カテゴリ「和田正宏」の5件の記事 Feed

2016年7月26日 (火)

アンダー20の試合に引き続き行われたファーストグレードの試合では、和田正宏、掃部智寛がスタメン、高橋悠がベンチスタートとなりました。

0q2a1541

6月のBalmain Tigersに移籍以来、チームのエースとして攻撃の中心を担っている和田正宏。日本ではジムでのインストラクターとして働いていただけに体幹が強く、日本人離れしたフィジカルプレーを武器としています。

0q2a1548

ベンチで戦況を見守る高橋悠と藤原弘樹。

0q2a1579

0q2a1586

0q2a1595

瞼の負傷で100パーセントのコンディションではないのにも関わらず、いつも通りの安定した守備を見せる掃部智寛。

0q2a1647

0q2a1668

0q2a1672

前半にヘディングでの先制ゴールを決めて、チームメイトと喜びを分かち合う和田正宏。その後もBalmain Tigersは追加点を決め、前半を2-0で折り返します。

0q2a1730

0q2a1655

後半に入り相手に立て続けに2点を決められ、試合は振り出しに戻されてしまいます。

0q2a1812

そして後半のロスタイム、相手の高いディフェンスラインの裏を狙ったロングボールに上手く抜け出した和田正宏が、ゴールキーパーとの一対一の状況を迎えようとした瞬間に、なんと終了のホイッスル!この終了のホイッスルにBalmain Tigersの選手達はレフリーに詰め寄るものの、当の和田は疲労困憊でその抗議の輪には加わらず。あと5秒でもホイッスルがなるのが遅かったらと考えると、なんとも納得しがたいエンディングとなりました。

 (写真撮影:寺本貴生)

豪州フットボーラーズ

2016年5月25日 (水)

昨年のFFAカップ(日本でいう天皇杯)で、ベスト32入りという大挙を成し遂げたBalmain Tigers FCですが、主力選手の放出や開幕前の監督辞任等、不安定なチーム状況でシーズンに突入し、第7節が終わった時点で2勝5敗の8位につけている中での第8節は 3位につけるDunbar rovers FCとのホームゲームとなりました。

0q2a4813

この日、Balmain Tigers FCでのデビュー戦となった和田正宏。

0q2a4824

Balmain Tigers FCの攻撃の核を担うパクサンユ。

0q2a4891

Balmain Tigers FCの守備のリーダーである掃部智寛。

0q2a4937

先週からの移籍期間が始まると同時に、プレーヤ―の大幅な入れ替えがあったBalmain Tigers FC。毎試合失点が多いという事で、一回しか練習していない新加入の黒人センターバックのペアーを初起用するといった大胆な采配に出ますが、開始10分で2失点を喫します。

0q2a4966

現在の順位が表している通り、選手同士の歯車が中々噛み合わず、低調なゲームを展開するBalmain Tigers FC。その中でも中盤で起用されたパクサンユは、なんとか個の力でこの状況を打開しようとしますが、ゴールは生まれません。

0q2a4999

左サイドで起用された掃部智寛。第91回全国高校サッカー選手権大会で、星稜高校のセンターバックとして全国ベスト4入りした経歴を持つ掃部ですが、このチームでの彼の左サイドバックでの起用は、彼の能力が十分に発揮できていないという印象を受けました。

0q2a5028

身体能力の高さを活かしたプレーが売りの和田正宏。このチームでの初めての試合にも関わらず、惜しいシュートを何本も打つなど、監督の信頼を得るには十分なプレー内容を見せてくれました。

0q2a5296

0q2a5300

0q2a5347

後半途中からのスーパーサブとしての起用が多い高橋悠。この日も後半途中から投入され、サイドからのクロスを何本が上げていました。

0q2a5377

ピッチコンディションが良くなく、相手チームも良いサッカーをしていたとは言い難いものの、上位チーム相手にイーブンな戦いを見せてくれたBalmain Tigers FC。、試合は0-2で敗れたものの、新加入の和田正宏が素晴らしい活躍を見せる等、チームの立て直しに少しでも希望を見出す事のできた試合となりました。

豪州フットボーラーズ

2016年3月 3日 (木)

先週に引き続き、今週もIllawarra Premier Leagueに所属するTarrawanna Blueysの練習に、日本人選手達を連れて行ってきました。

0q2a1226_2
このチームも他のチームと同様、ストライカーはいないか?と監督から数週間前に電話が掛かってきたのですが、チームが決まっていない選手は、ストライカーであろうがなかろうが、とりあえず連れていってたら見てもらえますし、ストライカーではなく、極端に言えばサイドバックでも、上手ければ契約してくれるというのが、現状です。

0q2a1234

このチームの練習環境と、そこから見える景色は素晴らしのですが、ハエと蚊が多いのが玉に瑕です。

0q2a1259

右後ろに写っているこのチームの監督さんも、日本人選手を高く評価しており、今回連れていった選手の獲得を既に希望していますが、後は条件次第です。

0q2a1307

今回、このリーグに所属する12チーム中、9チームの監督、首脳陣と契約交渉や今後のビジネスに関する話を交わしましたが、その中の数チームからは、予め日本人選手に使える大まかな予算を決め、その予算で契約できるレベルの選手を僕がチームに連れて行くといった方法を取る事で、選手の立場からしてもクラブ側が出せる大まかな給料を予め知って練習参加できたり、クラブ側としても選手の希望額を把握した上で練習参加させる事により、互いにスムーズに事を進めれるといったシステムを今シーズンより行う事で合意しました。

0q2a1186

山と海に囲まれたグラウンド。

0q2a1312

NPL1に比べたらサッカーのレベル的には落ちるかもしれませんが、選手が貰っている給料でいえば、このIllawarra Premier Leagueで資金が豊富なトップ3のクラブは、NPL1のManly United辺りよりも、全然良いと思います。4,5年前まではNPL1(豪州2部)でプレーし、活躍すればAリーグへの道が開けるといった目標を持ってプレーする事も可能でした。しかしながらBlacktown FC でエースとして3シーズン活躍しし、年間ベストイレブンにも選ばれた宮澤龍二や、Blacktown Spartandsで年間12ゴールを記録し、年間準MVPに選ばれた佐々木周でさえ、Aリーグに行けなかった事を考えると、結局オーストラリアでAリーグへのステップアップができないと考えるのであるならば、NPLで安い給料でベンチで燻る、若しくはアンダー20のチームでプレーせざるをえない位の実力であれば、Illawarra Premier Leagueでチームの中心選手としてそこそこの給料を貰いながらサッカーを楽しむ方が、ベターな選択肢だと思わざるをえません。

0q2a1350

0q2a1372

そんな感じで、今後もますます市場価値が高まっていくであろう、Illawarra Premier Leagueに対する思い入れを書いてみました。

豪州フットボーラーズ

2016年2月24日 (水)

シドニーから車で約1時間半、イラワラ(Illawarra)と呼ばれるこの地域にあるIllawarra Premier Leagueでの日本人選手の評価が、去年より急上昇中です。

0q2a0634
昨シーズンのこのリーグに所属する日本人選手達の活躍のお蔭で、トップリーグに属する12チームの内、11チームから日本人選手を獲得したいという電話が僕の携帯に掛かってくる位、日本人の売り手市場となっているこのIllawarra Premier Leagueの魅力は、NSW州1部、2部同じく外国人枠があるものの、ポイントシステムといった外国人選手に不利なシステムが存在せず、選手の給料も、NSW州の1部に劣らない位の額を出すクラブがあるという事です。

0q2a0649
それ以外にも、試合の観客数もNSW州1部に引けを取らず、ローカルニュースのスポーツコーナーで試合のハイライトが流れたり、新聞のスポーツ欄に試合内容や写真が掲載されるといったりと、セミプロというカテゴリーでは収まらない位の待遇を受けているのが、このIllawarra Premier Leagueです。

0q2a0693

殆どどのクラブからも、「点を取れるストライカー」を送ってくれと言われるぐらい、このリーグでのストライカーの需要は高く、一シーズン20ゴールを取れるストライカーであれば、基本給で月3000ドル(日本円で約26万)を出すというクラブもあります。このリーグでの日本人選手の平均給料が月500ドル~2000ドルという事を考えた時、このオファーは破格ですが、セミプロというカテゴリーながらサッカーだけ生活できる位のお金を貰う事ができるという点も、このリーグの魅力です。

0q2a0719

寺本貴生の大学の後輩がシドニーで短期語学留学しているというのを、寺本が大学のコーチを通じて偶然知り、本人の希望もあってIllawarra Premier Leagueのクラブの練習に連れていきました。本人も日本では経験できないレベル、そしてオーストラリア人を相手のプレーに、大変刺激を受けていました。

Img_0838
そんな彼、ホームステイの飯ばっかりで、オーストラリアに来て外食を一回もしていない!という事で、いつもの韓国人街で、肉を中心とした料理をガッツリご馳走しました。。一緒にトレーニングした日本人選手達ともだいぶ打ち解け、本当に良い一日を過ごせたようです

豪州フットボーラーズ

2015年7月23日 (木)

1925年に発足し、来年で90周年を迎える歴史あるクラブであるFernhill FC。現在、Illawarra Premier Leagueの下のリーグにあたる、Illawarra District Leagueに属するこのクラブで、今シーズン4人の日本人選手がプレーしています。

Dsc_0543

和田正宏

Dsc_9101

小幡和弘

Dsc_9972

小林弘典

Dsc_8865

辰林暁

Dsc_9386

14チームが競い合うこのIllawarra District Leagueでは、シーズン成績を1位で終えたクラブだけがIllawarra Premier Leagueに昇格できる権利を得れるシステムで、Fernhill FCは現在2位ながら1位のクラブと勝ち点が10点以上開いており、順位だけを見ると来シーズンの昇格は厳しい状況です。しかしながらこの昇格のさらなる条件として、規定を満たしたキャパシティーを持つグラウンドを確保していなくてはならず、現在1位のクラブがこの規定を満たしていない為、もしFernhill FCが2位で通過すれば、グラウンド規定を満たしているFernhill FCが、Premier Leagueへ昇格できるかもしれないのです。そういった状況で最低でもシーズンを2位で終わりたいFernhill FCは、3位との勝ち点も殆どない為、残り試合は一つの試合も落としたくないところです。

Dsc_0062

Dsc_0063

Dsc_0065

Dsc_0077

アウェイで行われたこの試合では、和田正宏のこのジャンピングニーアタックを彷彿させるこのシュートで同点に追いつき、さらに勝ち越すものの、後半終盤に失点し、2-2のドローという悔やまれる結果で終わりました。

Dsc_0647

今まで日本人サッカー選手が皆無だったこのリーグ、このクラブで圧倒的なパフォーマンスを見せている彼らのお蔭で、既にFernhill FCからだけでなく、彼らと対戦した他のクラブからも来シーズンの日本人選手獲得を希望する連絡が多く届いています。シーズン終了前には、このクラブのオーナーと、クラブと弊社との提携を含め、来季以降の日本人選手のリクルートに関するミーティングを持つ予定です。

豪州フットボーラーズ