カテゴリ「桑田祐也」の9件の記事 Feed

2018年11月14日 (水)

キーパーのレベルが高いと言われているオーストラリアで、二年連続して、Illawarra Premier リーグの【Golden Glove】━ 年間最優秀ゴールキーパー賞を、受賞した男、

【桑田祐也】

所属チームであるBulli FCを、二年連続でレギュラーシーズン優勝に導いた彼の存在を、Illawarra サッカー界で知らないものはいない。

Yuya

受賞者として名前を呼ばれ、ステージに立つ桑田。受賞コメントをしっかりと英語で語った。

Yuya2

Football South Coastの役員から、受賞トロフィーと受賞盾の贈呈。

その盾には、二年連続して桑田の名前が刻まれた。

Yuya3

Yuya4

レギュラーシーズン22試合で、一桁失点という快挙を成し遂げた桑田。

このグラウンドファイナルでもBulli FCのゴールマウスを守護し、同クラブの32年ぶりのグラウンドファイナル優勝に、大きく貢献した。

【2年連続でベストゴールキーパー賞を受賞した、桑田裕也のインタビュー動画は👆から】

【2017シーズン、初のベストゴールキーパー賞を受賞した時の、桑田のインタビュー動画は👆から】

2019シーズンも、Bulli FCでのプレーが決まっている桑田。

来年でオーストラリアでの4シーズン目を迎える彼が、果たして2018シーズン以上の活躍を見せてくれるのか?

引き続き、彼の雄姿を追い続けたいと思う。

豪州フットボーラーズ

2017年10月 6日 (金)

2017 Illawarra Premier League Grand Finalでの、森京次、桑田祐也をメインとした2つの動画をご覧ください。

12_2

【動画 Port Kembla編】

森のチームメイトや日本の友達が、フェイスブックで多くのシェアをしてくれたお陰で、1週間で5000近くの再生回数を記録した動画です。

10

 

【動画 Bulli編】

豪州フットボーラーズを運営する【豪州ソリューションズ】では、映像制作会社顔負けの機材、スタッフをさらに揃え、チャレンジャー達の活躍ぶりを世界に発信していく予定です。

豪州フットボーラーズ

2017年10月 3日 (火)

2017 Illawarra Premier Leagueのサッカーを締めくくるGrand Finalは、圧倒的な強さでレギュラーシーズンを1位で終えたBulli FCと、レギュラーシーズンを5位で終えたPort Kembla FCの試合となりました。Dsc_7791

2017シーズン途中からPort Kemblaに加入以降、不動のボランチとしてチームの勝利に貢献してきた森京次。シーズン終盤に足首を負傷、医者からプレーをしてはいけないと言われている足首の状態にも関わらず、怪我を押してファイナルシリーズをプレーしてきました。

Dsc_7803

Bulli FCの守護神、桑田祐也。シーズンを通じて神がかりなセーブを連発してきた桑田が、この試合でも決定的な仕事をしてくれるのでしょうか?

Dsc_7825

Illawarra Premier Leagueで最多優勝回数を誇るものの、ここ数年優勝から遠ざかっているPort Kembla。そんなPort Kemblaの選手一人一人と、優勝トロフィーを必ず持ち帰ってくれとでも言っているような、熱い抱擁をかわすプレジデント。

Dsc_7837

Dsc_7854

グラウンドファイナルという舞台からくるプレッシャーなのか、いつもよりも緊張した面持ちの桑田。

Dsc_7841

足首の負傷を全く感じさせない動きで、相手にプレスをかける森。果たして90分間、足首が持つのでしょうか?

Dsc_7848

Dsc_7859

Dsc_7887

2500人以上の観衆が会場を埋め尽くしたこの試合、序盤から両者ともチャンスを作るものの、なかなか得点には繋がらないまま、前半をスコアレスで折り返します。

Dsc_7914

Dsc_7925

Dsc_7950

Dsc_8009

Dsc_8029

後半に入り、ポジションを前に上げ、攻撃に絡む回数が増えてきた森。

Dsc_8052

Dsc_8095

Dsc_8098

Dsc_8124

相手の激しいタックルを受けレフリーにファールをアピールするものの、判定はプレーオン。

日本ではファールをとってもらえたシーンでも、オーストラリアではとってもらえない事が多く、森本人も、選手としてさらにレベルアップするには、この球際での激しさをさらに伸ばす必要があると語っていました。

Dsc_8238

前後半終えて両者とも得点がなく、試合は延長戦へと突入します。

Dsc_7988

延長に入り、Port Kemblaが2つの決定的なチャンスを作るものの、桑田の神がかり的なセービングにより得点は生まれず、試合はPK戦へと突入します。

Dsc_8269

Port Kemblaの最初のキッカーのPKをセービングする桑田。

Dsc_8308

2人目のPKも、桑田が鋭い読みを見せ、見事に阻止します。

しかしそんな桑田の大活躍にもかかわらず、Bulliの2人目から4人目のキッカーがPKを外し、Port Kemblaが、2017ファイナルシリーズのチャンピオンの栄光を手にしました。

Dsc_8422

優勝が決まった瞬間、喜びをピッチ上で爆発させるPort Kemblaの選手達。レギュラーシーズン5位からのファイナルシリーズ躍進劇に、本人達も信じられないといった様子です。

Dsc_8434

この試合でBulliが勝利していれば間違いなくMOM(マンオブ・ザマッチ)に選ばれていたであろう、試合を通じてスーパーな活躍を見せた、桑田祐也。

試合後のインタビューで森京次も、桑田の上手さには脱帽していました。

Dsc_8450

準優勝メダルを授与される時には、笑顔を取り戻した桑田。誰もが認める、このリーグのナンバーワンキーパーです。

Dsc_8456

足首に爆弾を抱えながらも120分フルにプレーし、最後まで運動量が落ちなかった森京次。

延長後半に見せた弾丸ミドルシュートは、惜しくも桑田のスーパーセーブに阻まれたものの、攻撃面より守備面での活躍が光った試合となりました。

Dsc_8512

We Are The Champions ~!

Dsc_8538

今シーズンから新監督を迎えた新体制の中、シーズン開幕前の現実目標がファイナルシリーズ進出だったPort Kemblaだけに、Port Kemblaのプレジデントの喜びもひとしおです。

Dsc_8542

優勝メダルを首にかけながらのインタビュー。興奮がまだ覚めやらぬ中、この試合だけでなく、今シーズンを振り返ってみての感想も語ってもらいました。

【このグラウンドファイナルの模様と、その次の日のパーティー(?)の模様が、地元のニュースで放映されました。↑】

オフシーズンには日本に一時帰国し、足首の治療に専念する予定の森。来シーズンは、さらにパワーアップした森の姿を見れることに期待したいと思います。

豪州フットボーラーズ

2017年9月 1日 (金)

リーグ1位対2位の対決となった、IPL第22節のBulli FC vs Wollongong Olympicの試合。

勝った方がリーグ戦優勝となる今シーズン最大のビックマッチを観に、Billi FCのホームグラウンドであるBalls Paddockには、多くの観衆が集まりました。

Dsc_5755

Wollongong Olympicの攻撃の中心を担う、今シーズン24ゴールを上げ、得点ランキング単独トップを走る上田祐輔。

1994年以来、リーグ優勝から遠ざかっているWollongong Olympicの、躍進の最大の立役者である彼が、この重要な試合でも決定的な仕事をして、クラブに23年ぶりの優勝トロフィーを持ち帰る事ができるのでしょうか?

Dsc_5758

Wollongong Olympicの左サイドバックを任されている、徳野舜。今シーズン、上田へのパスの供給源となり、彼の多くの得点をアシストしてきました。

Dsc_5762

Bulli FCの守護神、桑田祐也。

Dsc_5772

Bulli FCのディフェンダーも、上田を自由にさせまいと、徹底的にマークします。

Dsc_5791

前半10分、相手ディフェンダーのミスから、上田が決定的なチャンスを迎えます。

Iloveimganimatedgif_7

【上の画像をクリックすると、連続画像が見れます】

完全フリーな状況で放ったこのシュートは、まさかのバーの上。そして天を仰ぐ上田。

Dsc_5832

互いを知り尽くした両チームの拮抗した展開の中、後方からの正確なフィードで、チャンスメイクをする徳野舜。

Dsc_5842

昨年のベストレフリー賞を受賞した、この日の主審を務めたボビー氏。フットサル州1部リーグの監督も務めており、以前僕も、彼の元でプレーしていた事がありました(笑)。

Dsc_5858

この徳野の右足のシュートも、枠内へは飛ばず。

Dsc_5867

Dsc_5897

味方のクロスから上田が放ったヘッドは、バーの上に。チャンスは作るものの、なかなか決めきれずに悔しさを表情に滲みだす上田。

Dsc_5918

そんな一進一退の攻防の中、Bulli FCが貴重な先制点を挙げます。先制点を挙げた直後の、桑田のこの表情。

Dsc_5940

後半に入り、中盤にポジションを変えた徳野が、フリーキックのチャンスで直接ゴールを狙うものの、ボールはキーパーの正面へ。

Dsc_5986

試合開始直後に足を負傷、それをかばいながら試合終了までプレーを続けていたという徳野ですが、この表情からも痛さが伝わってきます。

Dsc_6003

優勝が掛かっているだけに、試合もヒートアップし、退場者を出す乱闘騒ぎにも。

Dsc_6011

そしてBulli FCが一点リードのまま、試合終了のホイッスル。接戦を制したBulli FCが、2017シーズンのIllawarra Premier Leagueのチャンピオンの座を、見事手にしました。

Dsc_6015

23年ぶりのリーグ優勝に、あと一歩届かなかったWollongong Olympic。上位5チームで争われるファイナルシリーズで、この雪辱を晴らすことができるのでしょうか?

IPLファイナルシリーズの模様も、引き続きお伝えします。

豪州フットボーラーズ