カテゴリ「桶谷亮太」の4件の記事 Feed

2018年11月27日 (火)

大会三連覇を目指して出場した2018大会。

日本チームは準決勝でマケドニアに惜敗し、優勝トロフィーを掲げる事はできませんでした。

選手達は、この敗戦の悔しさを忘れることなく、それぞれのクラブでレベルアップし、来年のこの大会に戻ってきてくれる事でしょう。

Img_1218

 

【絶対に負けられない戦い!Arab Bank Australia Cup 2018のハイライト動画は👆から】

豪州フットボーラーズ

2018年9月16日 (日)

桶谷亮太犀川稔久という日本人ホットラインで、グラウンドファイナルまで勝ち上がってきたBankstown United

しかし、このファイナルを数日前に控え、桶谷亮太練習中に目の負傷を負い、欠場を余儀なくされる。

そんな中、このチームのエースである犀川稔久が孤軍奮闘するものの、パスの供給源である桶谷の穴は埋めきれず、Bankstown Unitedは0-2で敗退。有終の美を飾る事はできなかった。

Interview_v200_00_32_21still179_2

キーパーの控えとして、ベンチ入りした中野太愛

トップチームでは、シーズンを通じて出番はなかったものの、アンダー20の正ゴールキーパーとして、充実したシーズンを送る事ができた。

Interview_v200_00_42_00still183

目の負傷で、この試合を欠場した桶谷亮太。大舞台に立てなかった悔しさをバネに、2019シーズンは、更に成長した姿を見せてくれるであろう。

Interview_v200_01_40_10still185

Interview_v200_01_30_13still184

今シーズン、このリーグのシーズンMVP候補の一人である、犀川稔久。

既に上のリーグのクラブからオファーがあるぐらい、このリーグでの彼の実力は、抜きんでいていた。。

《NSW State League Grand Finalで輝いた男・犀川稔久の動画は👆から》

豪州フットボーラーズ

2018年7月18日 (水)

日本に来て、約二週間半が経ちました。

その間オーストラリアでは、マネージメントしている選手達が練習中に肩を脱臼したり、脳震盪を起こしたりといったアクシデントがありましたが、現地スタッフがうまく対応してくれました。

そして選手達の様子も、スタッフが常に写真付きで報告してくれます。

37076688_2149982965073863_138417950

Illawarra Premier League、CringilaとWollongong Olympicの試合に出場した日本人6選手と、その後ろに立つ、西野選手。

37187137_2149983158407177_171555944

ニット帽が似合う、西野選手。

歩く選手図鑑と言われているだけあり、僕のマネージメントしている選手達の名前と所属クラブを、全て把握しています。

37119450_2152131421525684_256231469

37179922_2152131324859027_469522476

37199015_2152132158192277_437644710

NSW State league、Bankstown UnitedとBalmain TigersのU20とトップの試合に出場した選手達と、応援しに来たチャレンジャー達。

37271096_2156080114464148_568996968

宮下がマネージメントするクラブ、Central Sydney Wolvesの練習に参加しながら、来季のトライアルに備えるチャレンジャー達。

現地で責任を持って頑張ってくれているスタッフのお陰で、僕も安心して日本で滞在する事ができます。そんな彼らに感謝の気持ちを忘れる事なく、引き続きこのコミュニティーを引っ張っていきたいと思います。

来週からは、日本の夏休みの開始に合わせ、中学生から大学生までの10人近くの短期留学生たちも、オーストラリアへ渡航予定です。この彼らにも最高の経験をしてもらえるよう、色々なプランを準備しています。その彼らの模様も、こちらのブログでお伝えしていきますので、お楽しみに!

豪州フットボーラーズ

2018年1月17日 (水)

今年に入ってから、NSW州のクラブを始め、VICのクラブからも、選手獲得の為の電話が僕の携帯に、ひっきりなしに掛かってきています。

26972774_10155820572442324_17447942

《昨日到着したニューチャレンジャー、桶谷亮太(帝京高校→東京国際大学)と、シニアプレーヤーの西村純選手》

Ded

Dee

De

NSW NPL1のクラブのトップチームで、アタッキングミッドフィルダーを探しているという携帯メールです。

通常このカテゴリーですと、サッカー履歴書やプレー動画をクラブ側に送り、向こうが興味を示してくれた場合に限り、練習参加が可能です。

しかし上のメール内容を見て頂ければわかる通り、僕がこのクラブで十分にプレーできると判断した選手であれば、特に履歴や動画は必要なく、そのまま連れてきていいと言ってくれています。僕のジャッジメントを信じているなんて言われると、嬉しくなりますね(笑)。

このような形で、1月に入ってだけでも、15クラブ以上の監督やプレジデントから、こういった選手が欲しいという具体的な情報と共に、僕の携帯やフェイスブックを初めとしたSMSに、連絡が入っています。

27016606_10155820572272324_10740518

《数日前にシドニーに渡航してきた18歳のチャレンジャー、神山元気》

まだまだこれからでもオーストラリアへの渡航は遅くありません。もし少しでもオーストラリアへのサッカーチャレンジにご興味がありましたら、お気軽にご連絡ください!

メール  Info@goshusolutions.com

電話  +61410571395

豪州フットボーラーズ