カテゴリ「宮崎隆士」の3件の記事 Feed

2017年7月18日 (火)

今シーズン、シドニーから新たな活躍の場を求めて、メルボルンでプレーしている選手が2人います。

20228615_10159127556765046_738408_2

2017シーズンの前期を、Illawarra Premier Leagueに所属するCringila Lionsでプレーした後、6月に、Victorian State Leagueに所属するPreston Lionsへ移籍した片山昌。

20140062_10159127560170046_785219_2

2017シーズンの前期を、NSW State Leagueに所属するBankstown Unitedでプレーした後、片山と同じタイミングで、Victorian State Leagueに所属するPreston Lionsへ移籍した宮崎隆二。

20046477_10159127555585046_800654_2

1947年にクラブが設立され、80年代には当時のオーストラリアのトップリーグ(NSL)にも所属していたPreston Lions。現在は州3部に所属し、今シーズンは第16節が終了した時点で12チーム6位と、現実的に昇格はかなり厳しいものの、数年で州のトップリーグへ返り咲く為の、施設、選手に対する積極的な投資を行っています。

20228239_10159127553770046_429891_2

この日の相手は同じマケドニアコミュニティーで、リーグの首位を独走するAltona Magic。マケドニアダービーというだけで、選手達やサポーターも、普段の試合より5倍ぐらいヒートアップします。そして片山、宮崎の2人も、このAltona Magicの練習に参加して契約に至らなかったという経緯があるだけに、このマケドニアダービーにかける意気込みは相当なものがありました。

首位の相手に見事に勝利を収めたPreston Lions。片山、宮崎の2人もスタメン出場し、ゴールこそならなかったものの、チームの勝利に貢献する素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたと、監督は話していました。

豪州フットボーラーズ

2017年6月 1日 (木)

今年3月に行われた、マケドニア系のサッカークラブがオーストラリア全土から集結してチャンピオンを決める大会である、Maso Cup Sydney 2017の模様です。

A

滝川第二高校⇒大阪産業大学サッカー部出身のレフティー、山本和也。

24ea

マケドニア系と思われる多くの年配の方々も会場を訪れ、真剣な眼差しで試合を観戦していました。

Ce

Ead

Adfd

Rra

オーストラリアでの3シーズン目を迎え、若いの選手が多いこのチームで、ベテランプレーヤーとしてチームを引っ張っていく役割を期待されている寺本貴生。

Zea

Zee

準々決勝で同じリーグのWollongong Unitedに僅差で敗れたCringila Lions。3人の日本人選手を獲得したCringila Lionsの2017シーズンの行方はどうなるのでしょうか?彼らの今後にご期待ください。

豪州フットボーラーズ

2017年5月16日 (火)

2017シーズンのニューチャレンジャー、宮崎隆士のシドニー空港到着からの一日を追ってみました。

18493640_1550444808361018_149466053

シドニー空港へは殆どの場合、宮下本人が直接出向きます。

18472204_1550445471694285_977679390

ランチの後は、カフェでコーヒーを飲みながらチャレンジャーと交流を深めます。

18493656_1550446145027551_169965008

シドニーに到着したチャレンジャー達の宿泊先です。

18472151_1550447641694068_184585109本人のコンディションに問題が無ければ、シドニー到着日から練習、試合参加も可能です。

18516567_1550447595027406_201839900

この日の試合は、シドニーの有料テレビで生中継されました。

18493640_1550446875027478_144426077

タフなスケジュールにもかかわらず、試合でよいパフォーマンスを見せてくれた宮崎隆士。この日はお疲れさまでした。

現在、移籍期間を前にして複数のクラブから選手獲得希望の連絡が入ってきています。6月中旬まで、2017シーズンのチャレンジャーを募集中ですので、興味がある方は、お早めにご連絡ください。

豪州フットボーラーズ