カテゴリ「武内隆司」の2件の記事 Feed

2017年8月26日 (土)

レギュラーシーズンを残り2節を残す時点で、降格争いの渦中にいるWoonona Sharks。最下位のチームと勝ち点が同率ながら、得失点差で辛うじて上回っている中で迎えたこの試合で、はたして勝ち点を奪って、崖っぷちから脱出できるのでしょうか?

Dsc_4834

Woononaの左サイドバックでの出場となった、【ウッチー】こと、武内隆司。タフなオーストラリアリーグで揉まれているせいか、以前より顔つきが引き締まった感じがします。

Dsc_4885

Dsc_4886

彼のストロングポイントは、このヘディング。上の写真のシーンを含め、この試合で【ウッチー】がへディングで競り負ける事は、ほとんどありませんでした。

Dsc_4899

サイドでの一対一の攻防も、冷静に対処する【ウッチー】。

Dsc_4919

Albion Parkでプレーする、昨シーズン年間MVPの奥野将平。

Dsc_4944

2106シーズン、岩内陸、東洸太郎と共に驚異の攻撃力を見せ、Albion Parkのファイナルシリーズ優勝の立役者となった奥野将平ですが、昨年末の怪我の影響で、100パーセントのコンディションでないまま、2017シーズンの開幕を迎えました。

Dsc_4961

Albion Parkに今シーズン加入した、川崎谷輝。奥野将平と大学の同期なだけに、この日も2人の息の合ったプレーが、随所で見られました。

Dsc_4964

この試合を決めた川崎谷の一振り。この一点が決勝点となり、Albion ParkがWoononaを1-0で下しました。

Dsc_4988

チーム自体は、ファイナルシリーズに進出できるかできないかというボーダーライン上にいるものの、相変わらずの存在感を見せてくれた奥野。

既にNPL1のクラブからの、来シーズンのオファーがあるだけに、来シーズンの奥野の動向が注目されます。

Dsc_5083

チームは惜敗したものの、終始安定した守備を見せ、この日の【宮下が選ぶMVP】に選ばれた武内。

この次の試合の、第21節の試合も敗戦したWoononaですが、幸いにも降格争いを演じているPictionも第20節、21節と敗戦したため、最終節である第22節の両チームの直接対決で、降格チームが決まる事になりました。

はたして、【ウッチー】が所属するWoononaは、IPLに残留できるのか?決戦の日は明日(8月27日)です。

豪州フットボーラーズ

2017年8月 8日 (火)

2017シーズン到着の最年長チャレンジャー、武内隆司30歳。

関西の強豪、桃山学院大学サッカー部の出身である彼は、徳島ヴォルティスセカンドや関西社会人リーグ等でのプレーを経験。そして2017年6月、サッカー人生の集大成を飾るべく、オーストラリアへやってきました。

1

僕がシドニーの空港でチャレンジャーをピックアップした際に、まずやる事。それは彼らの呼び名を決める事です。

寺本貴生はたかお、伊奈裕二はゆうじといった形で、ほとんどのチャレンジャーは下の名前で呼ぶのが普通です。しかしたまに、下の名前が同じチャレンジャーが、同時期に一緒になる事があります。そんな時は、上の名前を短くして、岡本潤哉であれば、オカといった形で呼ぶ事になります。

今シーズンは既に、宮崎隆士が【リュウジ】という呼び名を取っていたため、武内隆司には違う呼称を考えなくてはいけない。【タケ】と呼ぶのも何かしっくりこない。【タケちゃん】はどうかな?等々、色々考えた挙句、ポジションも日本代表の内田篤人と同じサイドバックだし、それなら【ウッチー】でいこう!という事になりました。

2

シーズン途中からのチャレンジ、しかも残された登録期間はわずか3週間。この3週間でチームと契約ができなければ、【ウッチー】の2017シーズンは、所属チームがないまま終わってしまいます。

3

ちょうど【ウッチー】がシドニーへ渡航してくるタイミングで、守備の選手を探しているチームがありました。リーグ戦で苦戦を強いられているチームなだけに、早急に選手の補強が必要な状況。だからといって、給料を払う価値のある選手だと判断されなければ、契約はできません。

時間がないだけに、何としてでも一回の練習で契約まで持っていきたかった僕。【ウッチー】を連れて行った初回の練習前に、『今日で決めてくれないと、選手を欲しがっている他のチームへ連れて行っちゃうよ』と、監督にプレッシャーを掛けました。

もちろん他のチームへのあてなど、その時点ではありません。しかしこういった駆け引きをしないと、『もう少し見たいから、次の練習にも連れてきてくれ』といった話を、3回、4回と聞くことになるかもしれないのです。

4

その結果、練習後に無事に契約のオファーを貰う事ができました。

もちろん【ウッチー】が、監督をはじめとする、チームスタッフを納得させるだけのパフォーマンスを見せたからこそ、この契約に繋がったわけです。しかし時には、ピッチ上で選手が良いパフォーマンスを見せても、契約に至らない場合もあります。この話は別の機会にできればと思っていますが、このレベルのリーグでも、時には選手のレベル、パフォーマンスとは関係ない、政治的な理由で選手の獲得が行われるからです。

5

何はともあれ、【ウッチー】の契約が一回の練習で決まり、僕もホッと一息。しかし契約をしたからといって、すぐに試合に出場できる訳ではありません。

ここから国際移籍の手続きをしなくてはならず、場合によっては1か月ぐらいかかる事もあるのです。

6

日本では英会話教師として生計を立てていた【ウッチー】。

海外でサッカーをチャレンジする為に不可欠な、【英語でのコミュニケーションスキル】を高いレベルで持ち合わせているだけに、それがプレーの自信に、如実に表れています。

8

日本で社会人を長年経験しているからこそ、自身の目標が明確で、高いモチベーションを維持しながら、オーストラリアで充実した日々を送っている【ウッチー】。

若いチャレンジャー達の手本となる存在として、今後のオーストラリアでの活躍を、期待したいと思います。

豪州フットボーラーズ