カテゴリ「望月信明」の6件の記事 Feed

2018年12月11日 (火)

一眼レフ(キャノンEOS7D)と、GoPro Hero 7Blackを装備して、この日の撮影に臨んだ宮下。

この二つの機材、そして望遠レンズまで含めて、総額購入費用はなんと約40万円

これらの機材で、彼らチャレンジャー達の一生の思い出になるであろう、写真及び、動画を、バンバン撮りまくってきました。

Dsc_1339

Dsc_1372

Dsc_1381

Dsc_1383

2018シーズン、Illawarra Premier LeaguePort Kemblaでプレーした、望月信明

日本での短い休暇を終え、久しぶりにハーフコートでの試合で汗を流しましたが、安定感抜群のプレーを見せてくれました。

Dsc_1347

自分より、頭一個分以上の身長差がある相手をマークする、江口拓海

日本では経験した事がない高さ、リーチを持つ選手を相手にも、まったく怯むことなくプレーをしていました。

Dsc_1354

味方にも容赦なく切れる!

Dsc_1429

オーストラリア人選手に比べて身体は小さいものの、俊敏性では負けていません。

Dsc_1396

Dsc_1447

2カ月の短期留学ながら、チームから高評価を受け、契約の話まで出ている、馬場祐作

Dsc_1479

Dsc_1480

Dsc_1481

積極的にドリブル突破を仕掛け、相手に後ろから掴まれてファールをゲット。監督へのいいアピールになったかな?  

【この日のトライアル動画は👆から】

引き続き、彼らのオーストラリアでのチャレンジの模様を、このブログでお伝えしていきます!

豪州フットボーラーズ

2018年11月 6日 (火)

本大会を一週間前に控えて行われた、最後の親善試合。

相手は、中東アフリカチームです。

400_00_07_01still022

中東アフリカチームの監督である、Khalid氏。

2018シーズン、宮下がプレーした【Central Sydney Wolves】のトップチームの監督を務めたという事もあり、親しい間柄です(笑)。

400_00_08_10still023

400_00_33_10still025

親善試合といえども、絶対に負けられない試合。

選手達にとっても、本大会へ向けたアピールをする、最後のチャンス!

はたして、選手達はこの試合で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?

【シドニー日本チーム対中東アフリカチームの試合動画は👆から

400_05_31_24still017

試合後に爽やかな笑顔で答えてくれた、モウイ君。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】で、宮下と中盤でコンビを組んだ彼は、まだ10代後半。将来が楽しみな選手です。

400_05_40_04still019

まさに見た目が、【ザ・中東】なこの彼。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】でプレーしながら、何回レッドカードを貰い、出場停止になった事か。

それでもひとたびピッチの外に出れば、気さくないい奴です。

400_05_47_15still020

フランス国籍を持つ彼も、【Central Sydney Wolves】で、2018シーズンをプレーした一人。

僕がチームメイトで唯一、腕相撲で勝てないと思ったぐらいの、ムキムキな肉体を持っています。(笑)。

400_05_53_12still021

縦へのスピードは、チームナンバーワン。しかし試合の体力は20分しか持たないという、38歳のベテランプレーヤー。

Img_1162

レフリーの判定に両チームがヒートするシーンもあったものの、試合後は仲良く記念撮影。

親善試合の最終戦を勝利で終えたシドニー日本チームは、この勢いを本大会に持っていけるのか?

既にこのブログでは本大会の結果をお伝えしていますが、本大会のフルバージョン動画をご期待ください!

豪州フットボーラーズ

2018年10月 4日 (木)

43108949_168942307343727_6251085132

Arab Bank Australia Cupの選手選考も兼ねて行われた、先週の練習試合。

平日の夜間に行われた初戦のイラク戦では、圧倒的なポゼッションで日本チームが終始試合をコントロールするものの、中東特有のカウンター攻撃2発を食らい、敗戦を喫した試合となりました。

43106742_328158267948915_7160294512

【シドニー日本チーム対中東連合チームの試合模様は👆から】

大会三連覇を目指すシドニー日本チームにとって、練習試合だからといって二連敗は許されない、絶対に勝利が求めれらる、二試合目の中東連合D戦。

試合前に、選手選考も兼ねているという、選手達への僕の言葉が功を奏したのか、この日の日本チームはゴールラッシュを見せ、7-2で完勝。次の日の行われる韓国戦へ向けて、大きく弾みをつけました。

43106314_1109490285873097_637873192

そして第三戦目の韓国戦。元Kリーガー2人、そしてNPL1でプレーする選手を3人抱える強敵を相手に、日本チームはどんな戦いを見せたのか?この試合の内容は、試合の動画が完成し次第、お伝えします。

豪州フットボーラーズ

2018年9月11日 (火)

2018シーズンを無事に終えたので、挨拶をしに来たいという連絡が、《望月ノビー》から入った。

今シーズン、僕が彼の試合を直接見たのは、カップ戦の一試合のみ。

ただ、SMSで上がってくる情報や写真を通じて、コンスタントに試合に出場しているという事は、把握していた。

Nobi4

久しぶりにあうノビーは、以前より自信に溢れていた。

昨年のファイナルシリーズ優勝チームである、《Port Kembla》の左サイドバックとして、一シーズンを戦い抜いたという経験が、彼をそうさせているのであろう。

Nobi3

僕の家でノビーと歓談をしている最中に、知らない番号から電話が掛かってきた。

《ハイタダシ、俺は来シーズンから新しく《Port Kembla》の監督に就任した、スティーブンって言うんだ。今シーズン、《Port Kembla》でプレーした《ノビー》と来年も契約したいと考えているんだけど、彼はオーストラリアに残るのかな?》

ノビーとあったのは、約五カ月ぶり。そして僕が今シーズン、僕がサポートしている選手は30人以上。

このタイミングで、この電話が掛かってくる確率って、一体どれぐらいなんだ?

Nobi2

ノビーは来シーズン、オーストラリアに残ってプレーする事は決まっている。

しかし今すぐ、《Port Kembla》と契約延長をするという決断は、下せなかった。

先週にシーズンが終了したばかりで、まだ色々と考えたい事もある。

Nobi

それでも、契約延長のオファーがあったという事は、単純に嬉しい。

今シーズンのプレーが評価されたという、裏返しでもある為だ。

Nobi5_2

Nobi7

オーストラリアでの初シーズンを振り返って見て、

《サッカーでお金を貰ってプレーをするという環境に立てた事、そしてその環境で一シーズンを戦い抜けたという事が、自分にとって相当な自信となった。シーズン開幕当初は、ベンチやベンチ外という事もあったが、そういう時期があったからこそ、試合に出てプレーをするという事に対しても、感謝できる気持ちを持つことができた。チームメイトや監督も、英語がつたない自分に対して本当に良く接してくれたし、最高の環境でサッカーを楽しむことができた一シーズンだった。来シーズンはどのチームでプレーするかまだ決まっていないが、日本で応援してくれている家族や友人の為にも、引き続き全力で頑張っていこうと思う。》


41517460_270919253761612_5877836072

来年の、さらなる活躍を期待しているぞ!

41524221_1805523166167684_815614697

スキンヘッドに戻った西野氏も、ノビーを応援しています。

豪州フットボーラーズ