カテゴリ「犀川稔久」の9件の記事 Feed

2019年11月10日 (日)

まずはこちらの記事から読んでいただきたい。

犀川稔久の苦悩

2019シーズン、NPL2Bankstown Berriesでスタートを切った犀川だったが、移籍期間にNPL3のSD Raiders FCへの移籍を決意する。

選手達のモチベーションが低いNPL2のクラブでプレーするよりも、昇格争いに向かってやる気がみなぎっている、NPL3のクラブでのプレーを選んだのである。

この犀川の加入も手伝ってリーグ優勝を果たし、2020シーズン、NPL2への昇格を決めたSD Raiders FC。

クラブからも当然再契約のオファーを貰ったものの、直ぐにはイエスと言えなかった。

NPL1でのプレーを目標としている彼にとって、もう一年NPL2でプレーする事は果たして正しい選択なのであろうか?

少し考える時間が欲しい。

そうクラブには伝えた。

2y0a1558

再契約の話から数日後、犀川はこのクラブとの契約書にサインをした。

一年目、State Leagueでプレーしていた時の10倍近い給料。

NPL2では破格ともいえるこの条件を、クラブ側が提示してくれたのだ。

金額だけで決めたわけではない。

それぐらい自分を評価してくれている、そして必要としてくれている事に感動したからである。

2y0a1601

現在犀川は、フィットネスの専門学校に通いながらサッカーをプレーしている。

英語でフィットネスを学び、英語環境の中でサッカーに打ち込む。

もしオーストラリアに来ていなかったら、今頃自分は日本で何をしていたのだろうか?

今の生活が充実しすぎているからこそ、そんな事を考える事もしばしばある。

2y0a1639

日本では全く無名だった自分が、オーストラリアでサッカーで十分に生活できる給料を貰いながら生活している。

高校、大学時代に自分よりも上手かった同期達は、殆どサッカーを辞めているという現実。

サッカーができるのは日本だけではない。

そして何より、人生を豊かにさせる素晴らしい経験を海外でできるとしたら?

2y0a1666

将来的には日本の大学を回って、講演会を行いたいと考えている犀川。

自分のオーストラリアでの経験を、より多くの人達に伝えたい。

もっと多くの若者達が、海外に出てチャレンジして欲しい。

2y0a1669

この男がオーストラリアでのチャレンジを終えるとき、一体どんなストーリーを書き上げる事ができるのであろうか?

そのストーリーをより多く書く為に、僕は犀川を追い続ける。

豪州フットボーラーズ

2019年5月20日 (月)

昨シーズン、所属していたBankstown Unitedを、State LeagueからNPL3に昇格させる原動力となった、犀川稔久

Toshi

State Leagueシーズンベストプレーヤーに選ばれた彼は、NPL2Bankstown Berriesから好条件でオファーを貰い、2019シーズンは同クラブでプレーする事を決意する。

そしてシーズン開幕。

犀川にとって、満を持して臨んだNPLの舞台だったが、チームが全く勝てないという、苦しい日々が続く。

開幕前の下馬評が高くなかったとはいえ、12試合を終えて10敗2引き分けと、一勝もできないまま5月の移籍期間を迎えてしまったBerries

彼自身のパフォーマンスは決して悪くなく、外国人選手としての役割は十分に果たしているのに、チーム状況は良くない。

いくらカテゴリーが上がったとはいえ、勝つのが当たり前だった昨年の常勝軍団から、全く勝てない今年の弱小軍団でプレーする事は、決して楽しくはない。

そんな中、複数の移籍打診が、犀川の下へ届く。

2020シーズン、NPL1でのプレーを目標に、来シーズンに繋がるチームでのプレーを今年はしたいと話してくれた、犀川。

そんな彼が2019シーズンをどのチームで終えるのか、本人でさえまだ分からない状況だ。

しかし僕は、犀川が今シーズンどんな場所でプレーしようと、来シーズンはNPL1でプレーできると確信している。

豪州フットボーラーズ

2018年11月27日 (火)

大会三連覇を目指して出場した2018大会。

日本チームは準決勝でマケドニアに惜敗し、優勝トロフィーを掲げる事はできませんでした。

選手達は、この敗戦の悔しさを忘れることなく、それぞれのクラブでレベルアップし、来年のこの大会に戻ってきてくれる事でしょう。

Img_1218

 

【絶対に負けられない戦い!Arab Bank Australia Cup 2018のハイライト動画は👆から】

豪州フットボーラーズ

2018年11月 6日 (火)

本大会を一週間前に控えて行われた、最後の親善試合。

相手は、中東アフリカチームです。

400_00_07_01still022

中東アフリカチームの監督である、Khalid氏。

2018シーズン、宮下がプレーした【Central Sydney Wolves】のトップチームの監督を務めたという事もあり、親しい間柄です(笑)。

400_00_08_10still023

400_00_33_10still025

親善試合といえども、絶対に負けられない試合。

選手達にとっても、本大会へ向けたアピールをする、最後のチャンス!

はたして、選手達はこの試合で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか?

【シドニー日本チーム対中東アフリカチームの試合動画は👆から

400_05_31_24still017

試合後に爽やかな笑顔で答えてくれた、モウイ君。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】で、宮下と中盤でコンビを組んだ彼は、まだ10代後半。将来が楽しみな選手です。

400_05_40_04still019

まさに見た目が、【ザ・中東】なこの彼。

2018シーズン、【Central Sydney Wolves】でプレーしながら、何回レッドカードを貰い、出場停止になった事か。

それでもひとたびピッチの外に出れば、気さくないい奴です。

400_05_47_15still020

フランス国籍を持つ彼も、【Central Sydney Wolves】で、2018シーズンをプレーした一人。

僕がチームメイトで唯一、腕相撲で勝てないと思ったぐらいの、ムキムキな肉体を持っています。(笑)。

400_05_53_12still021

縦へのスピードは、チームナンバーワン。しかし試合の体力は20分しか持たないという、38歳のベテランプレーヤー。

Img_1162

レフリーの判定に両チームがヒートするシーンもあったものの、試合後は仲良く記念撮影。

親善試合の最終戦を勝利で終えたシドニー日本チームは、この勢いを本大会に持っていけるのか?

既にこのブログでは本大会の結果をお伝えしていますが、本大会のフルバージョン動画をご期待ください!

豪州フットボーラーズ