カテゴリ「田村明大」の4件の記事 Feed

2019年10月15日 (火)

あと一週間後に迫った、今年のArab Bank Cup

この大会に向けての最後の練習試合が、先週日曜日に行われました。

対戦相手のアラブアフリカ連合はその名の通り、アラブ人とアフリカ人によって構成されており、Arab Bank Cupにも出場するチームです。

NPLでプレーする選手を数人擁したこのチームを相手に、日本チームはどんな戦いを見せてくれたのでしょうか?

0q2a9945

高校サッカーの強豪、青森山田高校サッカー部出身の山本紳介

自分よりも遥かに大きな相手を前にしても、全く怯むことなく突進できるのが彼の強みです。

0q2a0127

イタリア・セリエBでフットサル選手としてプレーしていた、鍵矢竜次

高校までサッカーをプレーしていた彼ですが現在はフットサルがメインだけに、足技の技術はアメージング!

0q2a0137

オーストラリアに来たばかりのニューチャレンジャー、長澤秀平

日本でジムのインストラクターを務めていただけに、惚れ惚れしてしまう程のしなやかな筋肉を持っています。

そして100メートルを11秒台で走る俊足を誇る彼。

フォワードというポジションでプレーする長澤だけに、各クラブからのラブコールを受ける事は間違いなし!

0q2a0423

オーストラリアでの2シーズンを終え、来年で3シーズン目を迎える、佐藤辰哉

0q2a0488

日本での休暇を終えて帰ってきた、田村明大

日本で美味しいものをたらふく食べてきたせいなのか、ちょっとポッチャリ気味です。(笑)

0q2a0560

この試合、センターバックでプレーした、鈴木暢

0q2a0848

フットサルがメインでオーストラリアに渡航してきた、細江悠真

しかしながら、中学時代には大阪府代表で全国大会に出場し、高校も大阪の強豪、履正社高校でプレーした実力を持つ彼。

この試合でも持ち前のフィジカルを武器に、黒人選手をなぎ倒すプレーを見せてくれました。

0q2a1033

山口県出身で、同県の強豪である慶進高校サッカー部ではキャプテンを務めた、佐々木雅也

大学を休学してオーストラリアにチャレンジしに来た彼はまだ21歳と若いだけに、これからが楽しみな選手です。

0q2a1221

オーストラリアの名門大学である、マッコーリ―大学に通っている丸山樹

ブリオベッカ浦安ユースではキャプテンを務め、JFL に所属するトップチームからのオファーを貰うものの、オーストラリアでの大学進学を決意し2年前に渡豪した彼。

オーストラリアでの文武両道は簡単ではありませんが、今年こそはセミプロリーグでのプレーを目標に日々トレーニングに励んています。

0q2a0446

昨シーズン、NPL1に所属するSydney OlympicのU20チームで主力としてプレーした、神山元気

彼も丸山同様、オーストラリアでの大学を控え勉強にも励んでいる、文武両道プレーヤーです。

73364182_462562637681774_4154963972

日本チームが優位に試合を進めるものの決定機に欠き、結局1-2で敗戦となったこの試合。

本大会にはこのメンバーに6人程が加わるものの、果たして優勝する事ができるのでしょうか?

Arab Bank Cupは10月20日、朝9時からThe Crestでキックオフです。

豪州フットボーラーズ

2019年5月 5日 (日)


59464299_1057198337803677_763746234

今朝到着したニューチャレンジャー、原田利章(19)。

なんと今回のオーストラリアチャレンジが、人生初海外だという彼。

長距離フライトでさぞかし疲れているだろう思い、聞いてみてると、

(全然疲れていません!)

との答えが。

となると今からの行先は一つ。荷物を宿に降ろすや否や、早速サッカーグラウンドへ向かいました。

Dsc_5119

【豪州ソリューションズ】がメインスポンサーになっている、草サッカーチーム【BOKA FC】

毎週日曜日に行われている、シドニーの韓国人リーグに所属しているこのチームの、メンバーの半分は日本人、そして残りの半分は韓国人で構成されています。

その【BOKA FC】の試合に急遽、参加する事になった原田。

シドニーに到着してから、厳密にいえば3時間も経っていないこの状況で、果たしてどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか?

Dsc_5306

僕が、チャレンジャー達のレベルを見極める為の場でもある、この韓国リーグでの試合。

そんな、テスト的な意味合いも濃いこの試合で、長距離フライトから降り立ったばかりにも関わらず、原田はそのポテンシャルの大きさを十分に見せてくれました。

Dsc_5527

Dsc_5348

Dsc_5326

韓国代表選手(?)に激似と噂になっている、古川龍星。この日も得意のドリブルで、相手選手をぶった切っていました。

Dsc_5595

最近サッカーに対する自信を取り戻しつつある、田村明大。

Dsc_5185

クリスティアーノ・ロナウドと同じ背丈と体重を誇る、藤田遼平。体脂肪率はしりませんが。(笑)

Dsc_5533

先週土日続けて90分づつプレーし、次の日に体調を崩して口内炎ができた、40歳のおっさんプレーヤー。

今週も、昨日90分プレーし、今日も80分プレーしてしまっただけに、明日の体調が不安で仕方がありません。(笑)

Dsc_5535

僕にとっては原田のプレーを間近で見る事ができ、原田にとっては他の選手達との交流を深める事のできた、貴重な時間となったこの試合。

彼のチャレンジは、今まさに始まったばかりです。

豪州フットボーラーズ

2019年4月29日 (月)

オーストラリアのセミプロリーグでプレーする事を目標とし、毎年多くの若者たちが、この地へやってくる。

中には、初回のトライアル、練習参加でチームからオファーを貰うチャレンジャーがいる反面、10チーム以上のチームに参加しても、オファーを貰えないチャレンジャーもいる。

この、【オファーを貰えないチャレンジャー】に関して言えば、その時点で、単純にセミプロリーグでプレーする実力が足りないというケースが殆ど。

ただ、【その時点で】との言葉が示している通り、本人達の努力次第では、そこからセミプロリーグでプレーする事も決して不可能ではない。

オーストラリアという外国で、日本とは異なったサッカー環境、そしてサッカースタイルの中、即座に自分の実力を十二分に発揮する事は、容易ではないといえる。

その環境、スタイルに慣れる為には、とにかく試合をこなしていく事も必要だ。

そのようなチャレンジャー達に、【試合経験を積める】場を提供する為に、僕はオーストラリアの様々なアマチュアクラブと提携している。

今シーズン、僕自身がプレーヤーとして所属しているBankstown Dragons FC も、会社として提携しているクラブの一つ。

このクラブには、セミプロリーグでのプレーを目標に、日本人選手だけでなく、中東、南米、ヨーロッパから来た外国人選手も多く所属している。

Dsc_4173

(アルゼンチン出身の選手。即戦力として、NPL1で通用するだけの実力を持っている)

Dsc_4191

(中東出身の選手。彼もNPLでプレーできるクオリティーを持っている)

日本人選手同様、外国人という狭き枠で勝負しなくてはいけない為、その枠が空くタイミングを虎視眈々と狙いながら、ピッチ上で毎日汗を流している彼ら。

ニュージーランドや中東のトップリーグでプレーしていた選手や、他州のNPL1でプレーしていた選手も所属している、今シーズンのBankstown Dragons FC

彼らはこのクラブでプレーする事を、もしかしたら上でプレーする為の、コンディション調整ぐらいにしか思っていないかもしれない。

だからといってトレーニングでは決して手を抜くことなく、試合もいつも全力でプレーする。

その為、毎回のトレーニングの質も高く、チームでのスタメン争いも熾烈だ。

このBankstown Dragons FCで、2019シーズンをこのクラブでスタートさせた、二人の日本人選手がいる。

田村明大(20)と、山中真哉(22)。

Dsc_4152

2018年末から複数のセミプロクラブのトライアルを受けるものの契約に至らず、その過程で、サッカーに対する自信を失ったという田村明大。

周りの日本人選手達が次々と契約を決めていく中、自分だけが取り残されてく。

あれほど好きだったサッカーが、楽しめなくなっている。

オーストラリアでの生活も、苦痛でしかない。

そんなどん底まで落とされた田村だったが、このBankstown Dragons FCに入団する事により、サッカーができる喜びを再発見する。

【サッカーがしたくてもできない人だっているわけだし、海外でこうやってチャレンジさせてもらっている事は、当たり前ではないんだ】

Dsc_4157

Dsc_4228

Dsc_4237

Dsc_4250

Dsc_4285

現在、チームの主力としてプレーしている彼。

プレッシャーを感じる事なく、サッカーを楽しんでいる。

そしてサッカーに対する自信を取り戻したせいか、以前よりもパフォーマンスが上がっている。

そんな田村に、セミプロクラブのトライアルのチャンスは再び訪れ、それを物にする事はできるのであろうか?

Dsc_4322

Dsc_4180

Dsc_4333

日本では社会人リーグでプレーし、今年の3月中旬にオーストラリアへ渡ってきた、山中真哉。

長い期間のブランクがあり、試合勘を取り戻したいという事で、Bankstown Dragons FCへの入団を決めさせた。

体力を上げ、フィジカルコンタクトの激しさに慣れれば、オーストラリアのセミプロレベルで十分に通用すると判断し、一カ月間、彼の様子を見続けた。

そして先週、オーストラリアでの初めてのトライアルで、見事にオファーを貰った山中。

たったの数試合で、このBankstown Dragons FCを去る事になったものの、ここで培った事を活かして、次のクラブでも活躍してくれると信じている。

Dsc_4279

今回のベストショットはこの写真!(笑)

豪州フットボーラーズ

2018年12月23日 (日)

【オーストラリアでサッカーにチャレンジしに来ていなかったら、海外に行く事なんてなかったもしれないです】

49051936_266355010726495_27566537_3

今回のオーストラリアでのサッカーチャレンジの為に、生まれて初めてパスポートを取得した男、田村明大(20)。

48398767_745412589155007_6640858590

空港に現れたその男は、取得したばかりのはずのパスポートの顔写真とは、髪の色があきらかに違っていた。

【自分のプレースタイルがあまり目立たない為、少しでも目立とうと、この髪の色に染めました】

そのセリフ、なんか聞き覚えがあるぞ、、

Dsc_0328

彼が言っていたセリフだ!

たしかに、西村純のピッチ内、外での存在感は、半端ではなかった。

そしてその存在感を醸し出すのに一役買っていたのが、彼のヘアースタイルである。

48418890_1829623540498807_433054998

滞在先から歩いて15分ほどの場所にある、人工芝のサッカー場。

予約が入っていないときは、自由に使える場所だと聞いて驚いた。

こんな環境でチャレンジができるなんて、最高だ。

【ニューチャレンジャー、田村明大のシドニー初日の動画は👆から】

48418541_268493503835953_1653617345

髪の色に負けないパフォーマンスを、ピッチ上で見せる事ができるのであろうか?

田村のオーストラリアチャレンジは、すでに始まっている。

豪州フットボーラーズ