カテゴリ「望月信昭」の8件の記事 Feed

2019年10月 5日 (土)

このブログの読者で、この望月ノビーという男を知らない方は、まずこちらの記事を読んでいただきたい。

ノビーという男

Nobi2

Illawarra Premier Leagueに所属する、Port Kemblaで2シーズンプレーした、通称ノビーこと、望月信昭

2019シーズンを最後に、日本へ帰国するという事は、シーズン途中に本人から聞いていた。

派手さは決してないものの、与えられた自分の仕事を着実にこなす選手。

それが、望月ノビーだ。

昨日、彼の所属したPort Kemblaのプレジデントから僕宛に、一通の電話が掛かってきた。

【ノビーは来シーズンもオーストラリアでプレーするのか?】

来シーズンはプレーしないという事を伝えるや否や、プレジデントは望月の称賛をし始めた。

【あいつは、このリーグでベスト10、いやベスト5にも入る優秀な選手だ】

【特にスーパーなプレーをするわけではないが、安定感が素晴らしい】

【人間性も素晴らしく、チームメイトからも慕われていた】

【あいつに代わるような選手を、送ってくれないか?】

このリーグでプレーする、ノビーを始めとした多くの日本人選手達の、ピッチ内だけでなく、ピッチ外での素晴らしい評価のおかげで、次に来る日本人選手がプレーしやすくなっている。

これは紛れもない事実だ。

71273979_430959091110296_1627857137

日本への帰国前に、挨拶がしたいという事で、うちの近くのカフェでランチをした。

【2シーズン、色々とサポートして頂いて、ありがとうございます】

という言葉を彼が発した直後、僕は彼に言い返した。

【次に来る選手の為に、道を広げてくれてありがとう】

71818155_2658640430855178_318718628

決して口数は多くないものの、内に秘める情熱を持った男、望月ノビー。

オーストラリアでの2年間、サッカー選手としてだけでなく、人間としても大きく成長した事を、彼から十分に感じる事ができた。

この地での経験を、今後の人生にどう活かしていくのか?

望月ならば、きっとうまくやっていくであろうと、僕は確信している。

豪州フットボーラーズ

2019年3月28日 (木)

決して派手はプレーはしないものの、自分の役割をしっかりと理解し、忠実にそれを全うする。

それが、この望月信昭という選手である。

54522807_2407697212588131_630732152

Illawarra Premier Leagueに所属する、Port kembla FCの不動の左サイドバックである彼。

2018シーズン、チーム内での【選手が選ぶ年間ベストプレーヤー賞】に選ばれるという、快挙を成し遂げた。

そしてシーズン終了直後、クラブのプレジデントをして【2019シーズンの再契約優先順位ナンバーワン】と公の場で言わしめ、【何が何でも望月と再契約をしたい】という電話が、ひっきりなしに僕のところに掛かってきたという事実。

それが、この男の価値を物語っている。

55548568_2407704065920779_263177493

55869170_2576269572444346_444820374

ノブアキという名前にも関わらず、登録名はNOBI

この登録名の名付け親は、何を隠そう、この僕なのである。

ノブアキとか、ノブという発音は、イングリッシュ・スピーカーからしたら発音しづらい。

彼らが覚えやすい、呼びやすいニックネームを付ける事も、海外で生活をする上で重要となってくる。

このNOBIという名前、実はジャーナリスト、そして小説家として有名な、落合信彦氏のニックネームである、NOBIからとったものなのだ。

中学時代、落合氏の小説のファンだった僕。

韓国で学生生活を送りながら、先輩から拝借した彼の本を、食い入るように読んでいた記憶がある。

そんな理由もあり、望月がオーストラリアに到着した日、僕の家のダイニングテーブルに座りながら、【お前のオーストラリアでの呼び名は、NOBIでいくぞ!】と、半強制的(?)に、彼に命じたという訳だ。

54522756_2407698789254640_726731500

望月に対する日本人選手の評価も、すこぶる高い。

昨年、Illawarra Premier Leagueの記録を塗り替え、リーグMVPにも輝いた、Wollongong Olympicの上田祐輔も、NOBIの実力を高く評価する選手の一人だ。

傍から見ると、その実力を評価しづらいが、一緒にプレーした選手、対戦した選手には、彼の良さが伝わってくるのであろう。

55782325_2407699205921265_789197692

オン・ザ・ピッチだけでなく、オフ・ザ・ピッチでの、NOBIの振る舞いも、素晴らしい

サッカー選手にとって自信を持つことは重要だが、その自信に謙虚さが伴ってなければ、周りから相手にされない事は明白だ。

過去にシドニーでプレーしていた日本人選手の中には、サッカーの実力は圧倒的に上手いものの、チームメイトのオーストラリア人選手に対して常に蔑む態度を見せ、結局チームから必要とされなくなったというケースもあった。

その点、NOBIはサッカーの実力だけでなく、チームメイトから彼の人間性も評価されたからこそ、【選手が選ぶ年間ベストプレーヤー賞】受賞することができたと言えよう。

54519137_2407704829254036_598722705

選手達に、もっと謙虚になれ!とは注文はしないし、チーム内でどう振る舞おうが、彼らの自由かもしれない。

しかし、サッカー選手としてだけでなく、人間としても周りからリスペストされ、成長したいのであれば、是非【謙虚である事】を、忘れないでほしい。

そう、このNOBIのように!

豪州フットボーラーズ

2018年12月11日 (火)

一眼レフ(キャノンEOS7D)と、GoPro Hero 7Blackを装備して、この日の撮影に臨んだ宮下。

この二つの機材、そして望遠レンズまで含めて、総額購入費用はなんと約40万円

これらの機材で、彼らチャレンジャー達の一生の思い出になるであろう、写真及び、動画を、バンバン撮りまくってきました。

Dsc_1339

Dsc_1372

Dsc_1381

Dsc_1383

2018シーズン、Illawarra Premier LeaguePort Kemblaでプレーした、望月信昭

日本での短い休暇を終え、久しぶりにハーフコートでの試合で汗を流しましたが、安定感抜群のプレーを見せてくれました。

Dsc_1347

自分より、頭一個分以上の身長差がある相手をマークする、江口拓海

日本では経験した事がない高さ、リーチを持つ選手を相手にも、まったく怯むことなくプレーをしていました。

Dsc_1354

味方にも容赦なく切れる!

Dsc_1429

オーストラリア人選手に比べて身体は小さいものの、俊敏性では負けていません。

Dsc_1396

Dsc_1447

2カ月の短期留学ながら、チームから高評価を受け、契約の話まで出ている、馬場祐作

Dsc_1479

Dsc_1480

Dsc_1481

積極的にドリブル突破を仕掛け、相手に後ろから掴まれてファールをゲット。監督へのいいアピールになったかな?  

【この日のトライアル動画は👆から】

引き続き、彼らのオーストラリアでのチャレンジの模様を、このブログでお伝えしていきます!

豪州フットボーラーズ

2018年11月 6日 (火)

本大会を一週間前に控えて行われた、最後の親善試合。

相手は、中東アフリカチームです。

400_00_07_01still022

中東アフリカチームの監督である、Khalid氏。

2018シーズン、宮下がプレーした【Central Sydney Wolves】のトップチームの監督を務めたという事もあり、親しい間柄です(笑)。

400_00_08_10still023

400_00_33_10still025

親善試合といえども、絶対に負けられない試合。

選手達にとっても、本大会へ向けたアピールをする、最後のチャンス!

はたして、選手達はこの試合で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?

【シドニー日本チーム対中東アフリカチームの試合動画は👆から

400_05_31_24still017

試合後に爽やかな笑顔で答えてくれた、モウイ君。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】で、宮下と中盤でコンビを組んだ彼は、まだ10代後半。将来が楽しみな選手です。

400_05_40_04still019

まさに見た目が、【ザ・中東】なこの彼。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】でプレーしながら、何回レッドカードを貰い、出場停止になった事か。

それでもひとたびピッチの外に出れば、気さくないい奴です。

400_05_47_15still020

フランス国籍を持つ彼も、【Central Sydney Wolves】で、2018シーズンをプレーした一人。

僕がチームメイトで唯一、腕相撲で勝てないと思ったぐらいの、ムキムキな肉体を持っています。(笑)。

400_05_53_12still021

縦へのスピードは、チームナンバーワン。しかし試合の体力は20分しか持たないという、38歳のベテランプレーヤー。

Img_1162

レフリーの判定に両チームがヒートするシーンもあったものの、試合後は仲良く記念撮影。

親善試合の最終戦を勝利で終えたシドニー日本チームは、この勢いを本大会に持っていけるのか?

既にこのブログでは本大会の結果をお伝えしていますが、本大会のフルバージョン動画をご期待ください!

豪州フットボーラーズ