カテゴリ「竹内伸一」の7件の記事 Feed

2017年8月20日 (日)

Illawarra Premier Leagueに所属する、Tarrawanna Blueysでプレーする呉祐樹。

サッカーの実力もさることながら、返済不要の大学の奨学金のみで、オーストラリアへの費用を準備した【文武両道の男】です。

1

第20節が終了した時点でのTarrawanna Blueysの成績は、10勝5敗5引き分け、プレーオフ進出圏内である4位につけています。

2

シーズン開幕前の大方の予想では、プレーオフ進出は厳しいという見方が多かったTarrawanna Blueys。他の上位クラブに比べて選手に使える予算も少なく、若手主体で臨んだこのチームの今シーズンの躍進の中心には、呉祐樹がいます。

3

この日の試合、日本人選手が2人所属するCringila Lionsを相手にも、呉はボランチのポジションに入り、チームをコントロールします。

4

オーストラリア3シーズン目の寺本貴生と、マッチアップするシーンも。

5

シーズン開幕前の大方の予想通り、厳しい戦いを強いられている今シーズンのCringila Lions。降格争いからは抜け出したものの、プレーオフ進出が既に絶たれている状況で、選手たちが高いモチベーションを持って、残りの試合をプレーできるのでしょうか。

61

そんなチーム状況の中でも、常に高いモチベーションを持ってプレーし続ける寺本。

6

滞空時間の長いヘッドも、彼の持ち味です。

7

監督やチームメイトからの信頼も厚い、ベテランプレーヤーの寺本。32歳という年齢にもかかわらず、ピッチ内での運動量はナンバーワンです。

8

そしてユニフォームの表記は、なぜか【Teromoto】。

選手証やチームシートには、【Teramoto】と間違いなく書かれているはずですが、こういったところを間違えてしまうのは、さすがオージー(笑)。

9

シドニーの語学学校では入学時から上級クラスで、ヨーロピアンの生徒たちと切磋琢磨しながら、英語力を磨いてきた呉。

12

その英語でのコミュニケーション能力の高さが、彼のプレーでの自信にもつながっていると言えます。

13

中盤での華麗なボール裁き!

14_3

そして得点に繋がるアシスト!

14_4

この呉の充実した表情が、彼の今シーズンの好調ぶりを物語っています。

154

Cringila Lionsのもう一人の日本人選手である、竹内伸一。

15_1

東京の大学を休学し、オーストラリアでチャレンジをしてる竹内。

大学のサッカー部ではキャプテンを任されていただけに、彼のキャプテンシーが大いに期待されてのCringila Lionsへの入団でしたが、英語でのコミュニケーションと文化の違いに悩まされた、2017シーズンとなりました。

15_2

このブログを書いている現時点では、Cringila Lionsを退団し、イタリアでサッカーチャレンジをしている竹内。新天地で頑張っている彼の、今後の健闘を祈っています。

16

Tarrawanna Blueysのストライカー、長石一真。

19

2017シーズン開幕直前に、NPL2に所属するMounties Wanderers FCからまさかの戦力外通告を受け、2017シーズン前期を無所属で過ごした長石。

そんな長石に手を差し伸べたのが、その時、得点力不足に悩まされていた、Tarrawanna Blueysでした。

21

高校時代にはセンターバックとして、高校選手権にも出場経験がある長石。

大学時代もディフェンダーとして、関西学生サッカーリーグ1部でプレーしていた彼ですが、オーストラリアに来てからは、ポジションを前に上げ、ディフェンダー出身とは思えない器用なドリブルを武器に、得点を量産しています。

最近、筋トレにもハマり始めた長石。基礎技術はもともと高いものを持っているだけに、肉体改造に成功すれば、大化けする可能性を秘めた選手です。

ただ、短期留学の中学生にも敬語を使うほどの、極度な人見知りなだけに、まずはそこを克服してもらいたいですね(笑)。

23

2017シーズンの、Tarrawanna Blueysの快進撃はどこまで続くのか?この男の両足にその運命が託されているといっても、過言ではありません。

【この試合の模様と、インタビューの模様を撮った動画はこちらからup

豪州フットボーラーズ

2017年7月21日 (金)

今年2月に行われた、日本チーム対Albion Park White Eaglesの試合の模様です。

1

2017シーズンに渡航した、ニューチャレンジャー中心の日本チーム。この日、初めて会うメンバーもいるという即席チームで、2016 Illawarra Premier Leagueファイナルシリーズのチャンピオンに挑みました。

15

2

シドニー渡航前に、J2に所属するロアッソ熊本の練習にも参加していた鎌田倖輔。19歳ながら、この日は強靭なフィジカルを持つオーストラリア人ディフェンダーを相手に2得点を記録。Albion Park White Eaglesの首脳陣に、強いインパクトを与えました。

4

最高気温が40度近くまで上がった猛暑の中でも、この試合を観にグラウンド負け駆けつけた、Albion Park White Eaglesサポーターのおっさん達。

5

一時、日本チームがリードする展開となり、Albion Park White Eaglesのベンチには緊張感が漂います。

6

高校時代、宮崎の強豪である日商学園サッカー部で10番をつけてプレーしていた伊奈祐二。サッカーから約2年ほど離れていたのにも関わらず、この日はフォワードとして約70分プレー、得点こそなかったものの、献身的動きでチームに貢献しました。

14


7

トップ下やボランチでプレーし、日本チームの中盤をコントロールした山本和也。彼の左足から繰り広げられるパスはまさにマジック!

8

13

ベンチに座っているメンバーも、みんな試合に出たくてしかたがない。そこをコントロールするのも、監督の役目です。

3

試合後、鎌田をはじめ、数人の日本人選手に興味を持ったAlbion Park White Eaglesの監督。

9

この試合の応援に駆けつけてくれた、堀滉二郎と安真也。

10

シンガポール、カンボジアでプロとしてプレーした経歴を持つ、清水一平の試合後のスマイル。

11

オーストラリア2シーズン目の西村純。この試合での彼のパフォーマンスは、この表情から察してください(笑)。

16

17

結局1点差で負けたこの試合、すべてはこの10番にやられました。2016シーズン、Illawarra Premier League最優秀選手賞を受賞した、奥野将平。

18

多くのプロを輩出している東福岡高校サッカー部でキャプテンを務め、東洋大学4年次には、関東大学リーグ2部のベストイレブンに輝いた徳市寛人。センターバックとしてプレーしたこの試合では圧倒的な存在感で、チームをけん引していました。

12_2

予想以上の日本チームの健闘に、Albion Parkの関係者も称賛を惜しみませんでした。この試合に出場したチャレンジャー達にとっても、このレベルのチームと対等に渡り合えたことが、相当な自信につながったと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年6月 1日 (木)

今年3月に行われた、マケドニア系のサッカークラブがオーストラリア全土から集結してチャンピオンを決める大会である、Maso Cup Sydney 2017の模様です。

A

滝川第二高校⇒大阪産業大学サッカー部出身のレフティー、山本和也。

24ea

マケドニア系と思われる多くの年配の方々も会場を訪れ、真剣な眼差しで試合を観戦していました。

Ce

Ead

Adfd

Rra

オーストラリアでの3シーズン目を迎え、若いの選手が多いこのチームで、ベテランプレーヤーとしてチームを引っ張っていく役割を期待されている寺本貴生。

Zea

Zee

準々決勝で同じリーグのWollongong Unitedに僅差で敗れたCringila Lions。3人の日本人選手を獲得したCringila Lionsの2017シーズンの行方はどうなるのでしょうか?彼らの今後にご期待ください。

豪州フットボーラーズ

2017年1月27日 (金)

Illawarra Premier Leagueに所属するマケドニア系のチームであるCringila Lions。1968年に創設されたこのクラブは、7500人を収容できる立派なスタジアムを持っています。

最近数年は、同じマケドニア系のチームであるWollongong Unitedの陰に隠れ、あまりぱっとした成績を残して来れなかったCringila Lionsですが、2017年シーズンに向けてオーストラリア代表として23試合に出場した経歴を持つWally Savor氏をヘッドコーチとして招聘し、選手に払う給料の予算も増やす等、上位争いに食い込む為の動きを見せています。

16326445_1374588729279961_529028855

16326769_1374588899279944_188677545

16325575_1374588182613349_731178803

果たしてこの練習生達の中から契約選手は生まれるのか?次回にご期待ください!

豪州フットボーラーズ