カテゴリ「奥野将平」の13件の記事 Feed

2019年5月23日 (木)

2016シーズン、Albion Park White Eaglesに所属し、 Illawarra Premier Leagueを席巻したプレーヤー、奥野将平

シーズンMVPを受賞した上、計り知れないほどのインパクトをこのリーグに与えた奥野の去就に、誰もが注目したオフシーズン。

ほぼ全てのIllawarra Premier Leagueのクラブが、彼との契約交渉を望んだものの、NPL1への挑戦を宣言する。

複数のNPL1のクラブが奥野に興味を持つ中、本人が一番プレーしたかったクラブである、Blacktown FCの練習に参加する事に。

Shoi2

【2016シーズン、決勝戦で見せたミドルシュート】

Blacktown FCでは初回の練習から高評価を受け、年明け直後に行われる練習試合後に契約をするという話まで進んだ彼に、アクシデントが襲い掛かる。

Shoi1

Futsal Alliance Cup

シドニーの日本チームとして参加したフットサル大会で、相手チームの激しいタックルを受け、足首を負傷。

この怪我の影響で、年明けの練習試合もプレーできなかった奥野のBlacktown FCとの契約は、白紙になってしまう。

結局負傷が完治しないまま、2017シーズンもAlbion Park White Eaglesでプレー。

そしてシーズン終了後、サッカー界から引退する事を宣言し、日本へ帰国した。

Dsc_7558

引退を撤回し、今年の初めにオーストラリアへ再チャレンジしにきた、奥野。

Blacktown FCの練習参加から約2年半。

2019年5月19日、奥野はHakoah FCのユニフォームを身にまとい、Blacktown FCのグラウンドへ戻ってきた。

Dsc_7650

Dsc_7660

Dsc_7674

様々な思いが、彼の中で交差したであろう90分間。

他のチーム以上に、このチームには勝ちたかったに違いない。

しかし結果は、0-1の敗戦。

この試合で、Hakoahはリーグ最下位に転落。

勝てないチームへの苛立ちか、それとも、思い入れがあるBlacktown FC戦で、相手監督を見返せなかった事に対する悔しさか。

試合後の奥野の表情からは、険しさが滲み出ていた。

Dsc_7705_2

レギュラーシーズンの半分の日程を終えたNPL1

この男が持っているポテンシャルはこの程度ではない。

長年彼のプレーを見てきた人ならば、誰でもわかる。

Illawarra Premier Leagueで魅せてくれた【Sho Time】を、NPL1の舞台でも披露してくれる事を、心待ちにしよう。

豪州フットボーラーズ

2019年5月13日 (月)

サッカー動画の撮影を始めたのは、約10年前、趣味で選手のサポートを始めたときから。

一万円ぐらいのハンディカムでトライアルや練習模様を撮影し、無料のソフトで動画を編集後、Youtubeにアップしていた。

それから動画撮影だけでは物足りなくなり、一眼レフを業者からレンタルして、選手の試合を撮影するようになった。

レンタルとはいっても、一日借りるだけで約100ドル近く掛かる。

3回ぐらいレンタルをした時点で、もはや購入した方が良いのではないかと思い始めた。

一眼レフ本体と、望遠レンズで合計、約3500ドル。

サッカーサポートの収入だけでは、生活さえままならない状況だったが、先行投資だと考え、思い切って一括で買った。

そして今となっては、この買い物は正解だったと確実に言える。

60173563_2509475245939463_404062689

日の目を見ることのなく消えていく選手達が多いサッカー界で、その彼らの存在を、少しでも形に残す事。

それがサポートする側の仕事ではなかったとしても、彼らが今後の人生を生きていく上でそれが糧になるのであれば、やらない理由がない。

奥野将平のNPL1公式戦デビュー。

彼にとってNPL1のデビュー戦は人生で一回しかない。

その記念すべき試合を、映像と画像に残す事。

決してできる事が多くはない僕だが、他人の為に自分ができる事をやりながら今後も人生を歩んでいこうと思う。

豪州フットボーラーズ

2019年3月31日 (日)

今週末も、選手達の写真をたくさん撮影してきました。

とりあえず試合中はずっと彼らを追い続けて、良いシーンが来るぞ!と思ったら、連写をしています。

今日撮影した写真は約500枚。その内、実際に使える写真は10分の1ぐらいなんです。

それでも、いい写真が撮れた時の嬉しさは、格別なものがあります。

しかし、その写真を張り付けて、文章を書いてブログを完成させるとなると、結構な時間が掛かります。

選手達からすると、直ぐにでも自分の写真が欲しいに、違いありません。

そういった要望に応えて、試合後直ぐに、写真にアクセスできるようにしました。

豪州ソリューションズのフェイスブックページ

試合後3時間以内に、豪州ソリューションズのフェイスブックページに写真をアップしますので、選手本人、そして家族、友人の方々は、どんどんここから写真を取って、SMSにアップするなりしてください!

Dsc_3295

Dsc_3365

Dsc_3504

Dsc_3571

Dsc_3461

Dsc_3795

55922120_1735335599900092_579232839

55692861_1137902439727740_656009705

選手達の写真を一緒に撮りたい方、撮影を学びたい方も常に募集しています。

豪州ソリューションズ

2019年3月10日 (日)

NPL1の開幕戦、数カ月ぶりにカメラマンとして会場を訪れた宮下。

果たしてハイクオリティーな写真は、撮れるのでしょうか?

53233280_394089847817853_3891187958

この日は2台の一眼レフに、2台のGoProという重装備(?)を引っさげて、会場にやってきました。

試合の詳細については、今回は省略します。(笑)

Dsc_1628

Dsc_1647

Dsc_1652

Dsc_1686

Dsc_1691

Dsc_1700

Dsc_1765

Dsc_1771

Dsc_1786

Dsc_1813

Dsc_1818

Dsc_1819

Dsc_1840

Dsc_1872

Dsc_1877

Dsc_1951

Dsc_1952

Dsc_1998

ここまでが、この日一眼レフで撮影した画像となりますが、どうでしたでしょうか?

皆さまからのフィードバックを、お待ちしております。(笑)

53537488_2261492634174389_442298081

この試合でNPL1の公式戦デビューを飾った、奥野将平(右)。そして豪州ソリューションズの選手ではないものの、僕が以前サポートしていた湯澤大佑が運営する、フットボールプラスの所属選手である、野路貴之(左)。豪州ソリューションズが行っているフットサルや、シドニー日本チームにも参加してくれている位、個人的にも仲良くしている選手です。

例え豪州ソリューションズの所属選手でなくても、試合の写真を撮影してほしかったり、このブログやSMSに載っても問題がない、もしくは載りたい、という選手は、是非教えてください。利害関係が一致するのであれば、喜んでやらせていただきます。

54368121_605698569840258_5219834880

シドニーの芸能事務所に所属する棚橋健二さんも、この試合の観戦に訪れていました。

自宅からこの会場まで、自転車で約30分と話してくれた彼。

サッカー通の棚橋氏だけに、この会場で会える機会も多くなりそうです。

今シーズンも色々なリーグの試合に、予告なしに急に撮影に訪れる予定ですので、僕を会場で見かけたら、いいプレーをするようにチャレンジャー達は心掛けてください!(笑)

豪州フットボーラーズ