カテゴリ「伊藤祐」の3件の記事 Feed

2018年10月 4日 (木)

43108949_168942307343727_6251085132

Arab Bank Australia Cupの選手選考も兼ねて行われた、先週の練習試合。

平日の夜間に行われた初戦のイラク戦では、圧倒的なポゼッションで日本チームが終始試合をコントロールするものの、中東特有のカウンター攻撃2発を食らい、敗戦を喫した試合となりました。

43106742_328158267948915_7160294512

【シドニー日本チーム対中東連合チームの試合模様は👆から】

大会三連覇を目指すシドニー日本チームにとって、練習試合だからといって二連敗は許されない、絶対に勝利が求めれらる、二試合目の中東連合D戦。

試合前に、選手選考も兼ねているという、選手達への僕の言葉が功を奏したのか、この日の日本チームはゴールラッシュを見せ、7-2で完勝。次の日の行われる韓国戦へ向けて、大きく弾みをつけました。

43106314_1109490285873097_637873192

そして第三戦目の韓国戦。元Kリーガー2人、そしてNPL1でプレーする選手を3人抱える強敵を相手に、日本チームはどんな戦いを見せたのか?この試合の内容は、試合の動画が完成し次第、お伝えします。

豪州フットボーラーズ

2018年9月 8日 (土)

山梨県の強豪、甲府商業高校サッカー部出身の伊藤祐、20歳。

2年時からトップチームでプレーし、インターハイと選手権で、県ベスト4という成績を残した。

しかし、選手権を目の前に控えた3年時に、恥骨結合炎という怪我を負ってしまう。

プロを目指し、がむしゃらにサッカー人生を突っ走ってきた伊藤。

そんな彼のサッカーへの情熱を、この怪我が根こそぎ奪い取ってしまった。

高校卒業後、地元の企業に就職。

営業として働くかたわら、社会人リーグでプレーをし続けた。そんな中で、【海外でサッカーをチャレンジしたい】という気持ちが沸々と沸き起こってきた伊藤。そしてチャレンジに向けて2年間、しっかりと資金を貯めた。

2018年6月、ついにオーストラリアへ渡航。

この時点で、選手登録の期間が残り3週間と迫っていた。

この3週間以内にチームと契約できなければ、2018シーズンは、無所属のまま過ごさなくてはいけない。

なるべく、契約できる可能性が高いクラブに行く事が先決だ。

そんな時、NSW State Leagueに所属する、Balmain Tigersの監督から、【攻撃の選手を探している】という電話が、宮下の元へ掛かってきた。

彼の実力で言えば、もっと上のリーグのクラブと契約できる可能性があるかもしれない。ただ、タイムリミットを考えた時に、積極的に選手補強をしているクラブに行くのがベストな選択だと、僕は判断した。

そしてBalmain Tigersの練習に参加した伊藤は、数回の練習後、同クラブとの契約を勝ち取る事に成功した。

Interview_v200_07_24_03still188

彼が入団した時点で、最下位争いをしていたBalmain Tigers

トップチームの即戦力として、チーム状況を少しでも変える為に加入したはずだった伊藤だったが、初めの数試合は、セカンドチーム(U20)でのプレーを余儀なくされる。

けっして自分が悪いプレーをしている訳でもなく、トップチームでプレーしている選手達よりも、自分の実力が劣っているとも思わない。

ただ、自分は新加入選手。もしかしたら今のパフォーマンスよりも、もっと大きなものを求められているのかもしれない。

【監督が使わざるをえない程の、周りよりも圧倒的なパフォーマンスを、練習から見せる事】

そう、自分は外国人助っ人選手として、このチームに入ってきたのだ。

元々このチームでプレーしている選手より多少上手いぐらいでは、自分が監督でも使うのをためらうかもしれない。

【Balmain Tigersに所属する、伊藤祐のプレー&インタビュー動画は👆から】

22

リーグ戦の最後の二試合を、スタメンでフル出場をした伊藤。

監督が、外国人助っ人としての自分の実力を認めれくれたのか、もしくは、他の選手が不調で自分に出番が回ってきたのかは、わからない。

ただこのレベルでプレーした事に対して満足はしていないし、もっと上に行きたいという欲も出てきた。

【サッカー選手・伊藤祐】の序幕は始まったばかりだ。

豪州フットボーラーズ

2018年7月18日 (水)

日本に来て、約二週間半が経ちました。

その間オーストラリアでは、マネージメントしている選手達が練習中に肩を脱臼したり、脳震盪を起こしたりといったアクシデントがありましたが、現地スタッフがうまく対応してくれました。

そして選手達の様子も、スタッフが常に写真付きで報告してくれます。

37076688_2149982965073863_138417950

Illawarra Premier League、CringilaとWollongong Olympicの試合に出場した日本人6選手と、その後ろに立つ、西野選手。

37187137_2149983158407177_171555944

ニット帽が似合う、西野選手。

歩く選手図鑑と言われているだけあり、僕のマネージメントしている選手達の名前と所属クラブを、全て把握しています。

37119450_2152131421525684_256231469

37179922_2152131324859027_469522476

37199015_2152132158192277_437644710

NSW State league、Bankstown UnitedとBalmain TigersのU20とトップの試合に出場した選手達と、応援しに来たチャレンジャー達。

37271096_2156080114464148_568996968

宮下がマネージメントするクラブ、Central Sydney Wolvesの練習に参加しながら、来季のトライアルに備えるチャレンジャー達。

現地で責任を持って頑張ってくれているスタッフのお陰で、僕も安心して日本で滞在する事ができます。そんな彼らに感謝の気持ちを忘れる事なく、引き続きこのコミュニティーを引っ張っていきたいと思います。

来週からは、日本の夏休みの開始に合わせ、中学生から大学生までの10人近くの短期留学生たちも、オーストラリアへ渡航予定です。この彼らにも最高の経験をしてもらえるよう、色々なプランを準備しています。その彼らの模様も、こちらのブログでお伝えしていきますので、お楽しみに!

豪州フットボーラーズ