カテゴリ「田川慎太郎」の3件の記事 Feed

2017年11月29日 (水)

オーストラリア州1部のフットサルリーグに所属するSouth Coast Taipans。

このTaipansとの出会いは約2年前、当時からの監督であるボビーから、『あまりにもチームが弱すぎて、日本人選手の力が必要だ!だれかプレーできる選手はいないか?』というSOSにも近いテキストがが、僕の携帯に飛んできました。

しかしその時期はちょうどサッカーのオフシーズンで、ほとんどの選手達が日本へ一時帰国しているか、セカンドワーホリビザ取得の為に、ファームへ行っているという状況。

ボビーに『今、大半の選手達がシドニーにいないから、厳しいね。僕でいいならプレーするけど?』と、冗談交じりのテキストを送ったところ、『お前でもいいから、すぐに選手登録の手続きをしてくれ。もちろんフットサルシューズは持っているよな?』と、予想外の返答が返ってきました。

サッカーは一か月に一回プレーする程度、それ以外ほとんど運動する事がなかった、36歳のぽっちゃり体系のオッサンが、そんなこんなで、州一部のフットサルリーグでプレーする事になったのです。

Tadashifutsal

フットサルなんて遊びでしかやった事がなかった僕が、フットサルオーストラリア代表選手もプレーするこのリーグで、通用するはずがありません。

前後半20分ずつで行われるフットサルの試合で、僕の一試合の平均出場時間は約2分(笑)。それもかなりお情けで出してもらっていたのですが、一緒にチームに加入した寺本貴生と長廉太朗の活躍のお陰で、逆にこのチーム内での日本人選手の評価を、かなり上げる事ができました。

そのシーズン以降、州一部のフットサルリーグを戦うには、ローカル選手だけでは厳しいSouth Coast Taipansが、日本人選手を獲得するという目的で、日本チームと練習試合を行うようになったのです。

51

そういった目的で行われたこの日の試合、ベンチに多くのサブメンバーを座らせるSouth Coast Taipansとは対照的に、日本チームのメンバーはサブなしの5人!

しかもこのチームは、もちろん一緒に練習した事もない即席チーム。そんな状況で、曲がりなりにも州一部リーグに所属してる彼らを相手に、一体勝負になるのでしょうか?

9

しかし蓋をあけてみると、前半序盤は互角の戦いを見せます。

18

これはもしかしたら、勝てるのではないか?

25

そして前後半20分で行われた試合は、あっという間に終了。果たして結果はどうなったのでしょうか?

続きは動画でどうぞ!

【シドニー日本チーム対South Coast Taipansの試合および、選手達のインタビュー動画は👆からご覧ください】

豪州フットボーラーズ

2017年10月17日 (火)

以前にご紹介した記事、田川慎太郎とBankstown の映像編です。

2

【19歳ながら、トップチームのデビューを果たした田川慎太郎の動画はこちらから↑】

2018シーズンのチャレンジャーを募集しています!詳細は→ここ←をクリック!

豪州ソリューションズ

2017年7月23日 (日)

FCバルセロナという世界最高峰のクラブで、ヨハンクライフとともに最強チームの土台をつくった伝説的指導者、アントニオ・デラクルス氏。そのアントニオ氏がヘッドコーチとして在籍し、直接彼の指導を受けることができるフットボールアカデミー、RAFA(http://rafa.asia/)から今年の3月、一人のチャレンジャーがシドニーへやってきました。

Shintaro

田川慎太郎、19歳。ボランチを主戦場とし、テクニックには自信を持っているという豪語する田川の、RAFA時代のプロフィール写真。なかなかふてぶてしそうな感じが伝わってきます。

田川のシドニー到着日、あのプロファイル写真からは想像もつかないような、長崎弁を話す純朴な少年が僕の前に現れました。そしてその日、日本からのフライトではほとんど寝れなかったのにも関わらず、サッカーがしたくてウズウズしている田川を、早速サッカーアカデミーへ連れていきました。上の動画がその時の様子です。

シドニー到着から一週間後、NSW State Leagueに所属するBankstown Unitedへの入団が決まり、アンダー20のカテゴリーで試合に出場してきた田川。6月にはNPL2に所属するSpirit FCからオファーがあったものの、Bankstown United側の、田川をどうしてもとどめさせたいという強い阻止もあり、上のカテゴリーへの移籍は実現しませんでした。

そんな中、アンダー20のチームで3試合連続得点という結果を残した田川に対し、トップチームの監督から、トップチームでスタメン起用をするという声が掛かりました。

そんな田川の、トップチームでの出場という雄姿を見ようと、カメラマン宮下は新しく購入したシグマの望遠レンズを手に、試合会場へ向かいまいした。

Dsc_1559

会場に到着するとアンダー20の試合が行われており、後半30分でスコアは0-4という状況。フォアードで先発出場した伊奈祐二が良い動きを見せるものの、得点には至らずこのままタイムアップ。

Dsc_1571

右サイドバック、そして後半終盤にはフォアードでプレーした宮元凌。この敗戦に、本人も肩を落とします。

Dsc_1579

アンダー20の試合に引き続き、トップチームの試合が始まりました。前日、スタメン出場を言い渡されていたはずの田川は、なんとベンチースタートです。

Dsc_1583

レギュラーシーズンを4試合残し、2位との僅差で首位を走るBankstown United。この試合で勝てば、NPL3への昇格の可能性がグンと上がるものの、落とした場合は自力優勝が消滅する可能性があるだけに、選手達も相当な気合が入っています。

Dsc_1665

Bankstown Unitedの右サイドバックで出場した中野陽樹。シーズン当初と比べて、髪型がだいぶ落ち着きました(笑)。

Dsc_1689

絶対に負けてはいけない試合で、前半10分、Bankstown Unitedは先制点を許してしまいます。

Dsc_1693

この緊迫した雰囲気の中で、むしろそれを楽しんでいるような表情を見せる中野。

Dsc_1713

うん。いい表情だ。

Dsc_1738

両者とも絶対に譲れない、意地と意地がぶつかりあう戦いの中で、あわや乱闘に。

Dsc_1755

そして熱くなったBankstown Unitedの監督が退場になるという、異例のハプニングまで。こんな状況で、田川の出場機会は訪れるのでしょうか?

Dsc_1833

後半は残すところ僅か15分。0-2で負けているBankstown Unitedは2つの交代枠を使っており、もしかしたら今日は田川の出番はないのでは?と思ったその瞬間、

Dsc_1841

フェンスの外から監督に呼ばれた田川。ついにこの瞬間が来ました!

Dsc_1861

アンダー20の試合にフルで出場し、体力的にはまったくフレッシュではない状態でピッチに送られた田川。果たしてこの短い時間で、何かを見せてくれるのでしょうか?

Dsc_1872

この瞬間を待ちわびていた田川だけに、気合は十分に入っています。

Dsc_1902

藤田カメラマンもこの瞬間を待っていたとばかりに、田川にレンズを向けて動画を撮影します。

Dsc_1921

黒人選手3人と田川。このショットはかっこいい!

Dsc_1980

後ろから激しいタックルを食らう田川。

Dsc_2006

強引にいけば、自分でシュートまで持っていけたこのシーンで、味方への横パスという、無難なプレーを選択した田川。リスクを恐れずにチャレンジする回数を増やしていく事が、彼が次のステップへと進む為のキーなのかもしれません。

Dsc_2044

結局このまま0-2で試合は終了。Bankstown Unitedにとっては、昇格に暗雲が立ちこめる、痛恨の敗戦となってしまいました。田川自身のパフォーマンスは、与えられた短い時間の中で目立ったミスはなかったものの、目立ったプレー、状況を変えるプレーもなく、本当の意味での彼の評価は、次の試合まで持ち越しとなりました。

豪州フットボーラーズ