鈴木悠馬 Feed

2017年8月 1日 (火)

このブログでは報告できませんでしたが、昨年行われたArab Bank Australia Cup 2016で見事優勝を果たした日本チーム。昨年の12チームから16チームに参加国が増えた今年の大会、連覇を目指す日本チームの戦いは、既に始まっています。

0q2a5734

Arab Bank Australia Cup 2016で優勝した時の日本のメンバー。当時NPL1でプレーしていた、佐々木周、中村風太、川瀬浩太といった選手が主軸となり、引き分けだった初戦以外は、5試合すべて危なげない試合運びで、優勝トロフィーを手にしました。

Site_197_arabic_544013

2016年大会を開催するにあたり、各コミュニティーの代表者たちとの会議&親睦会が行われた時のもの。こういった人たちとの繋がりも、サッカービジネスを展開する上でとても重要になってきます。

Dsc_2692

2017年10月の大会に向けて、既に始動している日本チーム。まだシーズン中である為、現在この練習に参加できる選手の数は限られていますが、ほとんどの選手達がオフシーズンに入る8月末からは、対外試合がすでに多く組まれています。

Dsc_2696

普段はキーパーでプレーしている中野太愛と、岡本潤哉のマッチアップ。

Dsc_2764

短期サッカー留学でシドニーに来ている中高生たちも、この練習に参加。

Dsc_2774

Dsc_2780

Dsc_2793

Dsc_2796

Dsc_2798

Dsc_2807

試合中に、コートの外で何かをしている西村純。

Dsc_2804

よく見ると、みんなの為に水筒を準備していた西村純。中高生の模範となるべく、率先して人の為に動く、尊敬に値する男です。

Dsc_2831

水筒の準備を終え、ピッチへ戻ってきた西村。

Dsc_2874

ひとたびビッチに入ると、普段の柔和な表情から戦闘モードに切り替わります。

Jun

そして中学生を相手に、この強烈なアフターのショルダータックル!そしてその後の、してやったり感が滲み出ている表情も渋い!(上の画像をクリックしてください!)

Dsc_2890

Dsc_2928

Dsc_2936

30代のおっさん対決!この画像だけ見ると、何をしているのかまったくわかりませんが(笑)。

Dsc_2958

Dsc_2974

ピッチ内では、中学生だろうが60代だろうが、全力で身体をぶつけにいく西村。彼の辞書に手加減という言葉はありません。

Dsc_2975

Dsc_2898

西村の敏捷な動きについていけず、思わず腰に腕を巻いてしまった高校生。そしてこの西村の視線の向かう先は?

Dsc_3057

爽やかな表情を見せる藤田。

Dsc_3068

本ブログ初公開、藤田のサッカーをやっている時の本気の表情。

Dsc_3109

Port Kemblaで主力として活躍する、森京次とのマッチアップはいかに?

Dsc_3110

藤田の圧力に、思わず後ずさりをしてしまった森京次。

20524347_10155367455447324_20487450

この日のトレーニングに参加した、11人のプレーヤーたち。Arab Bank Australia Cup 2017に向けて、引き続きしっかりと練習を行っていきたいと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年6月22日 (木)

Illawara Leagueでの今シーズンの日本人選手の活躍により、今までやり取りがなかったクラブからも、この移籍期間の時期に選手獲得の為の電話が掛かってくるようになりました。

Img_2234

今回(6月20日)訪れたクラブは、Oak Flats Falconsという、Illawara District Leagueに所属するクラブです。

グラウンドに到着すると、プレジデント、監督を初めとしたクラブ関係者たちが僕らを出迎えてくれましたが、真っ先に目に入ったのは、彼らの服装。上の画像で僕の右に立っている方がこのクラブのプレジデントですが、僕の服装と対照的な、Tシャツに半ズボンです。そして僕の左に立っているラガーマンのようなスタッフの彼も、上はTシャツ姿。僕も寒さにめっぽう強い男ですが、流石にこの寒さに彼らのこの服装は、体感温度がおかしいとしか言いようがないです(笑)。

Fuji

藤田君が白い息を吐けるぐらい、冷え込んだ夜でした。

0q2a2699

約1ヶ月前にシドニーへ渡航してきたニューチャレンジャー、鈴木悠馬。長らく実戦から遠ざかっていたため、この1か月間はローカルリーグでプレーしながらコンディションを上げてきました。

0q2a2743

この日のトレーニングメニューは、ポゼッションからのミニゲームという内容。90分走れる体力にまだ自信がないと本人は言うものの、技術的な部分では十分に通用するという手ごたえを掴んでくれたと思います。

0q2a2752

カメラを向けると直ぐに目立ちたがるオーストラリア人(笑)。

0q2a2765

0q2a2767

練習後のミーティングで、監督が話す内容を必死に聞こうとする鈴木。

0q2a2776

結局今回は、このクラブとの契約には至らなかった鈴木。しかしながら本人は、このクラブでのチャレンジから得るものが多かったとポジティブに捉えいます。そして僕の視点からも、鈴木はこの上のリーグでも十分に通用するだけの技術を持っているだけに、ここからどう鈴木がコンディションを上げていくのか、今後の彼のチャレンジがとても楽しみです。

豪州フットボーラーズ