カテゴリ「田中心晟」の10件の記事 Feed

2019年2月 6日 (水)

長崎の強豪、長崎日大高校サッカー部の出身ながら、トップチームに殆ど絡むこともなく、【実績、経歴なしの選手】としてオーストラリアへ渡ってきた、田中心晟。

当時18歳だった彼は、判断の悪さやボールタッチの粗さといった、粗削りなプレーが目立つプレーヤーであった。

しかし持って生まれたスピードは驚異的なものがあり、磨きをかければ十分に才能が開花するであろうとの、期待も持たせてくれた。

オーストラリアでの一年目の田中心晟

一年目は、地域アマチュアリーグから、State Leagueに所属する、Balmain Tigersのアンダー20(2軍)でプレー。

二年目には主戦場をSouth Coastに移し、Illawarra District Leagueに所属する、Fernhill FoxesYouth Grade(3軍)で得点を量産。

その活躍が実り、三年目となる2018シーズンには、Fernhill FoxesFirst Grade(1軍)との契約を結ぶことに成功した。

【 Illawarra Premier League、Fernhill Foxesでプレーする、 田中心晟】

2018年のオフシーズンには、Fernhill Foxesから契約延長の打診があったものの、2019シーズンは、NPLの舞台でプレーするという目標を立てた田中。

そして昨日(2019年2月5日)、長いトライアル生としての期間を経て、NPL2に所属する、Blacktown Spartandsとの契約を結ぶ快挙を、見事に成し遂げた。

50724696_2413080278913139_302073760

【Blacktown Spartandsの監督と田中心晟】

来豪当時、【Because】という英単語の意味さえ分からなかったこの男が、今はこのチームの監督と何不自由なく、英語でやりとりをしている。

この姿を見た時、今回のこの契約はサッカーの実力だけでなく、英語でのコミュニケーション能力も大きな役割を果たしたに違いないと、感じざるを得なかった。

日本での実績、経歴が全くなくても、NPLという舞台に立ち、サッカーで給料を貰えるという事を証明してくれた田中。

しかしまだスタートラインに立っただけ。本当のチャレンジはこれからだという事は、本人も十二分に自覚しているに違いない。

豪州フットボーラーズ

2018年11月27日 (火)

大会三連覇を目指して出場した2018大会。

日本チームは準決勝でマケドニアに惜敗し、優勝トロフィーを掲げる事はできませんでした。

選手達は、この敗戦の悔しさを忘れることなく、それぞれのクラブでレベルアップし、来年のこの大会に戻ってきてくれる事でしょう。

Img_1218

 

【絶対に負けられない戦い!Arab Bank Australia Cup 2018のハイライト動画は👆から】

豪州フットボーラーズ

2018年10月 4日 (木)

43108949_168942307343727_6251085132

Arab Bank Australia Cupの選手選考も兼ねて行われた、先週の練習試合。

平日の夜間に行われた初戦のイラク戦では、圧倒的なポゼッションで日本チームが終始試合をコントロールするものの、中東特有のカウンター攻撃2発を食らい、敗戦を喫した試合となりました。

43106742_328158267948915_7160294512

【シドニー日本チーム対中東連合チームの試合模様は👆から】

大会三連覇を目指すシドニー日本チームにとって、練習試合だからといって二連敗は許されない、絶対に勝利が求めれらる、二試合目の中東連合D戦。

試合前に、選手選考も兼ねているという、選手達への僕の言葉が功を奏したのか、この日の日本チームはゴールラッシュを見せ、7-2で完勝。次の日の行われる韓国戦へ向けて、大きく弾みをつけました。

43106314_1109490285873097_637873192

そして第三戦目の韓国戦。元Kリーガー2人、そしてNPL1でプレーする選手を3人抱える強敵を相手に、日本チームはどんな戦いを見せたのか?この試合の内容は、試合の動画が完成し次第、お伝えします。

豪州フットボーラーズ

2016年7月25日 (月)

Balmain Tigersの20歳以下のチームでプレーする日本人コンビ、長廉太朗と田中心晟。私生活でも同部屋で寝食を共にし、このチームでも息の合ったプレーで勝利に貢献している彼らのお蔭で、第15節を終了した時点でBalmain Tigersは1位と勝ち点差で1点差の4位につけています。そんなファイナルシリーズ進出の可能性が現実的となっている中での第16節は、リーグ戦7位と中位争いをしているStanmore Hawksとの試合となりました。

0q2a0627

20歳以下の試合とはいえども、3人までオーバーエイジの選手が使える為、チームの中には右の選手の様なオッサン選手もプレーしています。

0q2a0654

この日、オーバーエイジ枠でゴールキーパーのポジションを務めた藤原弘樹。当初、本格的にサッカーを全くプレーする予定がなかった藤原弘樹ですが、ケガや仕事の等の事情でBalmain Tigersのトップチームとアンダー20のゴールキーパーがいなくなり、そのタイミングで数年前に Balmain Tigersでプレーをしていた藤原の話をBalmainのオーナーにしたところ、初回の練習参加で契約となりました。

0q2a0755

Balmain Tigersの今シーズンのホームグラウンドでもあるこの会場は、シドニーの中心街から歩いて20分程とアクセスしやすい場所にある為、多くの日本人サッカー仲間や選手達の友人もたびたび観戦に訪れる場所です。

0q2a0817

日本のお母さんも、このブログでの息子の写真を楽しみにしているという田中心晟。

0q2a0834

0q2a0878

0q2a0910

セットプレーでのキッカーを任されている長廉太朗。

0q2a0950

0q2a0957

日本から応援してるお母さんの為に、田中心晟の連続ショットをどうぞ!

0q2a0958

0q2a0959

0q2a0960

0q2a0961

0q2a0962

0q2a0964_2

0q2a0963

プレッシャーにきた相手を吹っ飛ばしながらのドリブル突破を見れると思いきや、相手に体を入れられてボールを取られてしまう田中心晟。さらに上を目指すには、こういった場面でもキープきるようになる必要があります。

0q2a1119

ゴールを決め、喜びを分かち合うBalmain Tigersの選手達。

0q2a1145

0q2a1227

0q2a1307

0q2a1462

長廉太朗と田中心晟を中心とした攻撃陣、そして1失点は喫したものの、試合を通じて安定したパフォーマンスを見せた藤原弘樹の日本人勢の活躍もあり、試合は2-1でBalmain Tigersが勝利し、更にファイナルシリーズが一歩近づいた試合となりました。

 (写真撮影:寺本貴生)

豪州フットボーラーズ