歳という年齢で、アルバイトをしながら、オーストラリアでサッカー選手。周りからは色々な事を言われたり、変な目で見られる事ももちろんある。ただ、そんな周囲の視線や雑音はまったく気にない。ただ自分は、常にチャレンジし続ける人生を生きたいだけ。

Dsc_5621

23469117_10155640655712324_18106289

この男の生きざまを、より多くの人に知ってもらえるよう、僕は彼をサポートし続ける。

豪州フットボーラーズ

2018年4月13日 (金)

シドニー日本人サッカー界の生きたレジェンド、西村純。

その彼が昨日、Illawarra District League(ウーロンゴン2部)に所属する、Kiama Quarriers FCと1シーズン契約を結びました。

Kiama

30697813_10156057615337324_90297846

夏のビーチに、なぜかいつも長袖で現れる男、西村純。そしてビーチで殆ど泳ぐことはなく、必ずといっていいほど、ビーチダッシュを行います。これもすべて、サッカーの為。

そこまでストイックになる必要があるのか?と思わせる程の、普段の生活からの徹底ぶりが、今回の契約に繋がったといえるでしょう。

今回の契約に関する感想を、西村選手に聞いてみました。

30697894_10156057615397324_56026679

「今回、Kiama Quarriersという素晴らしいクラブと契約させて頂き、本当に嬉しく思っております。今シーズンのトライアルでは、年齢的なハンディキャップもあり、中々チームが決まりませんでしたが、純粋にサッカーの実力で評価をしてくれたKiama Quarriersに対して、プレーで恩返しができるよう、全力で一試合一試合を戦っていきたいと思います。今シーズンこそは、昨シーズン達成できなかったシーズン5ゴールを達成できるよう、貪欲にゴールを狙っていきますので、是非皆様に、試合会場に足を運んでいただけたらと思います。引き続き応援の方、よろしくお願いします。」

30688458_10156057615677324_40219423

チャーハンを前に、瞑想(妄想?)にふける西村。週末の試合に向けての、イメージトレーニングをしているのでしょうか?

30656987_10156057615537324_87255297

イメージトレーニングで試合を戦い切った西村は、僕の自宅に到着した瞬間に、深い眠りにつきました。

このトレーニングの成果が、果たして週末の試合で発揮できるのでしょうか?

西村純選手の続報にご期待ください!

豪州フットボーラーズ

2018年4月12日 (木)

昨年、クラブの副会長&プレーヤーとして関わらせて頂いた、Central Sydney Wolves 。今シーズンは副会長のポジションを休職し、一プレーヤーとして週3日、グラウンドで汗を流しています。

30624304_10156055015177324_21350464

このクラブで、僕に副会長というポジションを与えてくれた、Billy Karafotias氏。(写真左のスキンヘッド)

見た目は相当いかつい彼ですが、日本人選手のチーム登録費を免除してくれたり、僕の会社に20着のユニフォームを無償で提供してくれるなど、とても素晴らしい人格の持ち主です。

現在、Central Sydney Wolves のヘッドコーチを務めている彼ですが、2時間の練習で、100回以上はFワードを発するぐらい、Fワード好き サッカーに対する情熱を持っています。

そんな彼と僕の、Central Sydney Wolves に対する愛情が十二分に感じられるインタビュー動画は、こちら ↑ からご覧ください。

30653318_10156055015142324_68975203

豪州ソリューションズ、メディア担当の藤田氏も、Central Sydney Wolvesでプレーする選手の一人。最近、オーストラリアの公共放送局であるSBSに出演した事で、知名度が急上昇中だとか?ちなみに彼女募集中です。(笑)

30688478_10156055015247324_60809151

オーストラリアに来て一度も彼女ができたことはないけれど、現在、彼女は募集していないと言い切る、西村純選手。モテる男だからこそ言えるセリフか?

彼女を作ってデートするよりも、僕と一緒にカレーライスを食べている方が、たぶん幸せなんでしょうね!

もちろん、サッカーの方も真剣に取り組んでいます。次回のブログでは、西村純選手の近況についてお伝えします。

豪州フットボーラーズ

2018年4月11日 (水)

今日のブログは、

【オーストラリアでプレーする日本人選手が感じた、オーストラリアサッカー】

という題名です。

まずは、下の動画をご覧ください!

基本的にオーストラリア人選手は、日本人選手より縦と横に大きく、ジムに通っている割合も相当高い為、力と力でぶつかったら勝ち目はありません。

そういった理由で、サッカーよりもフィジカルコンタクトが多い、ラグビーやバスケットボールと言ったスポーツでのトップレベルでの日本の実力は、オーストラリアの足元にも及んでいないのが現状です。

しかしサッカーに関しては、もちろんコンタクトスポーツではあるものの、なぜ身体的に決して恵まれていると言えない日本人選手達が、オーストラリアを始めとした世界の下部リーグで活躍してるのか?

その理由とは

Jun_2

日本人選手達が持っている技術力(足首の柔軟性等)、俊敏性、組織力、勤勉性、粘り強さ等、またフェアであるという事が、FIFAテクニカルレポート等でも認められています。

上の写真の、芸能人の出川哲朗氏と並んでも、只者ではないオーラを放っている西村純選手。

彼が3シーズン、オーストラリアのセミプロリーグでプレーし続けられている要因は、彼の粘り強さとフェアな精神を持っているという事を挙げる事ができます。

しかしながら、フィジカルが弱いより強い方が、サッカー選手として有利なのは事実。

筋肉をつけすぎると体が重くなってスピードが落ちるとか、柔軟性がなくなってパフォーマンスが落ちるとか色々な意見がありますが、僕自身はアマチュアサッカー選手として、オージーに負けない肉体作りに引き続き励んでいきたいと思います。

Tada

【筋トレ仲間募集中!】

豪州フットボーラーズ

2018年3月17日 (土)

シドニーを楽しむための生活情報誌、「チアーズ」にコラムの連載を始めてから、早3年半が経ちました。

基本、僕がマネージメントをしているサッカー選手のインタビューであったり、試合の模様を記事にしています。

連載を始めた当初は、サッカーの専門用語が羅列する、サッカーに興味がなければ興味を持てないような、堅苦しい記事が多かったような気がします。

しかしある時、「サッカー専門誌でなく、エンターテイメント紙に記事を書いているのだから、サッカーに興味がない読者も楽しめるような、もうすこし砕けた面白い記事を書いたほうがいいのかな?」と考え、記事の内容を若干、軌道修正する事にしました。

Jun

そこで登場したのが、36歳の現役サッカー選手である西村純。

出川哲朗と並んでも、存在感が抜きんでている彼をもっと記事で取りあげれば、コラムの読者が増えるのではないか?という事で、西村の記事を頻繁に書くようになりました。

Photo

11

3

4

その結果、以前よりも「チアーズでコラムを書いていますよね!」という声を、多く掛けてもらえるようになりました。

西村自身はこの頻繁なコラムの登場に関して、「僕なんか取り上げないで、若い子たちをもっと取り上げてください。」とあまり嬉しそうな表情を見せません。

しかし、「今までバイト先で結構冷たい態度を取られていたスタッフから、チアーズの記事を見たよ!と声を掛けられ、急に彼が自分に対してフレンドリーになりました。」という、ポジティブなチアーズ効果を語ってくれた西村。

それだけでなく、「日本にいるお母さんにチアーズを送りたいのですが、どこでチアーズって入手できますかね?」と、お母さんにも報告したいぐらい、コラムに取り上げられる事が、実がまんざらでもない様子です。

このブログでも、西村選手の近況が知りたい!もっと頻繁に西村選手を取り上げて欲しい!というコメントを多くいただいています。多くの人々に夢と希望を与えている西村純の活躍ぶりを、今後も「チアーズ」と、「豪州フットボーラーズ」で、お伝えしていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2018年2月28日 (水)

昨年末から今月まで、なんと20人のニューチャレンジャーがオーストラリアに渡ってきました。

そして現在、その内の17人の選手が、州リーグ(アンダーカテゴリーも含め)、そしてイラワラリーグに所属するクラブと契約、残りの選手達も来週中には所属チームが決まりそうです。

今回は、そんなニューチャレンジャー達の契約時の写真、そしてプレー中の写真をお届けします。

10

Illawarra District Leagueに所属する、Coniston FCと契約した小檜宏晃。

1_11

給料交渉の模様。

1_14_1

同じく、Coniston FCと契約した栢野敬之。

2

NPL3に所属する、Stanmore Hawksと契約した瀧田翔太。


12

NPL2に所属する、St George FCのセカンドチームと契約した神山元気。

Dd

同じく、St George FCのセカンドチームと契約した木村颯太。

28407215_1932884576783704_166170439

28340098_1932884086783753_963171464

28340864_1932886723450156_131790779

NPL1に所属する、Manly Unitedの女子のトップチームと契約した伴自然。

28191321_10155916652387324_14717411

Illawarra Premier Leagueに所属する、Tarrawanna FCと契約した久保田孔了。

28407596_10155918891587324_14608659

28342471_1932889023449926_147753002

Illawarra Premier Leagueに所属する、Port Kembla FCと契約した望月信明。

28312627_10155916653087324_20607571

NSW State Leagueに所属する、South Coast Flame FCと契約した斎藤碧斗。

28278660_10155916652332324_14183251

28278632_10155916652202324_18780698

Illawarra Premier Leagueに所属する、Fernhill Foxesと契約した日高貴裕。

28312172_10155918896417324_12189422

Illawarra Premier Leagueに所属する、Woonona Sharksと契約した木村瑞月。

28579942_10155935583212324_22024594

Illawarra District Leagueに所属する、Coniston FCと契約した榎戸皓平。

28642600_10155935583232324_20458129

練習後にビールで乾杯!

28340115_10155918894767324_20741839

そしてオーストラリアで3シーズン目を迎えるこの男は、未だにチームを探し中!引き続き、彼の応援の方も宜しくお願いします!

豪州フットボーラーズ

2017年11月 9日 (木)

36歳のチャレンジャー、西村純。シーズン前に行った撮影では、2017シーズンは5ゴールを決めると力強く宣言するものの、二つのオウンゴールという結果に終わり、トップチームでも殆ど出場する機会がありませんでした。

外国人選手として、チームの中心として活躍するどころか、トップチームのベンチにも入れない自分自身に対して、情けなささえも感じていた西村。

ピッチ上では結果を出せなかった彼ですが、ピッチ外での振る舞いが高く評価され、クラブから与えられる一番栄誉がある賞である、【スポーツマン・オブ・ザ・イヤー】を見事受賞しました。

2119

クラブのプレジデントから、称賛の言葉と共にトロフィーを手渡される西村純。あまり嬉しそうではない表情を見せていますが、本人曰く、なんの賞を受賞したのかわからなかったのと、極度の緊張の為、このような表情が出てしまったとの事です。

23469309_10155640656132324_95435572

サッカー歴30年にして、初めてトロフィーを受賞した西村。翌日、どんな賞か理解できたのか、若干ですが表情から笑みが漏れていました。

23469117_10155640655712324_18106289

Bellambi Football Club Sportsman Of The Year 2017 JUN NISHIMURA

スポーツマン・オブ・ザ・イヤーとしての誇りを胸に、2018シーズンも西村は戦い続けてくれる事でしょう。

【スポーツマン・オブ・ザ・イヤー2017を受賞した感想を述べる、西村純の動画はこちら↑】

豪州フットボーラーズ

2017年9月27日 (水)

今シーズン、35歳にして初めてセミプロ契約を結んだ西村純。その彼とクラブとの契約内容は、1軍の試合に出場し、勝利した場合のみXXXドルが支払われるというもの。

もちろんクラブ側としては、西村を1軍の戦力として獲得したに違いない。しかし結果として、西村は1軍でほとんど試合に出る事なく、22試合のレギュラーシーズンが終了した。

クラブ側から給料を支払われる事もなく、シーズン前に公言をしていた5ゴールも達成できなかった西村。そしてクラブも最下位という成績で、下のリーグへの降格が決まってしまうという、苦悩のシーズンを送った西村に、今シーズンを振り返ってもらった。

22047213_10155526342387324_39065408

【みなさん、お元気でしょうか?今シーズンは、いつも応援していただいている皆さんの期待にそえない、情けなさしか残らないシーズンとなってしまいました。35歳にして初めて、サッカーで給料を貰えるという環境に身を置くことができたものの、自分の実力不足で結局1軍での試合にもほとんど出れず、2軍でもチームを勝利に導く役割を果たすことができませんでした。

しかしながら、所属チームであるBellambiのプレジデント、監督を初めとしたチームスタッフ、そして所属選手達の優しさと暖かさに、どれだけ胸を打たれたことかわかりません。シーズン中にくじけそうになった時も、彼らのおかげで、なんとか頑張り続ける事ができました。

僕自身、サッカーがメインでオーストラリアに来たわけですが、今振り返ってみるとサッカーを通じて、英語でのコミュニケーション能力であったり、オーストラリア人のライフススタイルであったりと、サッカー以外の事を多く学べたと思います。現時点では、来シーズンの事は何も決まっていませんが、たとえオーストラリアでプレーする事になっても、セカンドキャリアを見据えて、サッカー以外の色々な事にチャレンジしていきたいと考えています。

今後とも、西村純をよろしくお願いします。】

22092509_10155526342312324_10464226

【今後は、今までの少し硬いイメージから、面白キャラでいこうかな?なんても思っています】

22050436_10155527898497324_21773435

41歳のニューチャレンジャー、棚橋さんと熱い握手を交わす西村純。

面白キャラデビューした西村の今後の動向に、ぜひご注目を!

豪州フットボーラーズ

2017年8月27日 (日)

35歳の日本人最年長チャレンジャー、西村純。

先週行われた第21節目で、所属クラブであるBellambiの降格が確定。シーズンを通じて、外国人プレーヤーとしての役割を全うできなかった事を痛感している西村純が、最終節でどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

Dsc_5544

最近の試合では、ストライカーで出場する事が多かったものの、この日は左サイドバックでスタート。

シーズン開幕前に撮影されたこの動画では、シーズン5ゴールを明言している西村ですが、第21節までの記録は0ゴール。この約束を果たすには、この試合で5ゴールを記録するしかありません。はたして男の約束を果たすことができるのか?

Dsc_5561

この日も前半序盤から、ファールギリギリのプレーで相手にプレッシャーを与える西村。

Dsc_5568

Dsc_5569

いつもの通り、気合の入ったスライディングも見せてくれます。

Dsc_5605

互角の展開で試合が進んでいた前半終盤、相手のサイドからのクロスを、西村がまさかのオウンゴール。なぜか相手があまり喜んでいないのは、西村のゴールが綺麗に決まりすぎたからなのでしょうか。

Dsc_5621

西村、まだ時間は十分にあるぞ!

Dsc_5624

サッカーに対する気持ちと気合いの入り方は、日本代表レベルです。

Dsc_5634

観る者の胸を熱くさせる、西村の走る後ろ姿。

Dsc_5645

Dsc_5646

決して得意ではないヘディングを必死にトライする姿からも、彼の闘志が伝わってきます。

Dsc_5648

ちょっとやりすぎて、主審からイエローカードを貰う西村。

Dsc_5668

鬼の形相で、味方に喝を入れます。

Dsc_5690

Dsc_5719

何か月ぶりかに西村の試合を観ましたが、以前と比べて、キックの精度は格段に上がっているではないですか!

彼の普段からのストイックな生活を知っているだけに、なんだか自分のように嬉しくなってしまいました。

Dsc_5728

他会場で行われる試合に向かう為に、前半を0-1と折り返したところで、僕はグラウンドを後にしました。

その日の夕方、西村から【結局ゴールを記録できず、5点か6点取られた負けた】という電話での報告を受けた僕は、【シーズン5ゴール】の事は一切触れず、【よく頑張ったな!】という言葉で、彼を労いました。

シーズン中はサッカーの為に、一滴のアルコールも口にしなかった西村と、とりあえず来週ぐらいに飲みに行きたいな、と思っています。

豪州フットボーラーズ